こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ディスクガイド――(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年03月09日 17:59

更新: 2011年03月09日 18:37

ソース: bounce 329号 (2011年2月25日発行)

ディスクガイド/入江亮平、小泉いな子、佐藤大作、土田真弓、村尾泰郎、山西絵美

 

EMERALDS 『Does It Look Like I'm Here?』 Editions Mego(2010)

このまま音の波に揺られて、ただただ恍惚感に身を委ねていたい——甘い音色をひたすら反復する催眠的なアナログ・シンセと、どこまでも無限に響いていきかねないコズミックなギターが、そんなイケナイ誘惑を駆り立てる! これぞ聴覚的快楽にとことんこだわったトリップ・ミュージックの極み。*大作

CANDY CLAWS 『Hidden Lands』 Twosyllable(2010)

表題からして逃避願望の強そうな、コロラド発の(恐らく)大所帯ユニット。甘ったるい男女の囁きヴォーカルと、ハイ・ラマズ系の箱庭オーケストラル・ポップにモコモコとしたエフェクトをかけ、トロトロになるまで煮込んだふわふわポップスは夢見心地度数200%超え! 戻ってこられなくなります。*山西

PLASTICZOOMS 『CHARM』 felicity(2009)

グローファイの一要素としてカウントされる甘美なノイズは、ゴシック・ロックやポジティヴ・パンクが纏う〈闇〉に魅入られた6人組の本作にも。ダウナーなヴォーカルとメランコリックなフィードバック・ギターが溶け合う“Under///Black”では、沈み込むような漆黒のサイケデリアを体感することができる。*土田

SCUBA 『Triangulation』 Hot Flush(2010)

レーベル・オーナーとしてダブステップに潜む多様な音楽性を引き出してきたスクーバが、自身の作品で提示したのはその最深部。プラネット・ミューからポスト・ダブステップのトレンドを更新した逸材として話題のファルティDLを、リミキサーとしていち早く起用した耳の早さにもいちいち驚きますわ。*入江

NO JOY 『Ghost Blonde』 Mexican Summer(2010)

ウォッシュド・アウトを輩出するなどグローファイ・ブームを牽引するレーベルから登場したブロンド美女2人組。フィードバック・ノイズを多用したマイブラ直系のシューゲイザーとドゥーム・メタルが合体したような楽曲は、外見に反して男前。幽玄な歌声も含め、ぼやけた音像はドラッギーで中毒性高めだ。*小泉

ANIKA 『Anika』 Stones Throw(2010)

ジェフ・バーロウ率いるビークでヴォーカルを担当しているアニカ。ほぼ一発録りで作られたというこのソロ作にもジェフが全面的に関与し、スリリングなダブ処理によってひんやりとした歌声をミステリアスに演出している。特に感情の抑揚をまったく感じないスキーター・デイヴィス“The End Of The World”がトラウマもの! *山西

DARKSTAR 『North』 Hyperdub(2010)

メランコリックな代表曲“Aidys Girl Is A Computer”で踊りきった彼らが、ヒューマン・リーグ“Gold”をなぞったり、孤独を開放するかのように千鳥足気味のブルージーな低音ヴォイスを披露する姿は、その後のジェイムズ・ブレイクの足取りと被るものアリ!? まるでチルウェイヴを暗闇で発光させたみたいに気持ち良い一枚。*入江

BIBIO 『The Apple And The Tooth』 Warp(2009)

生音ロニカ+爽やかな歌声の表題曲など新曲も聴けるリミックス盤。エスキモーやローンも参加し、フライング・ロータス以降のビート・シーンとの好相性ぶりもチラリ。エピック45から(本作にも顔を出している)クラークまで交友関係も広く、引き出しの多い人なので、3月に出る新作がどんな出来か楽しみ! *山西

インタビュー