ショッピングカート
Jazz
CD
Bud Powell In The 21st Century
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年02月20日

規格品番

SSC1619

レーベル

SunnySide

SKU

016728161923

作品の情報
メイン
アーティスト
ゲスト
アーティスト
オリジナル発売日
2021年
商品の紹介
バッド・プラスを離れたイーサン・アイバーソンがバド・パウエルの世界をラージ・アンサンブルで描いた注目作!
イングリッド・ジェンセン、ダイナ・ステファンスらとの豪華クインテット+イタリア人アーティストの共演。ウンブリア・ジャズ・フェスティヴァルでのライヴ録音。

現代屈指のピアニスト、イーサン・アイヴァーソンがラージ・アンサンブルで描くバド・パウエル・トリビュート作品。

バッド・プラスのファウンダー・メンバーとしてジャズの新しい地平を切り拓くと同時に、歴史を重んじる研究者的な存在でもあるイーサン・アイヴァーソンは、"伝統" と"革新"、双方をつなぎ合わせ、表現するアーティスト。そしてバッド・プラスを離れてからは、Monk@100 のキュレーションや、デューク大学でのモンク生誕100周年記念イベント、アメリカン・コンポーザーズ・オーケストラのためのピアノ協奏曲など活動フィールドを拡張している。
本作は、イタリアのウンブリア・ジャズ・フェスティバルから委託を受けたプロジェクト。Blue Noteの録音を完全収録したMosaicボックス、またVerveの『The Genious of Bud Powell』を入口に人生を通してインスピレーションを受けて続けてきたバド・パウエル(ゆかり)の楽曲を選曲して、アレンジ、演奏するとともに、パウエルのソロ・フレーズなどからインスパイアされたオリジナル・コンポジション7曲も織り交ぜた16曲を収録している。

バド・パウエルの楽曲を傷つけることなく、描きたいという思いを抱いたアイバーソンは、ソニー・ロリンズ、ファッツ・ナヴァロ、トミー・ポッター、ロイ・ヘインズと共演した1949年のクインテットによるセッション演奏をもとに、4つの楽曲「Bouncing with Bud」「Dance of The Indels」「Wail」そして同セッションで演奏されたセロニアス・モンクの楽曲「52nd Street」をセレクト。ダイナ・ステファンス、イングリッド・ジェンセン、ベン・ストリート、ルイス・ナッシュをフィーチャーして再現するほか、パウエルの音楽の重要な核となったハーモニー、またメロディのアイデアをもとにアンサンブル・パートをアレンジ。楽曲がもともと持っているブルージーでファンキーなサウンドとともに、どこか危ういムードもにじませる。
21世紀のバド・パウエルと題する通り、作品全体は、ビッグ・バンドのダイナミズムを生かしながら絶妙に現代的でスタイリッシュ。

ピアニストとしてのみならず、アレンジャーとしての才能もみせるアイバーソンの注目作。録音は、2018年12月29-31日ウンブリア・ジャズ・ウィンターでのライヴ録音。
発売・販売元 提供資料 (2021/01/07)
A vibrant big band production, Bud Powell in the 21st Century finds pianist Ethan Iverson in joyous celebration of the legendary bebop pianist with Italys Umbria Jazz Orchestra. One of the prime architects of bebop and modern jazz, Powell lived a troubled life and his musical contributions are often overshadowed by the addiction, racial prejudice, and mental illness he suffered. A boundary-pushing artist in his own right, Iverson shines a light on Powells music, reinterpreting many of the pianists classic compositions, as well as drawing inspiration for his own inventive originals. Although best known for his work as a founding member of the genre-bending trio the Bad Plus, Iverson is also well-versed in the acoustic jazz tradition and has collaborated on projects with many of his idols, including Billy Hart, Ron Carter, and Albert Tootie Heath. Since parting ways with the Bad Plus in 2017, Iverson has continued to delve into his love of acoustic post-bop, recording albums with Mark Turner and Tom Harrell, all of which reinforces his reputation as an improviser with one ear in the past and one firmly attuned to jazzs future. Its just this sort of balance he strikes on Bud Powell in the 21st Century. Interestingly, although Iverson designed the album as a big band session, he drew his primary inspiration from Powells classic 1949 small-group recordings featuring saxophonist Sonny Rollins, trumpeter Fats Navarro, bassist Tommy Potter, and drummer Roy Haynes. To help him achieve this sound, he put together his own adept quintet with trumpeter Ingrid Jensen, saxophonist Dayna Stephens, bassist Ben Street, and drummer Lewis Nash. Together, they bring their adventurous and progressive skills to bear throughout. At the top of the album is a two-part Iverson composition, Bud Powell in the 21st Century 1: Chorale and Bud Powell in the 21st Century 2: Continuity. Harmonically lush arrangements, these songs, as with much of Iversons work here, strike a balance between the acoustic modernism of artists like Dizzy Gillespie in the 40s and the more avant-garde approach of artists like Charlie Haden in the 70s. Its a bold combination and one that allows Iverson to mix lyrical harmonies with extended sections of probing, avant-garde vamp-style improvisations. What follows are equally vivid takes on such Powell standards as Bouncing with Bud, Dance of the Infidels, and Wail, as well as an exceptionally burning rendition of Thelonious Monks 52nd Street Theme. Particularly engaging is Nobile Paradiso, a languid Iverson original that conjures the smoky, urbane jazz clubs of the 1940s in which Powell and his bebop contemporaries developed their sound. While its almost taken for granted that Powells music was key in the development of modern jazz, it still sounds ear-poppingly fresh, especially when played with the passion and inspiration that Iverson does here. ~ Matt Collar
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:59:47

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Bud Powell In The 21st Century, Part 1: Chorale
      • 2.
        Bud Powell In The 21st Century, Part 2: Continuity
      • 3.
        Celia
      • 4.
        Tempus Fugit
      • 5.
        Five Simple Spells: I. Chorale
      • 6.
        Bouncing with Bud
      • 7.
        Five simple Spells: II. Waltz
      • 8.
        Wail
      • 9.
        Five Simple Spells: III. Chorale
      • 10.
        Dance of The Infidels
      • 11.
        Five Simple Spells: IV. Moderato
      • 12.
        52nd Street Theme
      • 13.
        Five Simple Spells: V. Ballad
      • 14.
        I'll Keep Loving You
      • 15.
        Nobile Paradiso
      • 16.
        Un Poco Loco
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
20pt
販売価格(税込)
¥ 2,519
¥ 252(10%)オフ
¥ 2,267
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加