こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ディスクガイド――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年03月09日 17:59

更新: 2011年03月09日 18:37

ソース: bounce 329号 (2011年2月25日発行)

ディスクガイド/入江亮平、小泉いな子、佐藤大作、土田真弓、村尾泰郎、山西絵美

 

WARPAINT 『The Fool』 Rough Trade(2010)

いろんな意味で話題の多いLAの女子4人組が放った初作。バンド・サウンドにダビーな音響処理を施したドリーミーな楽曲が目白押しで、全編を通してダークなのに不思議と地味さは感じない。幽玄で奇妙で耽美で……。そうエイフェックス・ツインとコクトー・ツインズが結婚したらウォーペイントが生まれたって感じ! *小泉

JATOMA 『Jatoma』 Kompakt(2010)

ミニマル・テクノとの親和性を見せるポスト・エレクトロニカ作品。さまざまな言葉を冠されたトリップ音楽の類いが、若い世代によってインターネットから同時多発的に発信されているのは偶然か。コンパクトが送り出したこのユニットの中心人物もまた、まだ10代の少年だという。*入江

TWIN SHADOW 『Forget』 4AD(2010)

絶好調の4ADから登場した注目の新人による、すべて自宅でレコーディングされた初作。絶妙な匙加減で作り上げたB級ポップ・ワールドは、ディスコ~ニューウェイヴの輝きを散りばめながら、あえてエッジを丸めた人懐っこい感触が魅力だ。〈4畳半のプリンス〉というか、ファンキーなベッドルーム・ソングが目白押し。*村尾

THESE NEW PURITANS 『Hidden』 Domino(2010)

NMEの年間ベスト作品にも選ばれた2作目。ナイフの擦れ合う音や聖歌隊のコーラス、ホルンやフルートなどを強調した過剰なまでにドラマティックなサウンドと、ブツブツつぶやくヴォーカルが不気味すぎ! こんな陰気なバンドだったっけ? リミキサーにセーラムやゴースト・ハンターを起用しているあたり、確信犯っすね。*山西

HELIXIR 『Individed』 7even(2010)

ダブステップを世界中に布教しつつ、いち早くその道から逸脱した元スカルディスコのオーナー=シャックルトンが賛辞を贈るフランス在住のケヴィン・マーティンによるプロジェクト。トライバルなミニマル・テクノやデトロイトの宇宙観を浮かべながら、この方ももはや前人未到のステップを踏んでおられます。*入江

A GRAVE WITH NO NAME 『Mountain With No Name』 Lefse(2010)

ロンドンで話題のデュオによるデビュー・アルバム。甘酸っぱいバブルガム・ポップを、チクチクするようなギター・ノイズで包み込んだチープな宅ロックは、ラウドでメランコリック。ちょっと俯き加減(シューゲイザー)な繊細さが魅力だ。UKロック伝統の青い翳りを忍ばせて、ベッドルームから愛を叫ぶ。*村尾

ZOLA JESUS 『Stridulum II』 Souterrain(2010)

デビュー作『Spoils』が海外のさまざまな音楽誌で絶賛されて一躍注目を集めた女性シンガー。この2作目では、前作で鳴り響いていたノイズの替わりに重厚なシンセが空間を埋め尽くし、力強いヴォーカルが闇を切り裂く。オペラを学んでいたこともあるらしく、どこか荘厳さが漂うグローファイ・ディーヴァ。*村尾

YPPAH 『They Know What Ghost Know』 Ninja Tune(2009)

ジャズとか60年代のUKサイケとかシューゲイザーとかを切り貼りして作り上げたポスト・エレクトロニカ盤。ギターの音色と淡い残響音によって聴き手を強引に感傷的な気分にさせる困ったブツですが、元スクラッチDJらしくビートはドシッとしていて、メソメソしたままでは終わらない感じがグッド! *山西

インタビュー