ショッピングカート
クラシック
CD
バルトーク: ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック国内盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

-

発売日

2021年03月05日

規格品番

TMNI20003

レーベル

Nimbus x Tower Records

SKU

4947182115138

商品の説明

※英本国における最新リマスタリング。マスタリングエンジニア:マイク・クレメンツ(Nimbus Records)
※マスターに起因するノイズや一部ドロップアウト、編集が存在します。予めご了承ください
※通常ジュエルパッケージ仕様
※日本語コメント:板倉重雄(日本語帯裏に掲載)

作品の情報
メイン
その他
商品の紹介
ウィーン・フィルのコンサートマスターとして人気を誇ったゲルハルト・ヘッツェル。
不慮の死の前年に録音された、バロック音楽以外では唯一の協奏曲セッション録音。
英本国、Nimbusレーベルのエンジニアによる最新リマスタリングで復活!

昨年、生誕80年を迎えたウィーン・フィルの名物コンサートマスターだったゲルハルト・ヘッツェル(1940~1992)による貴重な協奏曲録音です。ユーゴスラビア出身で、12歳よりルツェルンでシュナイダーハンに師事した彼は、1963年よりベルリン放送交響楽団のコンサートマスターを務めた後、1969年にウィーン・フィルに入団し、1971年からボスコフスキーの後任として第1コンサートマスターに就任しました。以来、20年に渡ってウィーン・フィルの顔として活躍しましたが、その絶頂期の登山中の死は多くのファンを悲しませました。死の前年に録音されたこのバルトークは、バロック音楽以外では唯一の協奏曲セッション録音であり、かつそのユニークな解釈により唯一無二の価値をもつものです。両曲ともハンガリーの民族色は純音楽的に昇華され、グロテスクなものも排除され、極めて洗練された抒情的で美しい音楽を鳴り響かせています。指揮のアダム・フィッシャーも決して楽器を絶叫させることなく、柔らかくブレンドした響きでソリストを包み込み、この名演の大きな力となっています。
今回の復刻ではオリジナルの録音を余すことなく再現すべく、最新でNimbusレーベルのエンジニアであるマイク・クレメンツ氏により最新でリマスタリングを行いました。Nimbus Recordsは元々、音質に関しても一定以上のクオリティと高い意識を持っており、これまでCDでリリースされたものに関しても、フォーマットにとって最適なクオリティが維持されているとの判断から、これまで一度も再マスタリングを行ったことはありませんでした。今回、初期リリースから時間がかなり経過していることや、昨今の機材の進化も考慮に入れ、復刻にあたって最良の音質をお届けするという当社のリクエストを快諾していただきました。当CDでは、デジタルフォーマットは一律との認識を覆す音質を目指しています。また、輸入盤ですが帯の裏には新規で400-600字程度の日本語コメントを新規で掲載しています(ブックレットの日本語訳はありません)。
タワーレコード (2021/01/29)
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Remaster

【曲目】
ベーラ・バルトーク:
1. ヴァイオリン協奏曲第1番(遺作)
2. ヴァイオリン協奏曲第2番

【演奏】
ゲルハルト・ヘッツェル(ヴァイオリン)
ハンガリー国立交響楽団
アダム・フィッシャー(指揮)

【録音】
1991年10月3日-6日
ハイドンザール(アイゼンシュタット、オーストリア)

【原盤】
Nimbus Records
    • 1.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
19pt
販売価格(税込)
¥ 2,519
¥ 329(13%)オフ
¥ 2,190
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加