ショッピングカート
クラシック
CD
モーツァルト: 歌劇《ドン・ジョヴァンニ》全曲
★★★★★
★★★★★
3.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
開催期間: 【オンラインショップ】 10月23日(金)9:00~ 10月25日(日)23:59まで 【店舗】 各店10月23日(金)開店~ 10月25日(日)閉店まで オンラインショップでは期間中のご注文商品(予約含む)、店舗では期間中にお買い上げの商品を対象にポイント10%還元![※詳しくはキャンペーン・ページでご確認ください]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

3

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2020年11月20日

規格品番

KKC4236

レーベル

King International

SKU

4909346023260

商品の紹介
巨匠、本領発揮!
まさにデモーニッシュな「地獄落ち」シーン!
かつてない優良音質CDで
フルトヴェングラーの名演よみがえる!

巨匠がザルツブルク音楽祭で遺したモーツァルト3大オペラ。このなかでもっとも評価が高いのが《ドン・ジョヴァンニ》。50年盤(ゴッビ、シュヴァルツコップの共演)、53年盤(騎士長以外は54年盤と同じ)、本54年盤、54年映画(シュヴァルツコップがデラ・カーザに交代)と4種のこされた音源のうち、もっとも歌手が揃っていて、音質も最高の54年盤の登場!巨匠は冒頭の序曲から、ゆったりとしたテンポで、低弦を深く響かせ、ただならぬ雰囲気を漂わせています。最高の当たり役シエピのドン・ジョヴァンニ、棄てられた女のデリケートな心理を表現したシュヴァルツコップのエルヴィーラ、ふたりの丁々発止の共演は今なお最高の聴きもの。「カタログの歌」、「シャンパンの歌」、「セレナード(窓辺に来ておくれ)」、「薬屋の歌」など名アリアの名唱、舞踏会での饗宴の音楽が続いたあと、一転してクライマックスは地獄落ちのシーン!あまりにも有名、まさに圧巻、デモーニッシュな迫力で圧倒してやみません。

「ブリジット・プロフィが指摘したとおり、ダンスのいくつか、とくに有名なメヌエットには、説明しがたい、確かに不気味な一面がある。このオペラのあとの部分は、予想されるとおり、一本の巨大なアーチとなって、饗宴の音楽と最終場面の石像の入りに通じている。ここでフルトヴェングラーの考え方はシンフォニックとなる。彼は石像の入りのトロンボーンの恐ろしい音楽を、つづくドン・ジョヴァンニとの二重唱から切り離さない。統合は完全で、最後のヴォードヴィルによってようやく破れるが、それだけにこれは際立った対照を作り上げる結果を生んでいる。」『レコードのフルトヴェングラー』ピーター・ピリー著、横山一雄訳、音楽之友社刊、1983年)(本書では巻末のディスコグラフィーに、下記のキング盤GT-7089/92を紹介しています)

端緒となったLPは米モルガンレコード、米ワルター協会についで発売された伊チェトラ盤(LO-7)。ミラノ、ディスコス制作のこの音源をキングレコード(セブンシーズ・レーベル)は1980年に国内発売しました(GT-7089/92)。4年後(84年)チェトラは「フルトヴェングラー・エディション」シリーズを立ち上げ再発売(FE-23)、キングではK19C-9393/6で再発売しております。しかし、CD化は他社に先を越され、マスターテープはキングレコードの倉庫に眠ってまま。今回、このアナログテープ(2トラック、38cm/秒)から、キング関口台スタジオで40年ぶりにデジタル・マスタリング&初CD化!

音質は先に発売した《魔笛》(KKC4230/2)、《フィガロの結婚》(KKC4233/5)と比べてもさらに鮮明かつ明瞭!デジタル臭(金属的な響き)のしない自然な質感!かつてない優良音質CDといっても過言ではありません。ただひとつ残念なことに、終幕フィナーレの六重唱(と最後の拍手まで計6分)は原盤損傷のため、前年の録音(1953年7月27日ザルツブルク)で補完されていますが、指揮者も歌手もオーケストラも会場も共通しており、違和感はありません。
ブックレットは日本語解説(浅里公三氏のライナーノーツ)付。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/09/30)
収録内容

構成数 | 3枚

【曲目】
モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(全曲) K.527(全2幕)

【演奏】
チェーザレ・シエピ(バス:ドン・ジョヴァンニ)、
エリーザベト・グリュンマー(ソプラノ:ドンナ・アンナ)、
エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ:ドンナ・エルヴィーラ)、
アントン・デルモータ(テノール:ドン・オッターヴィオ)、
オットー・エーデルマン(バス:レポレッロ)、
エルナ・ベルガー(ソプラノ:ツェルリーナ)、ワルター・ベリー(バス:マゼット)、
デジュー・エルンスター(バス:騎士長)
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、
ウィーン国立歌劇場合唱団
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(指揮)

【録音】
1954年8月3日、フェルゼンライトシューレ、ザルツブルク(ライヴ)
注:終幕フィナーレの六重唱(と最後の拍手まで計6分間)は原盤損傷のため、前年の録音(1953年7月27日ザルツブルク)で補完。

音源提供:DISCOS, Milano
旧国内発売LP:セブンシーズGT-7089/92(1980.2.21) (オリジナルLPはチェトラLO-7)
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
    • 3.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
3.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/10/06

企画意図が不透明な商品だ。なぜ今になって改めて「終幕フィナーレの六重唱が原盤損傷のため、前年の録音(1953年7月27日ザルツブルク)で補完されて」いる商品を出すのだろうか? キングレコード(セブンシーズレーベル)では、すでに2004年に、日本フルトヴェングラー協会からの音源提供を受けて、終曲フィナーレを含む借用なしの完全全曲盤CDを発売し、今も現役盤として通用している。音質だって悪くはない。ところが、今回、そのことには一切触れずに、何やら画期的な商品を発売するかのように宣伝している。大いに疑問を感じざるを得ない。演奏そのものに対する評価は★4つだが、発売意図の不明確さまで含めて★3つとしたい。 ちなみに、商品紹介で「デモーニッシュ」などと書かれているが、それを求めるなら、音質面を含め、ブルーノ・ワルター指揮メトロポリタン・オペラの1942年のライブ演奏がベストであり、フルトヴェングラーの演奏は残念ながらそこまでデモーニッシュではない。むしろ最晩年の抑制の効いた完成度の高い演奏というべきものだ。

ニュース & 記事
ポイント10倍
306pt
販売価格(税込)
¥ 4,499
¥ 1,125(25%)オフ
¥ 3,374
取扱中
予約受付中
発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

76 店舗で受け取りが可能です
店舗で予約