こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ディスクガイド――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年03月09日 17:59

更新: 2011年03月09日 18:37

ソース: bounce 329号 (2011年2月25日発行)

ディスクガイド/入江亮平、小泉いな子、佐藤大作、土田真弓、村尾泰郎、山西絵美

 

HOW TO DRESS WELL 『Love Remains』 Tri Angle/OCTAVE(2011)

ウォッシュド・アウトが提示したグローファイのローファイなトリップ感に、ソウル・ミュージックの憂いをドロッと流し込んだハウ・トゥ・ドレス・ウェル。ポスト・ダブステップとのミッシング・リンクとしても聴けるこのファースト・アルバムを、トライ・アングルが強力プッシュするのも当然だと思う。*入江

JONQUIL/CHAD VALLEY 『One Hundred Suns/Shell Suite』 RALLYE(2010)

〈UKのトロ・イ・モワ〉ことチャド・ヴァレイがベッドルームで膨らませた果てなき妄想が、いまやインディー・ダンス界全体を巻き込むことに! 甘さ、切なさ、やるせなさを配合したメロが、心地良く弾むビートにフワッと浮かぶ。そんなユルさ満点の楽曲は、ハンパない中毒性につきご注意を。*大作

SOLAR BEARS 『She Was Coloured In』 Planet Mu(2010)

IDM~ブレイクコアの代名詞的な存在だったプラネット・ミューも、チルウェイヴやダブステップの潮流と見事にリンク。シーン全体が拡散しているようで同じ方向に向かっているような……。このアイルランド発のノスタルジックな音に耳を傾けていると、そんなことを考えながらトリップしてしまいますわな。*入江

ESBEN AND THE WITCH 『Violet Cries』 Matador/HOSTESS(2011)

マタドールがわざわざ海を渡ってまで契約したのも納得の、とてつもない才能を持つUKの3人組。ひんやりダークなギターに憂鬱なヴォーカルが絡んだサウンドは、〈ナイトメア・ポップ〉と呼ばれるだけあって非現実的な世界にトリップさせる魔力を秘めている。ウォーペイントやXX好きはマスト! *小泉

CRYSTAL FIGHTERS 『Star Of Love』 Zirkulo/KSR(2011)

〈Kitsune Maison〉にもピックアップされていたエキゾ・ミュータント・ポップ集団! バスク地方の伝統音楽にモダンなビートを注入した変わり種ながら、異国情緒漂う音色に妙に惹かれてしまい、ついついハマってさあ大変! ダンサブルなトラックもあるものの、脳への侵入の仕方はあくまでぼんやり白昼夢的。*大作

F 『Energy Distortion』 7even(2010)

ベルリンやロンドンと時を同じくして、フランスでも起こったダブステップ革命の中核を担うセヴン。これは同レーベルの看板アクトであるFの処女作だ。骨太でアタックの強いフロア映えするビートもさることながら、アンビエント・テクノを吸収した眩いメロディーの美しさに世界中が息を呑むことに。*入江

BLACKBIRD BLACKBIRD 『Summer Heart』 Arcade/PLANCHA(2011)

カリフォルニアの温かな陽射しに育まれたドリーミー・ポップの新星。フレッシュで夢見がちなメロディーにヤングならではの眩い感性を感じつつ、豊富なビート手法や効果的なヴォーカル使い、色鮮やかなサンプリングなど表現力は実に高く、一夜漬けでは完成しない才能を感じさせる一枚だ。*大作

MOUNT KIMBIE 『Crooks & Lovers』 Hot Flush(2010)

ダブステップのフォーマットをいち早くテクノ視点で翻訳したスクーバの主宰レーベルから現れたこのユニットは、ダンスフロアとは別の空間でその意匠を見事に鳴らしている。王道な流れとの決着を、盟友ジェイムズ・ブレイクと共にポスト・ダブステッパーとして一手に引き受けることに。*入江

AVEY TARE 『Down There』 Paw Tracks(2010)

アニマル・コレクティヴのエイヴィ・テアによる初のソロ作。アニコレに通じる実験的なサイケ・サウンドに加え、注目はシンセや打ち込みのビートなど、エレクトロニックなアプローチを大胆に導入しているところ。ダブステップを独自に解釈したような、脱力ダンス・ミュージックが暗闇のなかで蠢いている。*村尾

インタビュー