ショッピングカート
クラシック
Blu-ray Disc
ヘンツェ: 歌劇《ホンブルクの公子》
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

Blu-ray Disc

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年09月24日

規格品番

NBD0115V

レーベル

Naxos

SKU

4589538758646

スペック

収録時間:114分
ドイツ語歌唱
字幕:日本語・英語・ドイツ語・韓国語
映像:16/9 NTSC All Region 片面2層 1080i High Definition
音声:LPCM 2.0

商品の紹介
現代オペラの古典ともいえるヘンツェの『ホンブルクの公子』はハインリヒ・フォン・クライストの戯曲による全3幕の作品で、個人の自由と国家の法との間の矛盾という今日にも通じる重いテーマを扱っています。ヘンツェは「私の音楽と結合することで何か新しいものを生み出すことができる言葉、つまり私の音楽が求めていた言葉を探していた時に、友人のクライストによる"ホンブルクの公子"にたどり着いた。彼をおいて他に誰があれほどのリブレットを書くことができただろう。[中略]個人の生活とレゾン・デタ(国家利益の優先)の間の軋轢、法の無視と秩序の問題、支配者の権力の前に恐れ戦きつつそれに抵抗する人間の勇気―これらは、すべて今日でも起こり得ることであり、千年か二千年前にも起こり得たことだろう。[中略]ここ数年の私の多くの努力は、このドラマを通して新しい地平、つまり自由に選択された厳格さの併用による新しいポリフォニーに到達した」と述べています。
シュテファン・キミッヒによるシンプルで奇抜な舞台に、現代物を得意とする実力派の歌手たちを配し、2018年からシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督に就任したコルネリウス・マイスターの明快なタクトに導かれたシャープな演奏が出色です。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2020/08/13)
現代オペラの古典ともいえるヘンツェの『ホンブルクの公子』はハインリヒ・フォン・クライストの戯曲による全3幕の作品で、個人の自由と国家の法との間の矛盾という今日にも通じる重いテーマを扱っています。シュテファン・キミッヒによるシンプルで奇抜な舞台に、現代物を得意とする実力派の歌手たちを配し、2018年からシュトゥットガルト州立歌劇場の音楽監督に就任したコルネリウス・マイスターの明快なタクトに導かれたシャープな演奏が出色です。 (C)RS
JMD (2020/08/15)
収録内容

構成数 | 1枚

録音 | ステレオ (---)

【曲目】
ヘンツェ:歌劇《ホンブルクの公子》全3幕 (1960/1991改訂)
インゲボルク・バッハマン 台本
原作:ハインリヒ・フォン・クライストの戯曲

【演奏】
フリードリヒ・ヴィルヘルム:ブランデンブルク選帝侯…シュテファン・マルギタ(テノール)
その妻…ヘレーネ・シュナイダーマン(メゾ・ソプラノ)
オラニエ公女ナターリエ:フリードリヒの姪…ヴェラ=ロッテ・ベッカー(ソプラノ)
ホンブルクの公子フリードリヒ・アルトゥール…ロビン・アダムス(バリトン)
デルフリンク陸軍元帥…ミヒャエル・エベッケ(バリトン)
コトヴィッツ大佐…フリーデマン・レーリヒ(バス)
ホーエンツォレルン伯爵…モーリッツ・カレンベルク(テノール)

コルネリウス・マイスター(指揮)
シュトゥットガルト州立歌劇場管弦楽団

演出:シュテファン・キミッヒ
装置:カティア・ハス:装置
衣装:アニャ・ラベス:衣装

ビデオ・デザイナー:レベッカ・リーデル
照明:ラインハルト・トラウプ
ドラマトゥルギー:ミロン・ハーケンベック

ビデオ・ディレクター:アンディ・ゾンマー

【収録】
2019年3月20,22日 シュトゥットガルト州立歌劇場
    • 1.
      [Blu-ray Disc]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
27pt
販売価格(税込)
¥ 3,619
¥ 543(15%)オフ
¥ 3,076
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加