こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

ストラヴィンスキー: 結婚、ミサ曲、<特別収録>バレエ《春の祭典》<タワーレコード限定>

レナード・バーンスタインイギリス・バッハ祝祭打楽器アンサンブルイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団マルタ・アルゲリッチ

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • クラシック国内盤ポイント10倍
    発売日前日までオンライン限定ポイント10倍 [※オンラインからの店舗予約・取置は対象外]

取扱中

発売日以降にお届けいたします

※お支払い方法が各種前払いの場合、お支払い確認後の発送となります(よくあるご質問 (Q&A))

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

※こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

  • 価格(税込)
    ¥1,234
  • ポイント数
    11 ポイント →今なら114 ポイント!

予約する

店舗で予約

商品の説明

※ 歌詞対訳付(1,2)
※ オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット内に他のジャケットも掲載)
※ 本国オリジナル・マスター・テープからのハイビット・ハイサンプリング(192kHz、24bit)音源をCDマスターに使用 (1,2)
※ 解説:満津岡信育氏(新規序文解説)他、作品解説含む解説書合計24ページ

商品の情報

発売日

2018/12/05

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

規格品番

PROC-2188

商品の紹介

  • バーンスタインとアルゲリッチ、唯一の共演盤であるバレエ・リュスの最高傑作《結婚》と、《春の祭典》を同時収録!新規序文解説付

    2018年に生誕100年を迎えたバーンスタインがDGに録音したストラヴィンスキー作品の中から1977年録音の《結婚》《ミサ曲》のオリジナル・アルバムに、1982年録音の《春の祭典》を特別収録として組み合わせた1枚をリリースします。20世紀音楽の紹介に情熱をもっていたバーンスタインは、デビュー当初からストラヴィンスキー作品を積極的に取り上げ、1966年には当時84歳だった作曲家を迎えてニューヨークで大規模な「ストラヴィンスキー・フェスティヴァル」を催すほど力を入れていました。バーンスタインは1976年にDGと専属契約を結びましたが、その内容はベートーヴェン、自作自演とストラヴィンスキーのシリーズでした。その第1弾が《結婚》と《ミサ曲》です。《結婚》はピアノ4台、打楽器9種、独唱4人、混声合唱を要する作品ですが、バーンスタインはここでアルゲリッチ、ツィメルマン、カツァリス、フランセシュという4人の名手を起用し話題を呼びました。また、イギリス・バッハ・フェスティヴァルは生前ストラヴィンスキーが会長を務めていた音楽祭で、彼の作品を多く取り上げていました。ストラヴィンスキー亡き後の会長を引き継いだのがバーンスタインだった訳です。尚、アルゲリッチとはこの曲が唯一の共演盤となりました。1923年に初演されたバレエ・カンタータ《結婚》はカップリングの《春の祭典》とともに20世紀前半の芸術界を彩った伝説的バレエ団「バレエ・リュス」の委嘱作品です。ストラヴィンスキーがこの作品をピアノで試奏したとき、バレエ団の主宰者ディアギレフは「これはわれわれのバレエの中で最も美しく、最も純粋なロシア人の創作だ」と言って涙したと言われますが、しばしば同バレエ団作品中の最高傑作と評される魅力的な作品です。また、1948年に初演された《ミサ曲》は、ストラヴィンスキーの新古典主義時代の最後を飾る作品で、アルカイックで硬い響きと客観的で非肉体的な音楽がストラヴィンスキー晩年の作風を予感させることでも重要な作品となっています。ストラヴィンスキー初期の原始主義時代の代表作《春の祭典》をバーンスタインは3度録音していますが、これは3度目のものです。録音年の1982年はストラヴィンスキーの生誕100年にあたり、バーンスタインは世界各地で《春の祭典》を指揮しました。濃厚な響きと破格のエネルギーが生々しく聴き手に迫る、彼の《春の祭典》解釈の総決算と言える名演です。今回の復刻では、オリジナル・ジャケット・デザインを採用し、新規の序文解説をブックレットに掲載しました。アナログ録音である《結婚》と《ミサ曲》は、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープに遡り、新規でハイビット・ハイマスタリング(192kHz/24bit)によるデジタル化を行いました。瑞々しい音質は必聴です。尚、今回のVintage+plus Vol.27は全7タイトルを発売します。

    タワーレコード (2018/11/07)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
イーゴリ・ストラヴィンスキー:
1. バレエ《結婚》
2. ミサ曲
3. バレエ《春の祭典》(1913年版)<特別収録>

【演奏】
アニー・モーリー(ソプラノ)/パトリシア・パーカー(メッゾ・ソプラノ)(1)
ジョン・ミッチンソン(テノール)/ポール・ハドソン(バス)(1)
マルタ・アルゲリッチ(第1ピアノ)/クリスチャン・ツィメルマン(第2ピアノ)(1)
シプリアン・カツァリス(第3ピアノ)/オメロ・フランセシュ(第4ピアノ)(1)
イギリス・バッハ祝祭打楽器アンサンブル(1)
イギリス・バッハ祝祭合唱団(合唱指揮:ニコラス・クリーオベリー)(1,2)
イギリス・バッハ祝祭管弦楽団員(2)、 三位一体教会少年合唱団(合唱指揮:デイヴィッド・スクウィヴ)(2)
イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団(3)
レナード・バーンスタイン(指揮)

【録音】
1977年3月22日 ロンドン、ヘンリー・ウッド・ホール(1,2)
1982年4月 テルアヴィヴ、フレデリック・R・マン・オーディトリアム〈ライヴ〉(3)
【原盤】

Deutsche Grammophon
【Original Recordings】
Executive Producer: Guenther Breest (1,2), Hanno Rinke (3)、 Recording Producer: Hans Weber
Balance Engineer: Hans-Peter Schweigmann (1,2), Karl-August Naegler (3)
Recording Engineers: Gernot Westhaeuser, Manfred Bartel (1,2), Jobst Eberhardt, Joachim Niss (3)

  1. 1. [CD]