ショッピングカート
Jazz
CD
URBAN SOUL of DAVID SANBORN<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月30日

規格品番

WQCP-1612

レーベル

Rhino

SKU

4943674317936

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
タワーレコードが企画・選曲するフュージョン/AORの究極のベスト盤シリーズ"FUSION/AOR ARTISTRY SERIES"第4弾。
ソウルフルでエモーショナルなアルト・サックスの第一人者、デイヴィッド・サンボーンの生誕75周年ワーナー音源ベスト!
1975年の初ソロ作『テイキング・オフ』から1999年作『インサイド』までの24年間在籍した、ワーナー・ブラザーズ、エレクトラにのこされたオリジナル・アルバムより、まるで歌を歌っているかのようなメロディアスなフレージングからグルーヴィなビートにのったファンキーなプレイまで、一音聴いたらそれとわかる「これぞ、サンボーン節!」といえるナンバーをチョイス。
そこにシングルあるいはベスト盤のみに収録されたナンバー、ゲスト参加したカーリー・サイモン、マイケル・フランクス、チャカ・カーン、ランディ・クロフォードらのアルバムからのトラック、そしてソロ・デビュー前のポール・バターフィールド・ブルース・バンドの音源を加えた全31曲。
自身のメロウなオリジナル曲からビル・ウィザースや山下達郎他数々のカヴァー曲も満載のセレクション。
音源は24BITデジタル・リマスタリング音源使用。
発売・販売元 提供資料 (2020/06/15)
収録曲:
DISC1
01.ストレイト・トゥ・ザ・ハート
02.シカゴ・ソング
03.ワン・ハンドレッド・ウェイズ ※クインシー・ジョーンズのカヴァー
04.マイケル・フランクス/アントニオの歌(虹を綴って)<アントニオ・カルロス・ジョビンに捧ぐ>★
05.カーリー・サイモン/ユー・ビロング・トゥ・ミー★
06.カーリーへ捧ぐ
07.サヴァンナ
08.スプーキー
09.ハイラム・ブロック/アンジェリーナ★
10.ランディ・クロフォード/メランコリーの妙薬★ ※ビル・ラバウンティのカヴァー
11.バターファット
12.ホビーズ
13.ポール・バターフィールド・ブルース・バンド/バディーズ・アドヴァイス
14.ガット・トゥ・ギブ・イット・アップ ※マーヴィン・ゲイのカヴァー
15.さよならは悲しい言葉 ※グラディス・ナイト&ザ・ピップスのカヴァー
16.セダクション(愛のテーマ) ※映画『アメリカン・ジゴロ』愛のテーマ

DISC2
01.ドリーミング・ガール ※山下達郎のカヴァー、シングル発売およびベスト盤収録曲
02.ハイダウェイ
03.夢魔へ
04.チャカ・カーン/マンズ・ワールド・ウーマン★
05.リンダ・ロンシュタット/ウー・ベイビー・ベイビー★ ※スモーキー・ロビンソン&ザ・ミラクルズのカヴァー
06.スネイクス
07.スラム
08.エイント・ノー・サンシャイン(Feat.スティングon vocal) ※ビル・ウィザースのカヴァー
09.ミス・ユー
10.ランディ・クロフォード/ウィンドソング★ ※レオン・ラッセルのカヴァー
11.コーナーズ(ハービー・ハンコックに捧ぐ)
12.愛の約束
13.リサ ※『ハイダウェイ』(1980)収録曲セルフ・カヴァー
14.アル・ジャロウ/ソー・グッド★
15.ベニー
★他アーティストへのゲスト参加曲
発売・販売元 提供資料 (2020/06/15)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/08/03

またタワーレコードから、フュージュンファン待望の、優れたオムニバス盤が出た。言わずと知れたサンボーンの、ワーナー・レーベルでのセレクト集である。いち早く紹介したい衝動に駆られた。

どちらかと言えば、ビッグアーティストとの間奏ソロパートの素晴らしさで彼は知られているが、彼のリーダーアルバムの名曲とフィーチャリング曲の双方が入っている点が、本作の聴きどころである。

ライナーノートを書いているフュージョン通の工藤由美氏の文章には教えられるところが多かった。サンボーンが若かりし頃、セントルイスの黒人ブルースのクラブに入り浸り、音感を鍛えていたことは知らなかった。確かに彼のメロディはブルース調だが、どこか垢抜けている。少し半音高いような音程が多い。でも、そこに彼の音楽の背骨があったことは、私には新鮮な指摘だった。あの甘く切ない、琴線に触れるソロは、やはりブルースにあったのだ。そのことを踏まえて聴くと、本作の価値はより高まるだろう。

選曲の馬場雅之氏は、なるほど心憎い選曲をしている。サンボーン自身の名曲プラス、他のアーティストとの共演曲も随所に挿入する事で、うまいバランスをとった。もちろん、どうしてあの曲が無いんだという反発は、聴く人それぞれあるだろうが、それもまたファンの刺激を与えるに違いない。70年代80年代の懐かしいポップスのヒット曲からの選曲もあり、往年のファンには嬉しいところ。

8月には、さらにレーベルを広げたオムニバスも出るというから、ここ当分、日本中のサンボーン・ファンは眠れない日が続くだろう。

否、意中の異性を口説くためのBGMとして、彼の演奏はますます再評価されることであろう。このエロティックな音色にフォールインしない人はまずいない。

ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,200
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加