ショッピングカート
クラシック
CD
ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.81 ~ ラッブラ&ブリス: ピアノ協奏曲集
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月13日

規格品番

CDA68297

レーベル

Hyperion

SKU

034571282978

商品の紹介
ロマンティック・ピアノ・コンチェルト第81巻!
20世紀イギリス、ラッブラとブリスのピアノ協奏曲!

ロマン派の知られざるピアノ協奏曲の発掘・蘇演を行うハイペリオンの人気シリーズ、「ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ(RPCS)」。貫禄の第81巻は、ホルストやヴォーン・ウィリアムズに師事、あるいは影響を受けた20世紀イギリスの作曲家、エドマンド・ラッブラとアーサー・ブリスのピアノ協奏曲。1939年のニューヨーク万博でソロモンが初演したブリスのヴィルトゥオージックなピアノ協奏曲と、1955年にBBCの委嘱により作られ、英国の牧歌的な伝統が反映されたラッブラの優美なピアノ協奏曲。作曲年代は20世紀の中頃でありながらも、ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズの精神に忠実な、ロマンの香り高き作品です。1946年のエリザベス王女の誕生日に向けてアーノルド・バックスが作曲した、ピアノと管弦楽のための爽やかな小品「サセックスの5月」のカップリングもこのアルバムの魅力に花を添えます。演奏は、フェルディナント・リースのピアノ協奏曲集(CDA 68217)でも充実のコンビネーションを魅せてくれた、オーストラリアの知性派ピアニスト、ピアーズ・レーンと、レオン・ボットスタインが音楽監督を務めるアメリカの若手オーケストラ、「ジ・オーケストラ・ナウ(TON)」です。
東京エムプラス
発売・販売元 提供資料 (2020/04/16)
The Hyperion labels Romantic Piano Concerto series here reaches its 81st volume. If theres any sign of a diminution, its that one of the present works was written in 1938 and the other in 1955, neither date conventionally placed in the Romantic era. Yet the two main attractions here can indubitably be described as Romantic, and both are entirely distinctive pieces well worth a revival; neither is commonly heard, even in Britain. The Piano Concerto No. 1 in G, Op. 85 (the lack of designation of major or minor is perhaps intentional), of Edmund Rubbra, is the later of the two works. The work was dedicated to Indian sarod player Ali Akbar Khan, an influence audible from the beginning of the work (beautifully handled here by pianist Piers Lane and the Orchestra Now under Leon Botstein) and elegantly integrated into concerto form. Its also very much the work of a symphonist, which was Rubbras primary metier; the piano is sometimes a soloist, sometimes an element of orchestral color. The slow movement is a lovely nocturne. The Piano Concerto in B flat major, Op. 58, of Arthur Bliss, was composed for the 1939 New York Worlds Fair and dedicated to the American people. Perhaps this circumstance brought forth an unusually broad musical language from the once-modernist Bliss, who remarked, Surely the Americans are at heart the most romantic in the world. The finale is an energetic and technically challenging romp that lives up to Blisss stated ambition to produce a British Emperor Concerto. All of the musicians approach the music with freshness and commitment, and the whole project is of interest far beyond the usual circles of Romantic music specialists and enthusiasts.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:17:24

【曲目】
ロマンティック・ピアノ・コンチェルト・シリーズ Vol.81 ~ ラッブラ&ブリス:ピアノ協奏曲集

エドマンド・ラッブラ(1901-1986):ピアノ協奏曲ト長調 Op.85
アーノルド・バックス(1883-1953):朝の歌 《サセックスの5月》
アーサー・ブリス(1891-1975):ピアノ協奏曲変ロ長調

【演奏】
ピアーズ・レーン(ピアノ)、
レオン・ボットスタイン(指揮)、
ジ・オーケストラ・ナウ

【録音】
2019年1月16日-20日、リチャード・B.フィッシャー・センター(アメリカ)
    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Piano Concerto in G, Op. 85~Corymbus
      • 2.
        Piano Concerto in G, Op. 85~Dialogue
      • 3.
        Piano Concerto in G, Op. 85~Danza alla rondo
      • 4.
        Morning Song "Maytime in Sussex"
      • 5.
        Piano Concerto in B flat major~Allegro con brio
      • 6.
        Piano Concerto in B flat major~Adagietto
      • 7.
        Piano Concerto in B flat major~Andante maestoso - Molto viv
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,629
¥ 394(15%)オフ
¥ 2,235
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加