ショッピングカート
クラシック
CD
ヴァイオリンとチェロピッコロによる二重協奏曲集
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間: 【オンラインショップ】 10月23日(金)9:00~ 10月25日(日)23:59まで 【店舗】 各店10月23日(金)開店~ 10月25日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元![※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年03月26日

規格品番

A472

レーベル

Arcana

SKU

4589538752705

商品の紹介
【カルミニョーラとブルネロによる二重協奏曲集!バッハの名曲2台ヴァイオリンも収録!】
名手カルミニョーラがARCANAレーベルに登場。ブルネロとのデュオで、バッハとヴィヴァルディの二重協奏曲を聴かせる驚きのアルバムを世に問います。ここでブルネロが奏でるのは、『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』を全曲移調無しで弾いた(A469/NYCX-10100)4弦のチェロ・ピッコロ。この楽器は、通常のチェロに張られる4本の弦に上のE弦を足し(バッハの「無伴奏チェロ組曲第6番」は、この5弦のチェロ・ピッコロを想定していると言われます)、さらに一番下のC弦を省いて4本としたもので、アルバム・タイトルのSonar in Ottava (オクターヴで鳴る)が示すように、ヴァイオリンの丁度1オクターヴ下の調弦となっています。

ヴァイオリンとチェロ・ピッコロを独奏として奏でられるのは、バッハの名曲BWV1043を始めとした、主に2つのヴァイオリンと弦楽のための協奏曲。通常は同音域で重なるため区別し辛い2つの声部が、片方がオクターヴ低いことでたいへん引き立ちます。2つのチェンバロが原曲(ヴァイオリンとオーボエでもお馴染み)のBWV1060ではさらにくっきり。その結果立ち上がるのは二人の丁々発止のやり取りと、目から鱗が落ちるような旋律の綾の面白さ。ドーニとアッカデーミア・デラヌンチアータによるアンサンブルも、非常に前掛かりの演奏で名手たちの競演を大いに盛り立てています。それぞれの作品がぐっと身近に、面白く感じるアルバムです。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2020/02/06)
カルミニョーラとブルネロによる二重協奏曲集!バッハの名曲2台ヴァイオリンも収録! (C)RS
JMD (2020/02/08)
収録内容

構成数 | 1枚

【曲目】
BACH - VIVALDI Sonar in Ottava ヴァイオリンとチェロ・ピッコロによる二重協奏曲集
ヴィヴァルディ(1678-1741)、J.S.バッハ(1685-1750)、ヨハン・ゴットリープ・ゴルトベルク(1727-1756)

1-3.ヴィヴァルディ(オリヴィエ・フーレ復元):弦楽のための協奏曲 ニ長調 RV125
4-6.ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとチェロ・ピッコロのための協奏曲 ハ長調 RV508 (原曲:2つのヴァイオリンのための)
7-9.J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェロ・ピッコロのための協奏曲 ニ短調 BWV1043 (原曲:2つのヴァイオリンのための)
10-13.ゴルトベルク:弦楽のためのソナタ ハ短調 DurG 14
14-16.J.S.バッハ:ヴァイオリンとチェロ・ピッコロのための協奏曲 ニ短調 BWV1060 (原曲:2台のチェンバロのための/ハ短調)
17-19.ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとチェロ・ピッコロのための協奏曲 変ホ長調 RV515 (原曲:2つのヴァイオリンのための)

【演奏】
ジュリアーノ・カルミニョーラ(ヴァイオリン)
1733年ヴェネツィア、ピエトロ・グァルネリ製
マリオ・ブルネロ(4弦チェロ・ピッコロ)
1600-10年クレモナ、アントニオ&ジローラモ・アマティ製による
2017年ブレシア、フィリッポ・ファッサール製復元楽器

リッカルド・ドーニ(チェンバロ、指揮)
アッカデーミア・デラヌンチアータ(古楽器使用)

【録音】
2018年6月26-30日 デラヌンチアータ修道院、ミラノ
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/07/30

こんな刺激的な演奏を聴いたのは久し振り。鬱々とした気分が吹き飛びました。最高!

★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/21

古楽器で刺激的、というならこういう演奏をしてほしい。というお手本みたいな名演。カルミニョーラとブルネロの丁々発止なやり取りも強烈だし、バックのアッカデーミア~も一糸乱れぬ音作りで聴き手を興奮の世界へ引きずり込んでいく。ヴィヴァルディとバッハなんて聴き慣れたという方ほど聴いてほしい演奏だ。

関連商品
ニュース & 記事
ポイント10倍
203pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 394(15%)オフ
¥ 2,235
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加