ショッピングカート
クラシック
CD
マーリー、ヘルビッヒ、ロン: チェロ協奏曲《三大陸》、ショスタコーヴィチ: チェロ協奏曲第2番
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年06月19日

規格品番

19439774942

レーベル

Sony Classical

SKU

194397749427

商品の紹介
2019年のドレスデン音楽祭で大きな話題を撒いた、3人の作曲家による合作チェロ協奏曲《三大陸》世界初録音が実現。ショスタコーヴィチはゲルギエフ/マリインスキーとの共演!

ドイツを代表する円熟のチェリスト、ヤン・フォーグラーの最新アルバムは、彼が2018年からインテンダントを務めるドレスデン音楽祭での録音による2曲のチェロ協奏曲を収録しています。
まずその1曲は、ニコ・マーリー(1981-)、スヴェン・ヘルビッヒ(1968-)、周龍(ジョウ・ロン、1953-)が一つずつ楽章を作曲し合作されたチェロ協奏曲《三大陸》の世界初録音。この作品は、タイトルの通り3つの異なる大陸(アメリカ、ドイツ、中国)を意味し、3つの異なる世代の3人の作曲家の多様な個性を一つに盛り込んだ話題作で、各楽章はそれぞれが全く異なる様式や書法で書かれています。ニコ・マーリーが担当した第1楽章は、巨大な編成のオーケストラを使用した音彩豊かなサウンドが特徴的ですが、チェロ協奏曲といってもソリストにスポットライトを当てるのではなく、いわばバロック時代の合奏協奏曲のようにチェロを全体のテクスチャの一部としているのが興味深い点です。スヴェン・ヘルビッヒが担当した第2楽章は「アリア」と題された緩徐楽章で、チェロの持つ「美しく歌う楽器」としての特質をクローズアップしています。周龍が作曲した活気ある終楽章は「ほろ酔い詩人」と題され、中国の楽器を思い起こすような色彩感溢れるエキゾティシズムが聴きもの。この1曲の中で、それぞれの国、もしくは大陸を婉曲的に、あるいは直接的に想起させるさまざまな音楽語法が対照・比較され、きわめて興味深い音楽体験を与えてくれる話題作といえましょう。当録音は2019年のドレスデン音楽祭で初演された際に収録されたものです。
カップリングはショスタコーヴィチのチェロ協奏曲第2番。ワレリー・ゲルギエフ指揮するマリインスキー劇場管弦楽団とともに録音されたもので「ヤン・フォーグラーはチェロで、幸福と情熱を歌う。しかも見事なまでに完璧なテクニックを用いて。彼は音楽と一体になり、その音楽に酔いしれ、まるでチェロと共に成長しているようだ」(rbb Kulturradio)と、非常に高い評価を受けたものです。
ソニー・ミュージック
発売・販売元 提供資料 (2020/05/15)
The individualism represented by the Western concert music tradition is nowhere better demonstrated than by the rarity of truly collaborative compositions. The F-A-E Sonata, in which Schumann and Brahms had a hand, and the collaborative works of Les Six head a very short list, and the three-composer Cello Concerto Three Continents heard here may be the first concerto of its type except for the troublesome example of the Yellow River Concerto from China. The work was commissioned by the Dresden Music Festival, and though the idea may seem gimmicky, it works surprisingly well. The three composers do indeed come from three continents: Nico Muhly is American, Sven Helbig German, and Zhou Long Chinese. All have connections to cellist Jan Vogler, who nimbly enters the world of each piece. The three movements fit together well: Longs finale, where the cello emulates a Chinese zither, is the right place for brisk national sounds, and Muhlys opening movement is, although the shortest, the most expansive, with complex, pointillistic orchestration, rendered with splendid clarity by the WDR Sinfonieorchester under Cristian Macelaru. Helbigs slow movement is a long-breathed Aria that shows Voglers songful tone at its best. The Shostakovich Cello Concerto No. 2, Op. 126, was recorded on a different occasion, with a different conductor (an uncharacteristically perfunctory Valery Gergiev) and orchestra, and although its unobjectionable, it feels something like an afterthought. However, the Three Continents Concerto is an interesting find that could easily have a life beyond the current performers.
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 01:02:23

【曲目】
1. ニコ・マーリー、スヴェン・ヘルビッヒ、周龍:チェロ協奏曲《三大陸》[世界初録音]
2. ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番ト長調Op.126

【演奏】
ヤン・フォーグラー(チェロ)
クリスティアン・マチェラル(指揮)WDR交響楽団[1]
ワレリー・ゲルギエフ(指揮)マリインスキー劇場管弦楽団[2]

【録音】
1. 2019年5月18日、ドレスデン、クルツゥーアパラスト、2. 2019年6月3日、ベルリン、コンツェルトハウス(いずれも2019年ドレスデン音楽祭に際してのレコーディング)
    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Concerto for Cello and Orchestra "Three Continents"~Cello Cycles
      • 2.
        Concerto for Cello and Orchestra "Three Continents"~Aria
      • 3.
        Concerto for Cello and Orchestra "Three Continents"~Tipsy Poet
      • 4.
        Concerto for Cello and Orchestra No. 2, Op. 126~Largo
      • 5.
        Concerto for Cello and Orchestra No. 2, Op. 126~Allegretto
      • 6.
        Concerto for Cello and Orchestra No. 2, Op. 126~Allegretto
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
16pt
販売価格(税込)
¥ 2,739
¥ 931(34%)オフ
¥ 1,808
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加