ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
シューマン: 交響曲第1番「春」、第4番 (1841年初稿)
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年08月20日

規格品番

MYR028

レーベル

Myrios Classics

SKU

4260183510284

商品の紹介
目から鱗!
シューマンの交響曲が全く新しいイメージに生まれ変わった!!
ロト&ギュルツェニヒの新たな挑戦

今や世界中で評判となっている指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト。ロトとケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団は、これまでに同オーケストラが世界初演したマーラーの交響曲第3番(KKC.5999)と5番(KKC.5842)をリリースし、絶賛されています。同じコンビによる次なる挑戦はシューマンの交響曲。第1番「春」と第4番のカップリングで番号順ではないものの実はともに1841年の作。後者は10年後に大改訂して出版する際に「4番」となったことが知られています。

名作の最もオリジナルな形にこだわるロトは、もちろん第4番も初稿にて演奏。各楽章の表示がイタリア語(改訂版はドイツ語)で、音楽もかなり異なります。シューマンの作品はとかくオーケストレーションが問題となり、後世の人々が見通しを良くするように手を入れていますが、ロトは改訂版以上に音の重なった初稿から抜群のバランス感覚で独特な音響を引き出し、陰影のはっきりしたにごりのないセピア色の世界を絶妙に表しています。

ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団のシューマンといえばギュンター・ヴァントの名演が思い出されますが、ロトのテンポはヴァントに近く、同オーケストラの伝統を強く感じさせます。リズム感と推進力はロトならではで、両曲のフィナーレなどぐいぐい引き込まれます。新しいシューマンの交響曲名盤の誕生と申せましょう。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/07/09)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:55:13

【曲目】
シューマン:
(1)交響曲第1番変ロ長調Op.38「春」
(2)交響曲第4番ニ短調Op.120(1841年初稿)

【演奏】
フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)
ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団

【録音】
2018年12月16-18日(2)、2019年6月16-18日(1)/ケルン・フィルハーモニー(ライヴ)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
      • 1.
        Symphony No. 1 in B-flat major, Op. 38~I. Andante un poco maestoso - Allegro molto vivace
      • 2.
        Symphony No. 1 in B-flat major, Op. 38~II. Larghetto
      • 3.
        Symphony No. 1 in B-flat major, Op. 38~III. Scherzo. Molto vivace
      • 4.
        Symphony No. 1 in B-flat major, Op. 38~IV. Allegro animato e grazioso
      • 5.
        Symphony No. 4 in D minor, Op. 120~I. Andante con moto - Allegro di molto
      • 6.
        Symphony No. 4 in D minor, Op. 120~II. Romanza: Andante
      • 7.
        Symphony No. 4 in D minor, Op. 120~III. Scherzo: Presto
      • 8.
        Symphony No. 4 in D minor, Op. 120~IV. Largo - Finale: Allegro vivace
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
22pt
販売価格(税込)
¥ 3,179
¥ 731(23%)オフ
¥ 2,448
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加