ショッピングカート
クラシック
SACDハイブリッド
ドヴォルザーク: 交響曲第7番、第8番、第9番「新世界より」、序曲「謝肉祭」、スラヴ舞曲集より第1番&第2番、他<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

SACDハイブリッド

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

デジパック

発売日

2021年03月26日

規格品番

TDSA-183

レーベル

TOWER RECORDS DEFINITION SERIES

SKU

4943674327768

商品の説明

※SACDハイブリッド盤。限定盤
※世界初SACD化
※豪華デジパック仕様
※2021年最新マスタリング音源使用(SACD層、CD層を個別にマスタリング)。マスタリング・エンジニア:藤田厚生氏
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(解説書に他のオリジナル・ジャケット・デザインも一部使用)
※解説:浅利公三氏(新規解説)、シルヴェストリのEMI録音(作曲家別アルファベット順)データ付(浅里公三編)、解説書合計16ページ

商品の紹介
各交響曲を別のオケで振り分けたシルヴェストリによる民族性溢れるドヴォルザーク録音が遂に世界初SACD化!
新規で本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitで新たにデジタル化。新規解説付

シルヴェストリが旧EMIレーベルに残した重要な音源である、ドヴォルザークの交響曲他を世界初SACD化で最新復刻。珍しく3つのオーケストラを振り分けながらも各曲それぞれに独自の民族性や興味深い音色を引き出すシルヴェストリの多彩な音楽性は、現代では失われた特質です。特に交響曲3曲は表情が素晴らしく、最新の高音質化により繊細なまでの表現が蘇りました。現況での最高音質を目指し、本国のオリジナル・アナログ・マスターテープから192kHz/24bitでデジタル化したマスターを用いてSACD層、CD層別々にマスタリング。新規解説付。永久保存盤です。
コンスタンティン・シルヴェストリ(1913-69)は母国ルーマニア時代の後、1956年にパリに移り住み翌年にはロンドンでデビュー、一躍指揮者として注目されました。前後してEMI(パテ・マルコニ)と契約し、モノラル末期からステレオ期にかけて録音を行っています。55歳という短い生涯の中でも晩年に音源が残っていることもあり、現代でもファンが多い指揮者です。その演奏の多くは個性的と評され、独特な音楽性は今聴いても興味に尽きません。中でも「新世界」の第1回目録音(1957年モノラル)は仏ADFディスク大賞を受賞し注目されました。この僅か2年後のステレオ録音である今回収録の1959年録音は、シルヴェストリの代表的な盤です。同じオケですぐ録音を行うというのはあまり例がなく、レコード会社の思惑が伺えますが、ストレートな表現は好感が持てる名演です。第7番はかのウィーン・フィルをドライヴしまくる指揮は圧巻で、ショルティとは違ったアプローチでねじ伏せている感があり、爽快とも言えるでしょう。第8番は比較的共演が多いロンドン・フィルで、品格を感じさせる表現は他の2曲と比較して興味深いです。それぞれ音色が異なるとは言え、シルヴェストリの音楽になっているのは面白い状況ですので、指揮者の魅力とは何かということも含め、今回の高音質化においては更にその差を感じられると思います。
今回、本国にあるオリジナルの2Chのアナログ・マスターテープから、192kHz/24bitでデジタル化を行ったフラットマスターを使用し最新でマスタリングを行っています。マスターは総じて整ったバランスであり、経年変化も少ない状態でした。そのため、極力オリジナルのバランスを重視し、音楽的な観点でのマスタリングを心掛けました。それにより楽器の距離感や奥行きなど見通しが良くなり、さらに定位が向上したことでストレスなく最上の演奏をお楽しみいただけます。尚、解説書には浅利公三氏による新規文章を掲載しました。
このシリーズでは、SACD層では伸びのある高域と柔らかなニュアンスと共に高い解像度と豊かな音場を、CD層はまとまったしっかりとした音と共に押し出される実在感ある音色を目指しています。CD自体のポテンシャルも高く、むしろ両方の良さを堪能できるSACDハイブリッド盤としてもお楽しみください。今回のDefinition Series第34弾は、計3タイトルを発売いたします。
タワーレコード (2021/03/03)
収録内容

構成数 | 2枚

エディション | Remaster

【曲目】
<DISC1>
1. アントニン・ドヴォルザーク:交響曲 第7番 ニ短調 作品70
2. 同:交響曲 第8番 ト長調 作品88

<DISC2>
3. 同:交響曲 第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」
4. 同:序曲「謝肉祭」 作品92
5. 同:スラヴ舞曲集 作品46より 第1番 ハ長調 & 第2番 ホ短調
6. ヨハネス・ブラームス:ハンガリア舞曲集 第5番 ト短調 & 第6番 ニ長調

【演奏】
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1)
ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 (2,4)
フランス放送国立管弦楽団 (3)
パリ音楽院管弦楽団 (5,6)
コンスタンティン・シルヴェストリ(指揮)

【録音】
22-23.II.1960,Musikvereinssaal,Vienna(1)
24-25.VI & 1.VII.1957,Kingsway Hall, London(2)
20-23.X.1959,(3), 1-2. II.1961,(5,6),Salle Wagram, Paris
2.VII.1958, Kingsway Hall, London(4)

【Original Recordings】
Producers:
Victor Olof(1), Peter Andry & Victor Olof(2,4), Norbert Gamsohn(3,5,6)
Balance engineers:
Francis Dillnutt(1), Robert Gooch(2,4), Paul Vavasseur(3,5,6)

【原盤レーベル】
Warner Classics(旧EMI音源)
    • 1.
      [SACDハイブリッド]
    • 2.
      [SACDハイブリッド]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2021/03/29

シルヴェストリの新世界は自分の中で、この曲のベストの一つです。しかしこれまで適切なCD化に恵まれず、オリジナルLPは高価。今回7,8番と共にSACD化され、この演奏の評価も更に上がることでしょう!次はぜひチャイコフスキーの後期交響曲集をお願いします!!

ニュース & 記事
還元ポイント
54pt
販売価格(税込)
¥ 5,940
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加