こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

マーラー: 交響曲「大地の歌」

ジョージ・セルクリーヴランド管弦楽団

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック輸入盤プライスオフ
    期間限定スペシャル・プライス
  • 〈オンラインショップ限定〉ポイント10倍キャンペーン
    開催期間:10月15日(月)11:00~10月19日(金)23:59まで [※期間中のご 予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 通常価格(税込)
    ¥1,501
  • セール価格(税込)
    ¥931
    ¥570 (38 %) オフ
  • ポイント数
    8 ポイント →今なら86 ポイント!

予約する

店舗で予約

商品の情報

発売日

2018/10/20 (予定)

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Memories

規格品番

MR2608

商品の紹介

  • セル+クリーヴランド、渾身の名演「大地の歌」
    ステレオ高音質!!

    セル+クリーヴランド管のステレオ・ライヴがさらに登場!セルとしては珍しいレパートリーである、マーラーの「大地の歌」です。セルはマーラーを満遍なく取上げた指揮者ではありませんが、第6番の超名演が証明するように非常に相性の良い作曲家だったと言えます。「大地の歌」は記録では4回しか指揮していないそうですが、気負い立ったテンポで苛烈に表現される第一楽章から聞き手はのめり込んでしまうことでしょう。フォレスター、ルイスというマーラー歌手を従えて万全の出来。オペラに長じたセルだけに劇的表現に不足はなく、「告別」の激情と寂寥が両立した光景には息を呑むばかりです。当演奏はかつてHunt/ARKADIAで初出、これはモノラルなうえにベルリンにおけるライヴと誤記されておりました。その後の商品も誤記が継承されておりましたが、1967年にセルはクリーヴランド管とヨーロッパで演奏していないために現地クリーヴランドでの演奏であることが確認されました。ステレオの極上音質でお楽しみ頂けます。
    ミューズ貿易

    発売・販売元 提供資料 (2018/10/04)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
マーラー:交響曲「大地の歌」
1967年4月21日クリーヴランド、ライヴ

【演奏】
ジョージ・セル指揮
クリーヴランド管弦楽団、
モーリン・フォレスター(CA)、
リチャード・ルイス(T)

  1. 1. [CD]