ショッピングカート
クラシック
CD
ショスタコーヴィチ: ヴァイオリン協奏曲集
★★★★★
★★★★★
4.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年05月15日

規格品番

CDA68313

レーベル

Hyperion

SKU

034571283135

商品の紹介
アリーナ・イブラギモヴァ新録音!
ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲集!

音楽の神ミューズに愛されたヴァイオリニスト、アリーナ・イブラギモヴァ。2018年度のレコード・アカデミー賞受賞後、「フランク&ヴィエルヌ」(CDA 68204)、「ブラームス」(CDA 68200)」と大ヒットを飛ばしてきたイブラギモヴァの新録音は、なんとショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲!
注目の共演は、ウラディーミル・ユロフスキと彼が音楽監督を務めるロシア国立交響楽団(スヴェトラーノフ記念)という理想的な布陣。ピリオド楽器とモダン楽器の双方を自然に使いこなし、バロックから近現代までを深い感性で仕上げ、新時代を象徴するヴァイオリニストとしての道を華麗に歩むイブラギモヴァが、ダヴィッド・オイストラフに献呈されたロシアの偉大な協奏曲を圧倒的なパフォーマンスで贈ります。
東京エムプラス
発売・販売元 提供資料 (2020/03/11)
Violinist David Oistrakh, for whom both these works were composed, called the Violin Concerto No. 1 in A minor, Op. 77, Shakespearean, and imbued the work with a theatrical mixture of brilliance and inwardness. The latter is missing from this reading by violinist Alina Ibragimova and conductor Vladimir Jurowski, leading the cumbersomely named State Academic Symphony of Russia Evgeny Svetlanov, but Shostakovich called the work a symphony for violin and orchestra, and not only because it has four movements: it is an exquisite, turn-on-a-dime essay in soloist-orchestral balance that features one of the most difficult solo parts in the repertory (remarkable, in view of the fact that Shostakovich did not play the violin). Here Ibragimova is on solid ground, and her performance is a technical marvel. If the composers precarious state of mind under Stalinist repression does not come through, the clean, jewel-like craftsmanship of the work does. Ibragimova challenges herself even further by playing the opening theme of the finale as a solo, which Oistrakh rejected as too difficult. Ibragimova is likewise solid in the later Violin Concerto No. 2 in C sharp minor, Op. 129, one of those late Shostakovich works in which he seems to be swinging for the Beethovenian fences in the heavily polyphonic first movement. She does not miss the humor, also Beethovenian, at the beginning of the finale. Listeners expecting another Oistrakh may be disappointed, and returning to a Russian orchestra does not seem to have produced a more melancholy aesthetic in Jurowskis music-making, but heard on its own terms, the album is a total success.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:11:24

【曲目】
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲集

ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77
ヴァイオリン協奏曲第2番嬰ハ短調 Op.129

【演奏】
アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)、
ウラディーミル・ユロフスキ(指揮)、
スヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団

【録音】
2019年2月7日-8日、チャイコフスキー・コンサート・ホール(モスクワ)(第2番)、
7月3日-4日&7日、ニューエルサレム博物館(モスクワ)(第1番)
    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Violin Concerto No. 1 in A minor, Op. 77~Nocturne. Moderato
      • 2.
        Violin Concerto No. 1 in A minor, Op. 77~Scherzo.Allegro
      • 3.
        Violin Concerto No. 1 in A minor, Op. 77~Passacaglia. Andante - Cadenza
      • 4.
        Violin Concerto No. 1 in A minor, Op. 77~Burlesque. Allegro con brio - Presto
      • 5.
        Violin Concerto No. 2 in C sharp minor, Op. 129~Moderato
      • 6.
        Violin Concerto No. 2 in C sharp minor, Op. 129~Adagio
      • 7.
        Violin Concerto No. 2 in C sharp minor, Op. 129~Adagio - Allegro
レビュー
  • 鶴首して待ったイブラギモヴァのショスタコーヴィチは、故国の歴史を切り抜けた傑作についに正面から対峙した力作。不滅の「故事」というべき初演者オイストラフの事績を相対化する現在的演奏の有力盤として強力な一枚だ。2曲ともに一貫する分かちがたい彼女の流儀を共有することができる。オケにも強く深い内的表現が求められるが、ユロフスキ率いるロシア国立響の一体感も素晴らしい。ショスタコーヴィチ音楽の要諦が内蔵された偉大なる第1番、特に第3楽章パッサカリアでの濃密な沈潜と緊迫の際限への表現に全霊を投じる演奏家の追究の姿は圧倒的であり、カデンツァで聴く彼女の発語の一切を逃さず傾聴したい。
    intoxicate (C)森山慶方

    タワーレコード (vol.145(2020年4月20日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
総合評価
4.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/05/31

1番は、所々ハッとするフレーズがあるものの、スターリンに抑圧されたソ連人の深い怒りや悲しみをどうしても曲に求めてしまうので、その意味では今一つである。2番は、聴く機会がほとんどなかったが、間違いなくトップクラスの名演だと思う。

関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 421(16%)オフ
¥ 2,208
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加