ショッピングカート
クラシック
CD
ビゼー: 歌劇「カルメン」 [2CD+Blu-ray Audio]
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

3

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

ボックス

発売日

2020年06月09日

規格品番

4838570

レーベル

DG Deutsche Grammophon

SKU

028948385706

作品の情報
メイン
その他
オリジナル発売日
1978年
商品の紹介
ドラマティックで色鮮やかな指揮による人気オペラの名演
《クラウディオ・アバド~ビゼー:歌劇『カルメン』》

クラウディオ・アバドのドラマティックで色鮮やかな『カルメン』。スペインのメッゾ・ソプラノ、テレサ・ベルガンサを主役に迎え、プラシド・ドミンゴ、イレアナ・コトルバス、シェリル・ミルンズといった錚々たる歌手が熱演を繰り広げています。


オリジナル・アナログ・マスターよりEmil Berliner Studiosにて24bit/192kHzでリマスタリングされ、ブルーレイ・オーディオ付きで発売されます。キャップBOX仕様。2CD+BDAセット。ライナーノーツ(英語、ドイツ語)掲載のブックレット(128ページ)付き。
ユニバーサル・ミュージック/IMS
発売・販売元 提供資料 (2020/05/14)
This 1977 recording of Carmen was based on a production from the Edinburgh Festival and includes most of the cast from that production with the exception of Ileana Cotrubas as Micaela and Sherrill Milnes as Escamillo. Claudio Abbado conducts the London Symphony Orchestra, which plays with crisp precision and vitality. The evaluation of any performance of Carmen is complicated by the variety of editions available, the primary ones being the traditional version that uses recitatives set to music by Ernst Guiraud after the composer's death and the 1964 Fritz Oeser edition that uses the original spoken recitatives, but that reintroduces music Bizet discarded before the premiere. Most conductors using the spoken dialogue omit some or all of the discarded music, but Abbado includes it, and the result feels choppy and uneven, particularly in the first act. That effect is exacerbated by Abbado's performance. His tempos are frequently eccentrically slow or fast, without any apparent rationale, and he doesn't convey a convincing dramatic through-line or the sense of inevitable musical momentum that drives the opera. There are many effective moments, some lovely and some thrilling, but they don't add up to a convincing whole. That being said, the performances of the principals are often exceptional. Teresa Berganza's sultry, believably natural Carmen is beautifully nuanced, dramatically riveting, and musically ravishing. Placido Domingo is a troubled, powerful Don Jose (pronounced here the Spanish rather than the French way) and his singing is lyrically intense. Cotrubas gives Micaela exceptional warmth, even sensuality, and makes her a more interesting character than is usual. As Escamillo, Milnes is the least effective of the principals, sounding somewhat boomy and stiff. The sound alternates between the cavernous and the distant sides of an ideal ambience, and there is sometimes intentional but distracting crowd chatter under the spoken dialogue. In spite of the album's drawbacks, Berganza's vivid performance makes this a recording that should interest fans of the opera.
Rovi
収録内容

構成数 | 3枚

エディション | Remaster

【曲目】
《CD 1-2》《BDA》
ビゼー:歌劇『カルメン』全曲

【演奏】
カルメン…テレサ・ベルガンサ(メッゾ・ソプラノ)
ドン・ホセ…プラシド・ドミンゴ(テノール)
ミカエラ…イレアナ・コトルバス(ソプラノ)
エスカミーリョ…シェリル・ミルンズ(バリトン)
モラレス…スチュアート・ハーリング(バリトン)
スニーガ…ロバート・ロイド(バス)
メルセデス…アリシア・ナフェ(メッゾ・ソプラノ)
フラスキータ…イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ)
ダンカイロ…ゴードン・サンディソン(バリトン)
レメンダート…ジェフリー・ポグソン(テノール)
アンドレス…ジャン・レネ(テノール)
ジプシー…レスリー・ファイソン(バリトン)

アンブロジアン・シンガーズ、ジョージ・ワトソンズ・カレッジ・ボーイズ・コーラス
クラウディオ・アバド(指揮)ロンドン交響楽団

【録音】
1977年9月、ロンドン、セント・ジョンズ教会
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
    • 3.
      [Blu-ray Audio]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/06/23

以前よりアバド氏の演奏は素直(癖が少ない)、よく歌う、流れがスムースと思っていた。加えてこのカルメンでは全編に亘る氏の統率力を感じる。カルメンの演奏に何を求めるかによるがこれは大変立派なものだ。

ニュース & 記事
還元ポイント
24pt
販売価格(税込)
¥ 3,399
¥ 680(20%)オフ
¥ 2,719
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加