こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【雑誌】

レコード・コレクターズ 2018年8月号

  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥823
  • ポイント数
    7 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/07/15

フォーマット

雑誌

構成数

1

製造国

国内

レーベル

ミュージック・マガジン

規格品番

19637-08

版型

A5

ページ数

256

作品の情報

その他

収録内容

構成数 | 1枚

【特集】ザ・ローリング・ストーンズ~伝説のノー・セキュリティ・ツアー
1998年に出されたライヴ作の名を冠し、翌年1月から4月にかけて短期間行なわれたノー・セキュリティ・ツアーだったが、97~98年に大規模なワールド・ツアーとして展開され日本公演も行なわれたブリッジズ・トゥ・バビロン・ツアーの煽りを受け、当時の注目度は低かった。しかし、前回のツアーとは真逆の方向性を打ち出したライヴの内容は非常に高く評価され、ソフト化を望む声が多かった。その伝説のツアーの映像/音源が、<フロム・ザ・ヴォルト>シリーズの一作として遂に登場。ストーンズ史の失われた1ページを、いま取り戻せ!
■ライヴの本質を追求する実験が切り開いた、最良のエンターテインメントへの確信(大鷹俊一)
■ファンが待ち望んだアリーナ公演ツアーの魅力と意義を語り尽くす(有賀幹夫×佐藤三十郎)
■ライヴの熱気がダイレクトに伝わる『フロム・ザ・ヴォルト:ノー・セキュリティ-サンノゼ1999』(藤井貴之)
■近年リリースされたオフィシャル・ライヴの発掘音源/映像を総ざらい(犬伏功)

【特集】ガンズ・アンド・ローゼズ『アペタイト・フォー・ディストラクション』
ポップで煌びやかなサウンドがシーンを席巻していた80年代半ばに、突如としてセックス、ドラッグ&ロックンロールを地で行く危険なカリスマが現われます。卑猥なジャケットが問題視された87年発表のファースト『アペタイト・フォー・ディストラクション』はレコード店から発売を拒否され出鼻をくじかれますが、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ローリング・ストーンズをカヴァーしていたことからも窺える確かな音楽性は徐々にリスナーを増やしていき、発売から1年をかけて全米1位に輝きました。初登場音源を満載した話題のボックスもくわしく解説します。
■LAから誕生した危険なカリスマがアメリカン・ドリームを掴むまで(池上尚志)
■『アペタイト・フォー・ディストラクション』全曲ガイド(中重雄)
■『アペタイト・フォー・ディストラクション:スーパー・デラックス・エディション』解説(行川和彦)

【特集】リロイ・ハトソン
■独自の音楽でソウルの枠を拡張させた才人の歩みを、本人の発言を交えて辿る(林剛)
■リロイ・ハトソン・ディスコグラフィー~オリジナル・アルバム/編集盤(出田圭)

【特集】マイケル・マクドナルド
■久々のオリジナル曲による新作と、現在進行形で高まる再評価を考察する(渡辺亨)
■スティーリー・ダンやドゥービー・ブラザーズへの参加からソロ作品まで~マイケル・マクドナルド・ディスコグラフィー(片島吉章)

□マリリオン
□ポール・サイモン
□ボブ・ディラン
□ブルース・スプリングスティーン
□パブリック・イメージ・リミテッド
□キング・クリムゾン
□山口美央子
□荒木一郎
□『アウトロー&アルマジロ』
□レイ・デイヴィス
□『約束の地、メンフィス~テイク・ミー・トゥ・ザ・リバー』
□大貫妙子
□ザ・ニートビーツ
□名盤1000円シリーズ

REGULAR CONTENTS

  1. 1. [雑誌]