ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
チャイコフスキー: 交響曲第4番
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月08日

規格品番

FR738SACD

レーベル

Reference Recordings

SKU

030911273828

作品の情報
メイン
その他
オリジナル発売日
2020年
商品の紹介
ホーネック&ピッツバーグ響
シリーズ第10弾!
チャイコフスキー第4番&レシュノフの二重協奏曲

長年高音質レーベルとして高い評価を得ているREFERENCE RECORDINGS。そしてREFERENCE RECORDINGSはもちろん、PENTATONE,BIS,など録音に定評のある数々のレーベルの録音を40年以上に渡って担当しているsound mirror社がタッグを組んだ大好評「ピッツバーグ・ライヴ!」シリーズ。
シリーズ第10弾は、チャイコフスキー交響曲第4番。第6番「悲愴」(FR.720SACD/KKC.5697)でも圧倒的な演奏を聴かせてくれただけに期待が高まります。交響曲第4番を作曲していた頃、チャイコフスキーは「白鳥の湖」の失敗や望まない結婚など、作曲家としても人生でも激動期でありました。それを支えたのは、経済的な支援を行ったメック未亡人や友人たちであり、この作品の楽譜には「我が最高の友人たちへ」という献辞が書かれています。第1楽章冒頭、壮大なファンファーレで開始されます。金管の名手揃いのピッツバーグ響ですが、ホーネックは意外にも抑え気味に鳴らします。その後の弦も丁寧に描き、第2楽章の端正なオーボエ、木管群の多彩な描写力は見事。第3楽章では、弦のピチカート、オーボエの民族風の旋律、そしてトランペットの行進曲など、ホーネックらしい勢いとリズム感で進み、第4楽章ではクライマックスまで一気に駆け抜けます。また、sound mirror社の高品位な録音で、金管の厚みのある響きや、弦の艶と華やかさを巧みにとらえています。
ピッツバーグ響の二人の名手による見事な演奏で披露された、カップリングのジョナサン・レシュノフのクラリネットとファゴットのための二重協奏曲は、ピッツバーグ響による委嘱作品。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/06/01)
One salutary aspect of the tendency of orchestras, especially American and British ones, to issue their live concerts on recordings is that standout performances tend to be picked. The performance here of the Tchaikovsky Symphony No. 4 in F minor, Op. 36, was recorded in 2016, but it clearly stuck in some heads and was identified as a worthwhile moment (the Double Concerto by Jonathan Leshnoff was recorded three years later; this live album doesnt represent a single concert). It is indeed special: the Symphony No. 4 has rarely received such an intense performance. Its not the speed; conductor Manfred Honeck comes in a minute slower than Mariss Jansons on the first movement of his Oslo Philharmonic recording, but there is still a feeling of urgency, amplified by slight changes to the score that Honeck details in his expansive liner notes (available on the Chandos labels website for downloaders and streamers) and by a general high-contrast approach to dynamics. Listeners will have to make their own decisions about these, but its quite arguable that Honeck does nothing that a conductor of the late 19th or early 20th century might have also considered. The Pittsburgh Symphony is in fine form in the symphonys thrilling brass passages and in the all-pizzicato strings of the third movement. The accompanying Double Concerto for clarinet and bassoon by Leshnoff is also a pleasure: a neo-Romantic work agreeably written and elegantly performed by soloists Michael Rusinek and Nancy Goeres. The live engineering in the acoustically difficult Tchaikovsky, from Pittsburghs Heinz Hall, is very fine.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:01:05

【曲目】
チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調Op.36(I:18'55,II:10'15,III:5'33,IV:8'47)
ジョナサン・レシュノフ(1973-):二重協奏曲(クラリネットとファゴットのための)*(I:6'50,II:2'45,III:7'55)

【演奏】
ピッツバーグ交響楽団
マンフレート・ホーネック(指揮)
ナンシー・ゴーズ(ファゴット)*
マイケル・ルシネク(クラリネット)*

【録音】
2016年5月6-8日(チャイコフスキー)、2019年6月6-9日(レシュノフ)、ハインツホール、ピッツバーグ(ライヴ)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
      • 1.
        Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36~1. Andante sostenuto - Moderato con anima
      • 2.
        Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36~2. Andantino in modo di canzona
      • 3.
        Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36~3. Scherzo: Pizzicato ostinato - Allegro
      • 4.
        Symphony No. 4 in F Minor, Op. 36~4. Finale: Allegro con fuoco
      • 5.
        Double Concerto for Clarinet and Bassoon~1.
      • 6.
        Double Concerto for Clarinet and Bassoon~2
      • 7.
        Double Concerto for Clarinet and Bassoon~3.
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
21pt
販売価格(税込)
¥ 3,179
¥ 795(25%)オフ
¥ 2,384
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加