こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

サウンドトラック

【CD】

Quentin Tarantino's Once Upon A Time In Hollywood

Original Soundtrack

  • オンラインキャンペーン価格
    サウンドトラック/イージー・リスニング スペシャルプライス 7%オフ

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,299
  • セール価格(税込)
    ¥2,138
    ¥161 (7 %) オフ
  • ポイント数
    19 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


Quentin Tarantino's Once Upon A Time In Hollywood

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の情報

発売日

2019年08月23日

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (ヨーロッパ盤)

レーベル

Columbia

規格品番

19075972862

商品の紹介

  • タランティーノ作品はサントラもハズレなし!
    鬼才タランティーノが5年の歳月をかけ書上げ、ブラピとディカプリオの2大スター初共演&W主演としても話題の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のサントラ。自身も音楽マニアとして知られるタランティーノ選曲による今作は当時のヒット曲はもちろん、実際に使われていたラジオ広告放送も収録されるなど69年のハリウッドの空気を丸ごと詰め込んだコンセプトアルバムのような1枚!タランティーノ最高傑作の呼び声の高い今作品、サントラもそれに相応しい内容に仕上がってます (C)浦和店:横山 大

    タワーレコード (2019/09/13)

  • 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』オリジナル・サウンドトラック タランティーノ監督自らの選曲による、1960年代ハリウッドへのラヴ・レター。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという今世紀最大の二大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸に1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る、この夏必見の超話題作!

    ハリウッドの鬼才クエンティン・タランティーノ監督が執筆に5年の歳月を費やし、レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという今世紀最大の二大スターを初共演させ、二人の友情と絆を軸に1969年のハリウッド黄金時代の光と闇に迫る、この夏必見の超話題作!

    ディカプリオ演じるリック・ダルトン(ディカプリオ)は人気のピークを過ぎたTV俳優。映画スター転身を目指し焦る日々が続いていた。そんなリックを支えるクリフ・ブース(ピット)はスタントマンかつ親友でもある。目まぐるしく変化するハリウッドで生き抜くことに精神をすり減らしているリックとは対照的に、いつも自分らしさを失わないクリフ。パーフェクトな友情で結ばれた二人だったが、時代は大きな転換期を迎えようとしていた。そんなある日、リックの隣に時代の寵児ロマン・ポランスキー監督と新進の女優シャロン・テート(マーゴット・ロビー)夫妻が越してくる。今まさに最高の輝きを放つ二人。この明暗こそハリウッド。リックは再び俳優としての光明を求め、イタリアでマカロニ・ウエスタン映画に出演する決意をするが―。そして、1969年8月9日―それぞれの人生を巻き込み映画史を塗り替える【事件】は起こる。

    今回発売となるサウンドトラック盤は、タランティーノ監督が自ら選曲したもので、「1960年代ハリウッドへのラヴ・レター」を意味している。ポール・リヴィア & ザ・レイダーズ、ディープ・パープル、ニール・ダイアモンドなどの60年代を代表するアーティストの楽曲や、ヴィンテージ・ラジオ広告音源などが収録され、見事にロック黄金時代を再現したものになっている。映画の世界観にマッチした、タランティーノ渾身の一枚であるサウンドトラックは必聴だ。

    発売・販売元 提供資料 (2019/08/02)

  • Pitchfork (Website) - "The music is a highlight of Quentin Tarantino's new film, an undeniable, oft-disquieting mixtape of golden-age rock'n'roll, radio DJ patter, and period-specific commercials."

    Rovi

作品の情報

その他

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:14:39

Quentin Tarantino always digs deep inside record crates whenever he assembles a soundtrack, but there's a crucial difference with 2019's Once Upon a Time in Hollywood: here, the soundtrack replicates the humming background noise of the AM radio station KHJ, which is playing constantly throughout the film. Known as Boss Radio during the '60s, KHJ is a real station and their archives provided raw source material for Tarantino's 1969 fantasy -- play lists that he augmented with personal favorites, golden oldies, vintage commercials, and replicated DJ chatter. Nearly every cut on the soundtrack comes out of a radio somewhere in Once Upon a Time in Hollywood, with the notable exceptions of Paul Revere & the Raiders' "Good Thing" and a new "Quentin Tarantino Edit" of Vanilla Fudge's "You Keep Me Hangin' On," which either pump out of a personal stereo or are non-diegetic. Not every pivotal song from the film is here; notably, neither "Out of Time" by the Rolling Stones nor the Royal Guardsmen's "Snoopy Vs. The Red Baron" is included. Also, the Once Upon a Time in Hollywood soundtrack doesn't strictly adhere to songs released in 1969, the year in which it's set. Generally, the tunes are from the latter half of the 1960s, but it'll go back in time as far as 1959 (Dee Clark's "Hey Little Girl") and as far ahead as 1972 (Maurice Jarre's "Judge Roy Bean's Theme"). Historical accuracy isn't the intention of either the film or the album, though. With Once Upon a Time in Hollywood, Tarantino creates a vision of the late '60s relying on his memory, research, and instinct, choosing to chart a course that doesn't adhere to conventional Boomer narratives. It's a world that's bright, swinging, and vivid, relying on the vibe and style of a neon-lit Sunset Strip, not the heavy sounds of the underground. Listening to Once Upon a Time brings that world to life. It's like switching the AM radio on to a 1960s that never faded away. ~ Stephen Thomas Erlewine

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Treat Her Right / Roy Head & The Traits

    2.

    Ramblin' Gamblin' Man / The Bob Seger System

    3.

    Hush / Deep Purple

    4.

    Mug Root Beer Advertisement / KHJ

    5.

    Hector / The Village Callers

    6.

    Son of a Lovin' Man / Buchanan Brothers

    7.

    Paxton Quigley's Had The Course (from the MGM film Three in the Attic) / Chad & Jeremy

    8.

    Tanya Tanning Butter Advertisement / Bristol-Myers

    9.

    Good Thing / Paul Revere & The Raiders

    10.

    Hungry / Paul Revere & The Raiders

    11.

    Choo Choo Train (Mono Single Version) / The Box Tops

    12.

    Jenny Take A Ride / Mitch Ryder & The Detroit Wheels

    13.

    Kentucky Woman / Deep Purple

    14.

    The Circle Game / Buffy Sainte-Marie

    15.

    Mrs. Robinson / Simon & Garfunkel

    16.

    Numero Uno Cologne Advertisement / I Profumi di Capri

    17.

    Bring a Little Lovin' / Los Bravos

    18.

    Suddenly/Heaven Sent Advertisement / Harold E. Weed & Dana Classic Fragrances

    19.

    Vagabond High School Reunion / KHJ

    20.

    KHJ Los Angeles Weather Report / KHJ

    21.

    The Illustrated Man Advertisement/Ready for Action / Various

    22.

    Hey Little Girl / Dee Clark

    23.

    Summer Blonde Advertisement / Coty Inc

    24.

    Brother Love's Traveling Salvation Show / Neil Diamond

    25.

    Don't Chase Me Around (from the MGM film GAS-S-S-S) / Robert Corff

    26.

    Mr. Sun, Mr. Moon / Paul Revere & The Raiders feat. Mark Lindsay

    27.

    California Dreamin' / Jose Feliciano

    28.

    Dinamite Jim (English Version) / I Cantori Moderni Di Alessandroni

    29.

    You Keep Me Hangin' On (Quentin Tarantino Edit) / Vanilla Fudge

    30.

    Miss Lily Langtry (cue from The Life and Times of Judge Roy Bean) / Maurice Jarre

    31.

    KHJ Batman Promotion / KHJ