こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

黒人作曲家シリーズ 1974-1978(コンプリート・アルバム・コレクション)<完全生産限定盤>

ポール・フリーマン

  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • オンラインキャンペーン価格
    クラシック スペシャルプライス18%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥3,769
  • セール価格(税込)
    ¥3,091
    ¥678 (18 %) オフ
  • ポイント数
    28 ポイント

カートに入れる

店舗で取置き

商品の説明

商品内容の詳細ページはこちら>>>

商品の情報

発売日

2019/01/04

フォーマット

CD

構成数

10

製造国

輸入

レーベル

Sony Classical

規格品番

19075862152

パッケージ仕様

ボックス

商品の紹介

  • シュタルケル、ローザンドも参加!1970年代に米国黒人指揮者ポール・フリーマンのもとで米CBSが制作した革新的な「黒人作曲家シリーズ」の全貌が世界初CD化・新リマスターでよみがえる。ポール・フリーマン/黒人作曲家シリーズ1974-1978(コンプリート・アルバム・コレクション)

    アナログLPの完熟期だった1970年代、米CBSは、黒人作曲家によるクラシックのオーケストラ作品をシリーズ化した画期的な録音を行いました。《Black Composers Series=黒人作曲家シリーズ》と銘打ってリリースされた9枚のLPにはすべて、自身も黒人だったアメリカの指揮者であるポール・フリーマンが起用され、古典派から同時代にいたる黒人作曲家の作品を収録。その多くが世界初録音であり、オーケストラはロンドン交響楽団のほか、ボルティモア交響楽団やダラス交響楽団が起用され、演奏面での充実が図られているのもこのシリーズの特筆すべきポイントでした。いわばCBSがLP時代に成し遂げたバーンスタインのマーラー交響曲全集、ストラヴィンスキー自作自演集、ウェーベルンとシェーンベルク作品全集、アイヴズの主要作品の録音などと並び、時代を超えて不滅の価値を持つ画期的な企画であったといえましょう。今回、オリジナル・アナログ・マスタテープより24bit/192kHzにてマスタリングされ、コンプリート・アルバム・コレクション・シリーズのひとつとしてその全貌がボックスといてリリースされます。指揮者ポール・フリーマンは、1936年1月2日、ヴァージニア州リッチモンドに生まれ、5歳より音楽を習い始めます。イーストマン音楽学校でチェロとクラリネットを学び、卒業後はベルリン高等音楽院に留学。カラヤンの元でも研鑽を積んでいます。1961年に帰国し、ロチェスター歌劇場の音楽監督に就任。1967年のミトロプーロス国際指揮者コンクールで優勝し、翌年よりダラス響の副指揮者、1970年には正指揮者に転任。その後、ヘルシンキ・フィル、ヴィクトリア響、サギノー響で要職を歴任。1987年にはシカゴ・シンフォニエッタを創設し、首席指揮者に就任。2011年に指揮活動を引退し2015年7月22日にカナダで亡くなっています。

    各ディスクは発売当時のレーベル・デザインを採用し、初出LPのジャケット・デザインを復刻した紙ジャケットに封入、厚紙製のクラムシェル・ボックスに収納されています。トラックリスティングと詳細な録音データを記載した別冊解説書添付。
    ソニー・ミュージック

    発売・販売元 提供資料 (2018/12/07)

作品の情報

収録内容

構成数 | 10枚

エディション | Remaster

録音 | ステレオ (---)


【曲目】
[CD1]ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ(1745-1799):
1. 交響曲第1番ト長調Op.11-1
【演奏】ロンドン交響楽団
【録音】1973年6,11月
2. 弦楽四重奏曲第1番ハ長調Op.1-1
【演奏】ジュリアード弦楽四重奏団
【録音】1973年11月
3. 2台のヴァイオリンのための協奏交響曲ト長調Op.13
【演奏】ミリアム・フリート(ヴァイオリン)、ハイメ・ラレード(ヴァイオリン)、ロンドン交響楽団
【録音】1973年6月
4. 「エルネスタイン」からのシェーナ
【演奏】フェイ・ロビンソン(ソプラノ)、ロンドン交響楽団
【録音】1973年6月

[CD2]
ウィリアム・グラント・スティル(1895-1978):
1. 交響曲 第1番「アフロ=アメリカン」
2. 『ハイウェイ1号線U.S.A.』より「What does he know of dreams ?」
3. 『ハイウェイ1号線U.S.A.』より「You're wonderful, Mary」
サミュエル・コールリッジ=テイラー(1875-1912):
4. カンタータ『ハイアワサの婚礼』より「Onaway! Awake, Beloved」
5. 黒人の歌
【演奏】ウィリアム・ブラウン(テノール:2-4)、ロンドン交響楽団
【録音】1973年6, 9, 12月

[CD3]
1. ユリシーズ・ケイ(1917-1995):マーキングズ
2. ジョージ・ウォーカー(1922-2018):トロンボーン協奏曲
【演奏】デニス・ウィック(トロンボーン:2)、ロンドン交響楽団
【録音】1973年6, 9月

[CD4]
ロケ・コルデロ(1917-2008):
1. ヴァイオリン協奏曲
2. 小管弦楽のための8つの小品
【演奏】サンフォード・アレン(ヴァイオリン:1)、デトロイト交響楽団
【録音】1973年11月

[CD5]
ホセ・マウリシオ・ヌネス・ガルシア(1767-1830):レクイエム
【演奏】ダラレーン・デイヴィス(ソプラノ)、ベティー・アレン(メゾ・ソプラノ)ウィリアム・ブラウン(テノール)、マッティ・トゥロイセラ(バリトン)モーガン州立大学合唱団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1974年10月

[CD6]
1. ホセ(ジョゼフ)・ホワイト(1836-1918):ヴァイオリン協奏曲
【演奏】アーロン・ローザンド(ヴァイオリン)、ロンドン交響楽団
【録音】1974年11月
2. デイヴィッド・ベイカー(1931-2016):チェロ・ソナタ
【演奏】ヤーノシュ・シュタルケル(チェロ)、アラン・プラネス(ピアノ)
【録音】1975年3月

[CD7]
1. ウィリアム・グラント・スティル(1895-1978):バレエ音楽『サハジ』
2. フェラ・ソワンデ(1905-1987):弦楽のためのアフリカ組曲
3. ジョージ・ウォーカー(1922-2018):弦楽のための抒情詩
【演奏】モーガン州立大学合唱団(1)、ロンドン交響楽団
【録音】1973年9月、1974年11月

[CD8]
1. オリー・ウィルソン(1937-2018):アクワン(ピアノ、電子ピアノ、アンプリファイド・ストリングス、管弦楽のための)
2. トーマス・ジェファーソン(T.J.アンダーソンJr)(1928-):スクエアーズ
3. タリブ・ラスル・ハキム(1940-1988):イーシュヴァラのヴィジョンズ
【演奏】ボルティモア交響楽団
【録音】1974年12月

[CD9]
1. ジョージ・ウォーカー(1922-2018):ピアノ協奏曲
2. アドルファス・ヘイルストーク(1941-):セレブレーション
3. ヘイル・スミス(1925-2009):儀式と呪文
【演奏】ナタリー・ヒンデラス(ピアノ:1)、デトロイト交響楽団
【録音】1976年2月

[CD10]
黒人霊歌集[ヘイル・スミス(1925-2009)による独唱、ナレーターとオーケストラのための編曲]
1. ひとり残らず声をだして 歌おうLift Every Voice and Sing,
2. Jesus Lay Your Head In,
3. ほむべきかな Honor Honor,
4. He Never Said Mumballi,
5. A Change Has Got to Come,
6. 静かに揺れよ、愛しい荷車Swing Low Sweet Chariot,
7. ゴスペル・トレイン Gospel Train,
8. パンを分かち合おう Let Us Break Bread Together,
9. 目撃者 Witness,
10. The Revival,
11. 私のこの小さな明かりを輝かせようThis Little Light of Mine,
12. 深い河 Deep River,
【演奏】ウィリアム・ブラウン(テノール)、バーバラ・ジョーダン(ナレーション)、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
【録音】1978年6月

【演奏】
ポール・フリーマン(指揮)

  1. 1. [CD]

  2. 2. [CD]

  3. 3. [CD]

  4. 4. [CD]

  5. 5. [CD]

  6. 6. [CD]

  7. 7. [CD]

  8. 8. [CD]

  9. 9. [CD]

  10. 10. [CD]

収録内容を見る