こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

商品詳細

雑誌

【雑誌】

レコード・コレクターズ 2019年10月号

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥838
  • ポイント数
    7 ポイント

カートに入れる

消費税率変更のお知らせ

欲しい物リストに追加  

カートに追加しました。


レコード・コレクターズ 2019年10月号

カートインに失敗しました。再度お試しください。

ジャンル別のオススメ

商品の説明

【特集】 ザ・ビートルズ『アビー・ロード』
1969年1月に行なわれた"ゲット・バック・セッション"で原点に返ろうとしたビートルズですが、その試みはうまくいかずお蔵入りしてしまいます。後にそこから『レット・イット・ビー』が作られるのはご存じの通りですが、7月から改めて本格的にレコーディングが行なわれ、そこで制作されたのが『アビー・ロード』でした。ビートルズの作品の中でも非常に人気が高いこのアルバムの魅力を、リマスタリング版やレア・テイクも含む50周年記念盤を手に再検証します。

商品の情報

発売日

2019年09月14日

フォーマット

雑誌

構成数

1

製造国

国内

レーベル

ミュージック・マガジン

規格品番

19637-10

版型

A5

ページ数

236

作品の情報

その他

  • フィーチャードアーティスト : The Beatles

収録内容

構成数 | 1枚

【特集】 ザ・ビートルズ『アビー・ロード』

■ 無限の可能性を秘めた、ザ・ビートルズとしての"ジ・エンド"(大鷹俊一)
■ レコスケくん[『アビー・ロード』の足並み]の巻(本秀康)
■ みんなでベーシック・トラックを録音してるからオーガニックだし印象が古くなりにくいアルバムだね(鈴木惣一朗/ワールドスタンダード)×直枝政広/カーネーション、構成=松永良平)
■ ポール・マッカートニーが願う"昔のような"アルバム制作はかなったか(中村公輔)
■ 全編に漂う複雑かつハイセンスな音使いとアイディアの幅広さ(青山陽一)
■ 『アビー・ロード』全曲歌詞解説(朝日順子)
■ 今や名所となった"横断歩道"のジャケットはなぜ生まれたのか(藤本国彦)
■ "恐るべき手腕"の持ち主:アレン・クラインの功罪を探る(犬伏功)
■ 『アビー・ロード』全曲ガイド(萩原健太)
■ 50周年記念エディション解説(森山直明)
■ 初盤道 拡大版~『アビー・ロード』(真保安一郎)
■ グラフィック・ステーション~『アビー・ロード』各国盤/シングルほか
■ ジョン・レノン&オノ・ヨーコ『アバーヴ・アス・オンリー・スカイ』(安田謙一)
■ 映画『イエスタデイ』(長谷川町蔵)

□ プリンス
再発シリーズ第4弾は、ワーナーとの契約満了前後の心境を表出した2作品+α(河地依子)
□ エルヴィス・プレスリー
キャリアの分岐点となる1969年の復活公演11回を完全収録した音源集 "Live 1969"(木村ユタカ)
□ シンディ・ローパー
世界初DVD化10曲を含むMV集をセットにした最新ベストで、35年にわたる軌跡を辿る(赤尾美香)
□ 大村雅朗
1600曲を超える仕事を残した作・編曲家の多彩な作品群を俯瞰する4枚組(篠原章)
□ ザ・グッバイ
インタヴュー~今の彼らでなければ成し得ない重みを感じさせる30年ぶりの新作(小山守)
□ ザ・ミスティーズ
元トランポリンズのメンバーがビートルズのポップ・サウンドに肉迫する一人多重録音で再始動(片島吉章)
□ フランキー・ヴァリ&ザ・フォー・シーズンズ
"輝かしいキャリア"を手軽に一望できる来日記念盤2枚組ベスト(澤山博之)
□ <アライヴ・ザ・ライヴ>レーベル
日本公演を含むTOTOの3タイトルを中心に米国ハード・ロックの魅力を伝えるライヴ盤8作(岡田敏一)
□ 『ロフト・セッションズ・アウトテイクス』
90年代に人気作となった幻のアルバムがアウトテイクを中心に2枚組で新装発売(ガモウユウイチ)
□ 植木等&谷啓
クレージー・キャッツの人気者だった二人の90年代のアルバムがリマスタリングされ復刻(鈴木啓之)
□ 荒井英治(モルゴーア・クァルテット)
インタヴュー~既存のものに挑んで負けないというロックの姿勢で大所帯ではない弦楽四重奏によるプログレを(立川芳雄)

REGULAR CONTENTS
ほか

  1. 1. [雑誌]