こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

期間限定スペシャルポイント・プレゼント!タワレコポイントが<お得に>貯まる!

ポイント対象商品・倍率は各商品ページ及び記事をご確認ください。

※全品/予約/既発ポイントキャンペーン開催中、商品別ポイントキャンペーン対象商品は、ポイント倍率が高い方のキャンペーンが優先されます。

対象商品記事一覧

世界の最強ポップ・アイコン=P!nk(ピンク)、約2年振り通算8作目の新作

グラミー賞3冠、2作の全米1位、全世界トータル・アルバム・セールス6,000万枚を誇る、世界の最強ポップ・アイコン=P!NK(ピンク)。全米1位を獲得した前作『ビューティフル・トラウマ』以来、待望の新作

2019/03/22
Amon Amarth(アモン・アマース)、通算11枚目の新作『ベルセルク』

プロデューサーにジェイ・ラストン(アンスラックス、ストーン・サワー、スティール・パンサー)を迎えたメジャー感溢れる待望の新作『ベルセルク』(=狂戦士)が完成

2019/03/22
Pet Shop Boys(ペット・ショップ・ボーイズ)、2018年英ロイヤル・オペラ・ハウス公演を収録したライヴ作品

最新作『Super』、前作『Electric』からの楽曲他、「ウエスト・エンド・ガールズ」「ニューヨーク・シティ・ボーイ」「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」「哀しみの天使(It’s A Sin)」などパーロフォン時代のヒット曲も満載した、ベスト選曲とも言える超強力ライヴ盤

2019/03/18
Sia(シーア)とDiplo(ディプロ)らによるスーパー・グループ=LSDのファースト・アルバム

フジロックフェスティバル '19へのヘッドライナー出演で初来日が決定している“顔なき”天才ヒットメイカー=シーアと現代音楽界最重要プロデューサー=ディプロ、そしてUK出身シンガー・ソングライター/プロデューサー=ラビリンスによるスーパー・グループ=LSDのファースト・アルバム

2019/03/18
The Heavy(ザ・ヘヴィー)、約3年振りの新作『SONS』

うねるベースとグルーヴィなギター、そしてソウルフルなヴォーカル…、彼らのトレードマークとも言うべきサウンドに更なる磨きをかけた、これぞ”ザ・ヘヴィー”なサウンドを鳴らす最新作

2019/03/18
The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)最新ベスト・アルバム『HONK』/国内盤CDオンライン限定ポイント12倍

『スティッキー・フィンガーズ』(1971)から『ブルー&ロンサム』(2016)までの全スタジオ・アルバムからセレクトされた名曲を収録!限定デラックス仕様3CDには貴重ライヴ音源を収録したボーナスディスク付き

2019/03/14
【タワレコ限定】アンチェル生誕110年記念企画スプラフォンSACDハイブリッドシリーズ第4弾!

チェコ、スプラフォン社にあるオリジナル・アナログ・マスターテープからDSDマスターにダイレクト変換した音源を使用。限りなくマスターに近い音質を実現。完全新規でマスタリング。第4弾は(1)ストラヴィンスキー:春の祭典&ペトルーシュカ、(2)管弦楽名曲集、(3)バルトーク:管弦楽のための協奏曲、他。世界初SACD化。限定盤

2019/03/13 [タワーレコード オリジナル企画, タワー限定, ニューリリース]
グラミー賞にも名を連ねるUSインディーの頂点The National(ザ・ナショナル)が新作を〈4AD〉よりリリース

前作『Sleep Well Beast』が第60回グラミー賞最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞を受賞し、名実ともにインディーロック・バンドの頂点へと上り詰めたザ・ナショナルが、通算8枚目のアルバム『I Am Easy To Find』をリリース

2019/03/13
日経日曜版「名作コンシェルジュ」に紹介!『フルトヴェングラー 帝国放送局(RRG)アーカイヴ 1939-45』

【タワレコ特典】先着:大判ポストカード(120mmx175mm、3枚セット)。ベルリン・フィル・レコーディングスより驚愕のリリース!戦時中(1939~45年)にドイツ帝国放送が収録したフルトヴェングラーによる放送録音を過去最高音質で集成したエディション。初出音源も収録!(ラヴェル:ダフニスとクロエ第1組曲(抜粋)、シューベルト:「未完成」第2楽章)。店舗もオンラインも2019年3月31日(日)までポイント15倍!

2019/03/11 [ニュース]
米パンク界の生ける伝説、Bad Religion(バッド・レリジョン)、17枚目となる新作/オンライン限定国内盤予約ポイント12倍

カルロス・デ・ラ・ガルサ(Jimmy Eat World、Paramore他)の共同プロデュースとなり、2013年リリースの『True North』以来、約6年ぶりの新作

2019/03/08
【予約ポイント10倍】飯守泰次郎&仙台フィル!ドヴォルザークの自筆譜に基づく“新世界より"

東日本大震災からの復興が進みつつある現在、<ひとりでも多くの人々の心を音楽の力でつなげたい>という思いを実現するため、仙台フィルはプロジェクト「家路」を開始します。常任指揮者飯守泰次郎の真摯なタクトのもと、自筆楽譜を採用した共感溢れる「新世界」

2019/03/07 [ニューリリース]
Wes Montgomery(ウェス・モンゴメリー)〈RESONANCE〉からの秘蔵音源『Back on Indiana Avenue: The Carroll DeCamp Recordings』

傑作“Four On Six””Jingles”の最初期バージョンの他、“So What”や“Opus De Funk”など注目曲の数々…。ジャズ史に輝くレジェンドのエピソード・ゼロを補完する秘蔵音源

2019/03/07
Bill Evans(ビル・エヴァンス)、未発表作品『Evans in England』が〈Resonance〉からリリース

ビル・エヴァンス第二期トリオ at ロンドン「ロニー・スコッツ」!トリオ結成初期を記録した『Live at Top of the Gate』から1年、1969年10月、格段の深化を見せたトリオの演奏!今や説明不要ともなった21世紀のヒストリカル・レーベル、〈Resonance〉からリリース

2019/03/04
〈タワレコ限定・高音質〉Definition Series第20弾 クレンペラー『モーツァルト:交響曲集』『ドン・ジョヴァンニ』全曲(SACDハイブリッド)

タワーレコード40周年 & シリーズ第20回記念としてクレンペラーSACD復刻シリーズを始動!最新の復刻盤としてモーツァルトの(1)交響曲集、(2)ドン・ジョヴァンニ全曲を発売いたします。全て、本国オリジナル・アナログマスターからの最新リマスタリング。マスタリング・エンジニアは藤田厚生氏。豪華デジパック仕様。各1,000セット(1)、800セット(2)限定 シリアル・ナンバー付

2019/02/28 [ニューリリース, タワー限定, タワーレコード オリジナル企画]
The Cranberries(ザ・クランベリーズ)、通算8枚目にして最後のアルバム『In The End』

アルバムセールス4000万枚超え、2019年で結成30周年、アイルランドが誇るロック・バンド、クランベリーズの最新作。2018年1月に逝去したボーカル、ドロレス・オリオーダンの最後のレコーディング作品

2019/02/21
Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)新作『Begin Again(ビギン・アゲイン)』を4月12日にリリース

過去グラミー賞に9回輝いた、シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、コンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』をリリースする事を発表

2019/02/22
Black Earth(ブラック・アース)、新曲を含む日本独自ベスト・アルバム登場

マイケル・アモット率いるアグレッシヴ・へヴィ・メタル・バンド、アーチ・エネミーの初期のメンバーで構成されたプロジェクト、ブラック・アース。新曲2曲にアーチ・エネミーの初期3作品から選曲しリマスタリングした楽曲を合体させたベスト盤

2019/02/15
ユニバーサル音源復刻 “VINTAGE SA-CD COLLECTION”第16弾!リヒテル、クナッパーツブッシュ、グリュミオー

タワー企画盤『ヴィンテージSA-CDコレクション』の第16弾は、DG、Decca、旧Philipsの名盤を2点揃えました。(1)リヒテル/DG協奏曲録音集(3枚組)、(2)ワーグナー名演集/クナッパーツブッシュ&VPO(2枚組)、(3)ラロ:スペイン交響曲、他/グリュミオーの3タイトル。本国にて最新マスタリングを行いました。オリジナル・ジャケット・デザインを使用しています

2019/02/14 [ニューリリース, タワーレコード オリジナル企画, タワー限定]
Catfish & The Bottlemen(キャットフィッシュ&ザ・ボトルメン)、3年振りの新作『The Balance』

ロック大平原へようこそ―。ぶっきらぼうで、ヴァイタリティー溢れるバンドCATBが、新作ロックを引き連れて3年ぶりに帰還

2019/02/14
J.J. Cale(J.J.ケイル)、未発表音源のみを収録した10年振りの〈新作〉

真のギター・レジェンド、故J.J.ケイルの10年振りとなる新アルバムが奇跡のリリース!J.J.ケイルが生前に制作していた楽曲を彼の妻でありミュージシャンでもあるクリスティーン・レイクランド・ケイルとケイルの長年の友人でありマネージャーのマイク・カッパスが選曲/コンパイル

2019/02/12