こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

【10/22更新】廃盤&生産終了の商品特集!在庫限りで終了!

掲載: 2021年10月22日 15:35

廃盤商品特集

今ある在庫限りで終了の廃盤&生産終了の商品 約5,400タイトルを集めました!この機会を逃したらもう手に入らないかも!?

※掲載商品はオンライン在庫が終了すると「カートに入れる」が非表示になります。
※2021年10月時点での販売ステータスをもとに掲載しています。
※同内容の商品が別品番で再発売される/されている場合もございます。ご了承ください。

 


▼〈廃盤&生産中止〉J-POP商品ピックアップ ♪

Various Artists『Somewhere Between: Mutant Pop, Electronic Minimalism & Shadow Sounds of Japan 1980-1988』

宮本典子、小川美潮、尾島由郎、浅井直樹、D-Dayなどオブスキュアな80'sポップをコンパイル

 

 



▼〈廃盤&生産中止〉ロック/ポップス商品ピックアップ ♪

Evanescence『シンセシス・ライヴ[Blu-ray Disc+SHM-CD]』

2017年に通算5作目となるアルバム『シンセシス』を発表したエヴァネッセンスが、アルバム発売と合わせて行った『シンセシス・ワールド・ツアー2018』。この作品は大成功を収めたツアーの中から、2017年の秋にアメリカ・コネチカットのグランド・シアターで収録。このツアーでは初めてフル・オーケストラを引き連れて、ヒット・ナンバーである「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」や「マイ・イモータル」などを含めたリワーク・ヴァージョンも披露。

 

 


 

Devo『Somewhere With Devo

ディーヴォのレア音源を収めたEP『Somewhere With Devo』のレコード・ストア・デイ限定アナログ。タイトル曲は約11分半の組曲で、1988年12月9日に米カリフォルニア州ハリウッドのThe Palaceで行われたコンサートのアンコールにて一夜のみライヴ演奏されたもの。2010年にDJ Kinkyが出がけたリミックス音源も収録。

 

 


 

Paul McCartney『エジプト・ステーション<完全生産限定盤>』

ポール・マッカートニー、キャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる2018年発表のオリジナル・アルバム。ザ・ビートルズ、ウイングスを彷彿させるポールらしさに現代的なサウンドがバランス良くミックスされた傑作の、完全生産限定国内流通盤アナログ。

 

 


 






▼〈廃盤&生産中止〉ソウル/R&B、ヒップホップ商品ピックアップ♪

The Weeknd『マイ・ディアー・メランコリー、』

『スターボーイ』以来となる作品。ケンドリック・ラマー、カニエ・ウエストを始め、数々のビッグ・アーティストを手がけるヒップホップ界のスーパー・プロデューサーMike WiLL Made-Itやベースミュージック界のトップ・スターSkrillex等、プロデューサー陣も超豪華。

 

 


 

Charice『∞ インフィニティ<初回限定スペシャル・プライス盤>』

「天から授かった歌声」が、この第二章でさらに羽ばたく!ブルーノ・マーズが作曲に関わる(7)等、どの曲でもとてつもない歌唱力を魅せるシャリース。

 

 


 

Soul II Soul『平成フリー・ソウル』

その曲を聴けばその年を思い出す、時代を彩った名曲の数々を様々な思い出を胸に楽しみながら、平成とともに歩んできた<Free Soul>ムーヴメントも一望できる、まさにパーフェクト・セレクション。

 

 


 





 

 

▼〈廃盤&生産中止〉ジャズ商品ピックアップ ♪

John Abercrombie『ファイヴ・イヤーズ・レイター』

1976年の名盤『サーガッソーの海』から約5年を経て、ECMを代表する2大ギタリストが再会。ジョン・アバークロンビーの奏でる千変万化のエレクトリック・ギター、ラルフ・タウナーのつまびく澄み切ったアコースティック・ギターの音色が絡み合い、語らい、どこまでも深い音世界を紡ぐ。

 

 


 

Paul Bley『バラッズ』

ジャズ・ピアノの哲学者、ポール・ブレイが激動の1967年に残した音源をECMが作品化。全曲をアネット・ピーコックのオリジナルで占め、アネットの当時の夫ゲイリー・ピーコックや、のちにオーディオ・メーカーを設立するマーク・レヴィンソンがベーシストとして参加するなど、歴史的価値も高い。

 

 


 

Art Farmer『モダン・アート』

まろやかな音色を持つ人気トランペッターが成熟したプレイを聴かせる傑作。ベニー・ゴルソンの名曲「フェア・ウェザー」の美しいハーモニーに酔う。