ショッピングカート
クラシック
CD
ドビュッシー&ラモー
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年03月27日

規格品番

4837701

レーベル

DG Deutsche Grammophon

SKU

028948377015

商品の紹介
型破りのアンファン・テリブル、ラモーとドビュッシーの対話
ラモーの現代性と、ドビュッシーとの類似性を炙り出すヴィキングル、その才能の煌めき

英グラモフォン賞「アーティスト・オブ・ジ・イヤー」(2019年10月)、オーパス・クラシック賞最優秀ソロ・リサイタル賞(2019年10月)、BBCミュージック・マガジン最優秀器楽アルバム賞&年間最優秀アルバム賞(2019年4月)、アイスランド音楽賞最優秀演奏賞&年間最優秀アルバム賞(2019年3月)と前作『バッハ・カレイドスコープ』が大変高く評価され、旋風を巻き起こすピアニスト、ヴィキングル・オラフソンのDG第3弾。

今回も小曲を独自の感性で組み合わせ、ひとつの大きな作品として構成するヴィキングルらしいアルバム。約200年の時を隔てた、二人の革命児、天才的作曲家、型破りのアンファン・テリブルであった、ジャン=フィリップ・ラモー(1683-1764)とクロード・ドビュッシー(1862-1918)の作品を組み合わせ、その対話を通じて作品の真価、その現代性と、類似性を炙り出しています。

フランス・バロック後期に活躍したラモーは、バッハの次に素晴らしい作曲家、とヴィキングルは言います。ラモーは従来のルールを破り、常に未来を志向していました。一方、ドビュッシーは印象派を切り拓いて行った、やはり未来を志向した作曲家でしたが、その音楽はフレンチ・バロックに根差していました。両者とも曲に美しいタイトルをつけた鍵盤の詩人で、新しい音楽を探し求めた兄弟といえます。

2019年12月の日本公演においても、本アルバムから抜粋を演奏し、その絶妙なプログラミング、斬新な解釈と完璧にコントロールされたタッチと音色で聴衆に深い感銘と驚きを与えました。
ユニバーサル・ミュージック/IMS
発売・販売元 提供資料 (2019/12/25)
Was Rameau the quintessentially French composer? Debussy certainly thought so, and penned an Hommage a Rameau in Book 1 of the Images for piano, heard here. Pianist Vikingur Olafsson isnt the first to put the two composers together in a program, but its rarely been done as well as it is here. Olafsson punctuates sets of short, pictorial Rameau pieces, mostly from the Pieces de Clavecin of 1724 but also including some of his wilder later experiments, with some Debussy favorites that bring out Debussys status as a forerunner of neoclassicism especially well. He finds humor in both composers, which not every keyboardist does, and the sequencing of tracks is wonderfully calibrated: online listeners should not accept any invitations to shuffle here. Olafsson pushes his Rameau a bit in the direction of Debussy, with judicious pedal and graceful phrasing, and his Debussy moves a bit toward Rameau: it is clean and crisp without being in the slightest bit inexpressive. The end result is a program thats entirely individual, coherent as few others are, and just a delight all around. Olafsson up to now has devoted his recordings to a single composer, but he takes a major step forward here, and one breathlessly awaits whats coming next.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:18:53

【曲目】
ドビュッシー
1) 《選ばれし乙女》から 前奏曲
ラモー
2) 鳥のさえずり
3) リゴードン1, 2 &ドゥーブル
4) ロンドー形式のミュゼット
5) タンブーラン
6) 村娘
7) ロンドー形式のジグ1&2
ドビュッシー
8) 《版画》から 雨の庭
9) 《子供の領分》から 人形へのセレナード
10) 《子供の領分》から 雪は踊っている
ラモー
11) 優しい嘆き
12) つむじ風
13) ミューズたちの語らい
ドビュッシー
14) 《前奏曲集 第1巻》から 雪の上の足跡
ラモー
15) 喜び
16) 一つ目の巨人
ラモー/オラフソン
17) 芸術と時間
ドビュッシー
18) 《前奏曲集 第1巻》から 亜麻色の髪の乙女
19) 《前奏曲集 第2巻》から 水の精
ラモー
20) 《第5コンセール》から キュピ
21) 《第4コンセール》から 軽はずみなおしゃべり
22) 《第4コンセール》から ラモー
23) めんどり
24) エンハーモニック
25) メヌエット1&2
26) 未開人たち
27) ジプシーの女
ドビュッシー
28) 《映像 第1集》から ラモーを讃えて

【演奏】
ヴィキングル・オラフソン(ピアノ)

【録音】
2019年8月 レイキャヴィーク
    • 1.
      [CD]
      • 1.
        La damoiselle elue, L. 63~Prelude
      • 2.
        Pieces de clavecin~Le Rappel des oiseaux
      • 3.
        Pieces de clavecin~Rigaudons I, II & double
      • 4.
        Pieces de clavecin~Musette en rondeau
      • 5.
        Pieces de clavecin~Tambourin
      • 6.
        Pieces de clavecin~La Villageoise
      • 7.
        Pieces de clavecin~Gigues en rondeau I & II
      • 8.
        Estampes, L. 100~3. Jardins sous la pluie
      • 9.
        Children's Corner, L. 113~3. Serenade for the Doll
      • 10.
        Children's Corner, L. 113~4. The Snow is Dancing
      • 11.
        Pieces de clavecin~Les Tendres Plaintes
      • 12.
        Pieces de clavecin~Les Tourbillons
      • 13.
        Pieces de clavecin~L'Entretien des Muses
      • 14.
        Preludes, Book 1, L. 117~6. Des pas sur la neige
      • 15.
        Pieces de Clavecin~La Joyeuse
      • 16.
        Pieces de Clavecin~Les Cyclopers
      • 17.
        The Arts and the Hours
      • 18.
        Preludes, Book 1, L. 117~8. La fille aux cheveux de lin
      • 19.
        Preludes, Book 2, L. 123~8. Ondine
      • 20.
        Pieces de clavecin en concerts~Cinquieme concert (Fifth Concert): La Cupis
      • 21.
        Quatrieme concert~2. L'indiscrete
      • 22.
        Quatrieme concert~3. La Rameau
      • 23.
        La Nouvelles Suites de Pieces de Clavecin~La Poule
      • 24.
        L' Nouvelles Suites de Pieces de Clavecin~L'Enharmonique
      • 25.
        Nouvelles Suites de Pieces de Clavecin~Menuets I & II
      • 26.
        Les Nouvelles Suites de Pieces de Clavecin~Les Sauvages
      • 27.
        L’ Nouvelles Suites de Pieces de Clavecin~L'Egyptienne
      • 28.
        Images, Book 1, L. 110~2. Hommage a Rameau
カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/17

バッハでも感じたが、曲を現代に引っ張り上げての演奏。

なので作曲に200年近い間が空いているにもかかわらず、続けて聞いて何の違和感もない。

けれど作曲家の意図は? とふと感じてしまうのも事実。

オラフソンの洗練された音を楽しみたいなら星5

ラモーとしては星3 なんじゃないかと。

関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 2,739
¥ 794(29%)オフ
¥ 1,945
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加