ショッピングカート
クラシック
Blu-ray Disc
オッフェンバック: 歌劇 《ホフマン物語》
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

Blu-ray Disc

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年04月04日

規格品番

752904

レーベル

C Major

SKU

814337015299

スペック

画面:1080i,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS-HD MA5.1
言語:フランス語
字幕:独英仏韓日
リージョン:All
165分

作品の情報
メイン
その他
制作国
-
制作年
2018
商品の紹介
オランダ国立歌劇場2018年ライヴ
鬼才トビアス・クラッツァーによる演出
≪ホフマン物語≫

≪天国と地獄≫をはじめとする数多くのオペレッタをヒットさせ、19世紀後半のパリで「シャンゼリゼのモーツァルト」とよばれたジャック・オッフェンバック。その彼が最晩年に手がけたただ一つのオペラ≪ホフマン物語≫。オッフェンバックの死により未完に終わった作品です。原作は、ドイツ・ロマン派の詩人であり、作曲家でもあったE.T.A.ホフマンが書いた3つの小説。詩人ホフマンと彼が恋した3人のヒロイン(人形オランピア、歌姫アントニア、娼婦ジュリエッタ)、3人の悪魔、そして彼を見守るミューズによる幻想的で不思議な味わいをもった物語です。また音楽も「ホフマンの舟歌」や「クラインザックの物語」をはじめとする有名で豪華絢爛な内容。
本上演は、「マイケル・ケイ&ジャン=クリストフ・ケック」新批判校訂版に基づく、鬼才トビアス・クラッツァーによる演出。クラッツァーは、前衛的な舞台作りで注目を集めるドイツ出身の若手。2019年バイロイト音楽祭で新演出の≪タンホイザー≫を手がけ話題となりました。ケイ&ケック版は、上演者が自由に過去の版の曲目を選び、構成を決めることが可能になっており、各上演で異なった楽曲を使用することができます。クラッツァーの演出は、アパートの中で繰り広げられるホフマンと過去の3人の女性たちとの悲劇的な恋を語る物語を現代サスペンス風に再構築したもの。ホフマンは、薬物中毒のストーカー男、従来男装で演じられるミューズはホフマンへ恋心を抱く女性として描かれています。
歌手陣も実力派を揃えており、ホフマンにはアメリカ出身のリリック・テノールのジョン・オズボーン。そして魅惑的な深くやわらかい声と魅力的な容姿で絶大なる人気を誇り、東京五輪・パラリンピックの文化プログラムにドミンゴの代役で出演することが決まっている南米ウルグアイ出身のバス=バリトン歌手のアーウィン・シュロットなど見逃せない上演です。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/03/03)
収録内容

構成数 | 1枚

録音 | ステレオ (---)

【曲目】
オッフェンバック:歌劇≪ホフマン物語≫

【演奏】
ジョン・オズボーン(ホフマン/テノール)
アイリーン・ロバーツ(ミューズ/メゾソプラノ)
ニーナ・ミナシャン(オランピア/ソプラノ)
エルモネラ・ヤオ(アントニア/ソプラノ)
エヴァ・クルーン(墓の声)
アーウィン・シュロット(リンドルフ、コッペリウス、ミラクル、ダペルトゥット/バス)
ロドルフ・ブリアン(スパランツァーニ/テノール)
ポール・ゲイ(ルーテル、クレスペル/バス)
サニーボーイ・ドラドラ(アンドレ、コシュニーユ、フランツ、ピティキナッチョ/テノール)
ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団
オランダ国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ウー・ジン-リエン)
カルロ・リッツィ(指揮)
演出:トビアス・クラッツァー
舞台&衣装:ライナー・セルマイヤー
照明:ベルント・プルクラベク
ドラマトゥルギー:クラウス・ベルティシュ
映像監督:ミスイェル・ヴェルメーレン

【収録】
2018年、オランダ国立歌劇場、アムステルダム(ライヴ)
    • 1.
      [Blu-ray Disc]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
44pt
販売価格(税込)
¥ 6,259
¥ 1,314(21%)オフ
¥ 4,945
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加