こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

AFTER AFTERMATH

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年11月28日 20:20

更新: 2012年11月28日 20:20

ソース: bounce 350号(2012年11月25日発行)

文/出嶌孝次

 

ケンドリックが別格なのはわかるけど……ちょっと待てやと思うひねくれた人も多いはずだ。ヘッドフォン以外は延期がデフォルトのドクター・ドレー時間軸において、そんなタイム感に我慢できずアフターマスを去った有望新人のいかに多いことか。スタット・クオーもジョエル・オーティスもビショップ・ラモントもラスト・エンペラーも、最近では『Detox』に寄与したはずのスリム・ザ・モブスターもヘイズも離脱。このへんはインタースコープを率いるジミー・アイオヴィンの意向も大きそうだが……スローターハウスを結成したジョエルがソロでもシェイディと契約したのが救い。

とはいえ、その手の状況はエミネム主宰のシェイディでも同様だ。イェラウルフなどローカルのホープを優先した結果、結局〈Re-Up〉期の生え抜きは一人残らず離脱するハメに。それでもオービー・トライスが前線復帰したり、キャシスが途中までシェイディで録っていた作品を無事に出したり、個々の奮闘を応援したいものだ。そして『Detox』はもう……。

 

▼関連盤を紹介。

左から、スリム・ザ・モブスターの参加したイグジビットの2012年作『Napalm』(Open Bar)、オービー・トライスの2012年作『Bottoms Up』(Black Market)、キャシスのニュー・アルバム『The Art Of Dying』(Bogish Brand/RBC)

 

インタビュー