ショッピングカート
Country/Blues
LPレコード
In My Own Time (50th Anniversary Edition)
★★★★★
★★★★★
0.0

・こちらはフラゲ(発売日前日お届け)保証外の商品です

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

・入荷見込みがないことが確認された場合、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルさせていただきます

カントリー/ブルース輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2022年12月下旬

規格品番

LITA2001

レーベル

SKU

826853120012

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
1971年
商品の紹介
カレン・ダルトンが1971年に発表したアルバム「イン・マイ・オウン・タイム」が50周年記念盤として各種フォーマットでリリース!!

音楽界で最もミステリアスで謎めいたアーティストの一人であり、その影響力は不動のものとなっているカレン・ダルトン。彼女が1971年にリリースした2NDアルバムの50周年を記念して、新たにリマスターした2021年版を各種リリース。

オクラホマ育ちのカレン・ダルトン(1937-1993)は、バンジョーと12弦ギターをトレードマークに独特の世界観のあるヴォーカルにおいて同世代のアーティストとは一線を画したミュージシャンとえいます。60年代初頭、彼女はグリニッチ・ビレッジのフォーク・シーンを拠点に、伝統的なナンバーやブルースのスタンダード曲、ティム・ハーディン、フレッド・ニール、そして後に結婚することとなるリチャード・タッカーなど同時代のアーティストの曲をカバーして活動していました。

一瞬にして彼女のに魅了されたボブ・ディランは「一番好きな歌手はカレン・ダルトンだった、カレンはビリー・ホリデイのような声で、ジミー・リードのようなギターを弾いていたんだ」と『クロニクルズ』で語っています。

レコード業界での華々しい活動には興味もなく、ある種マイペースに活動していたカレンは、ステージ上においても観客との交流もなく、またスタジオでもレコーディングの過程を好んでおらず・・・結果1969年のデビュー作『IT'S SO HARD TO TELL WHO'S GOING TO LOVE YOU THE BEST』は、リハーサルと思わせつつこっそりと録音が進んでいったのだとか。

ウッドストックの共同プロモーターであるマイケル・ラングが続編のレコーディングを持ちかけたときも、これまでカバーを中心として演奏してきた彼女にとって、自身の言葉で、そして自身の時間を使って作らなければならないことに気が進まなかったようで、結果、ニューヨーク州ウッドストックのベアズヴィル・スタジオで6カ月間のレコーディングを行うことになります。(1/2)
発売・販売元 提供資料 (2022/04/13)
アルバムのプロデュースを担当したのは、1STアルバムで一緒に演奏したベーシストのハービー・ブルックス。「シンプルで堅実、そして協力的」を自負するブルックスは、カレンのプロセスを理解しながらも、優しく励ましつつ彼女の創造性の限界に挑戦していきます。

自作曲をほとんど演奏しないカレンは、"Katie Cruel"や"Same Old Man"などの伝統曲から、ポール・バターフィールドの"In My Own Dream"、リチャード・タッカーの"Are You Leaving For The Country"まで、さまざまな曲を選んで演奏しました。また、"When a Man Loves a Woman"や"How Sweet It Is"といったR&Bのヒット曲を取り入れるなど、典型的なレパートリーを増やしています。前作とは打って変わって、才能あるスタジオ・ミュージシャンを多数起用し、よりポップで充実したアレンジになっているのが特徴的です。

すべての音声はデイブ・クーリーによって新たにリマスターされ、ラッカーはエリシアン・マスターズのフィル・ロドリゲスによってカットされています。

貴重な写真、ミュージシャンでありライターでもあるレニー・ケイのライナーノーツ、ニック・ケイヴとデヴェンドラ・バンハートの寄稿を含む、新しいブックレットが付属しています。(2/2)

1-10: Originally released as Just Sunshine - PAS 6008, 1971
発売・販売元 提供資料 (2022/04/13)
In My Own Time is the second and last album the mercurial singer Karen Dalton ever cut. Following It's So Hard to Tell Who's Going to Love You the Best, producers Michael Lang and Harvey Brooks (Dalton's longtime friend and the bassist on both her records) did something decidedly different on In My Own Time (titled after the slow process of getting the album done -- in Dalton's relaxed and idiosyncratic manner of recording), and the result is a more polished effort than her cozy, somewhat more raw debut. This time out, Dalton had no trouble doing multiple takes, though the one chosen wasn't always the most flawless, but the most honest in terms of the song and its feel. The album was recorded at Bearsville up in Woodstock, and the session players were a decidedly more professional bunch than her Tinker Street Cafe friends who had appeared on her first effort. Amos Garrett is here, as is Bill Keith on steel, pianist John Simon, guitarist John Hall, pianist Richard Bell, and others, including a star horn section that Brooks added later. If Lang was listed as producer, it was Brooks who acted as the session boss, which included a lot of caretaking when it came to Dalton -- who began recording in a more frail condition than usual since she was recovering from an illness. In My Own Time is the better of her two offerings in so many ways, not the least of which is the depth she is willing to go inside a song to draw its meaning out, even if it means her own voice cracks in the process. The material is choice, beginning with Dino Valente's gorgeous "Something on Your Mind." Brooks' rumbling single-note bassline opens it with a throb, joined by a simple timekeeping snare, pedal steel, and electric guitars. When Dalton opens her mouth and sings "Yesterday/Anyway you made it was just fine/Saw you turn your days into nighttime/Didn't you know/You can't make it without ever even trying/And something's on your mind...," a fiddle enters and the world just stops. The Billie Holiday comparisons fall by the wayside and Dalton emerges as a singer as true and impure as Nina Simone (yet sounds nothing like her), an artist who changed the way we hear music. The band begins to close in around her, and Dalton just goes right into the middle and comes out above it all. She turns the song inside herself, which is to say she turns it inside all of us and its meaning is in the sound of her voice, as if revelation were something of an everyday occurrence if we could only grasp its small truth for what it weighs. When the album moves immediately into Lewis and Wright's "When a Man Loves a Woman," Dalton reveals the other side of Percy Sledge's version. This woman who was so uncaged and outside the world that she died homeless on the streets of New York in the 1990s was already declaring the value of loving someone even if that someone couldn't return the love as profoundly -- which doesn't mean it isn't appreciated in the depths of the Beloved's being. Dalton sings the song as if wishing that she herself could accept such a love. Her voice slips off the key register a couple of times, but she slides into her own, which is one of the hidden places in the tune that one didn't even know existed. The layered horns don't begin to affect her vocal; they just move it inside further. And the woman could sing the blues in a way that only Bob Dylan could, from the skeletal framework of the tune toward the truth that a blues song could convey -- just check her reading of Paul Butterfield's "In My Own Dream," with some gorgeous steel playing by Keith. Her version of Holland-Dozier-Holland's "How Sweet It Is (To Be Loved by You)" has her singing completely outside the time and beat of the tune; floating through the tune's middle, she glides, slips, and slides like a jazz singer in and around its changes. Another standout is Richard Manuel's "In a Station." As a piano, rolling tom-toms, and an organ introduce it, Dalton is at her most tender; she to be continued...
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

    • 1.
      [LPレコード]
      • 1.
        Something on Your Mind
      • 2.
        When a Man Loves a Woman
      • 3.
        In My Own Dream
      • 4.
        Katie Cruel
      • 5.
        How Sweet It Is
      • 6.
        In a Station
      • 7.
        Take Me
      • 8.
        Same Old Man
      • 9.
        One Night of Love
      • 10.
        Are You Leaving for the Country
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
44pt
販売価格(税込)
¥ 5,490
¥ 549(10%)オフ
¥ 4,941
取扱中
予約受付中
(お取り寄せ)発売日以降のお届けになります
cartIcon 予約する

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
2
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)