こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

INCOMPLETE GUIDE――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年11月28日 20:20

更新: 2012年11月28日 20:20

ソース: bounce 350号(2012年11月25日発行)

ディスクガイド/升本 徹、出嶌孝次

 

BIG K.R.I.T. 『Live From The Underground』 Cinematic/Def Jam

これもデフ・ジャム。ダウンロード作品で絶対的な評価を得た彼が、満を持して放った21世紀型のサザン・ブルースと言える。伝統的な南部仕込みのビートメイクを濃厚な自身のラップと融和させる腕前はUGKやアウトキャスト直系。プロデューサーとしての活躍が目覚ましいのも納得だ。*出嶌

 

YOUNG JEEZY PRESENTS USDA 『The After Party』 CTE World/SMC

首領ヤング・ジーズィは安泰でも、クルーとしての明確な勢いは減退しているようなCTE。とはいえ、およそ5年ぶりに登場したクルーでの(ストリート仕様に近い)本作では新たにブー・ロッシーニと2イレヴンを加え、フレディ・ギブスも絡んでコールドな路上感をガツガツ発散してくれる。*出嶌

 

SAIGON 『The Greatest Story Never Told Chapter 2: Bread And Circuses』 Suburban Noize

待たされまくった昨年発表の初作も好評を博し、勢いに乗る実力派MCが続けて放った続編的なブツ。スティック・マンやカミリオネアなど、シーン屈指の猛者がサポートし、なかでもリリシストの才が発揮されたスタイルズ・P参加の“Not Like Them”はPVともども話題を呼んだ。*升本

 

KID INK 『Up & Away』 Tha Alumni/Traffic

タトゥーまみれな細身のルックスに、ドレイクを思わせる歌心全開のメロディアスな楽曲……と、いかにも〈いま〉という時代を象徴するようなLAのネクスト・ブレイカー。鼻歌気味で軽ノリながらも妙に耳に残るフロウが特徴的で、なかでも胸キュンなPVもマストの“Time Of Your Life”が最高だ。*升本

 

ODD FUTURE 『The OF Tape Vol. 2』 Odd Future

インターネットにフランク・オーシャン、別掲のメロウ・ハイプとトラッシュ・トークと、フィジカル攻勢の続くOFWGKTA。このクルー盤もスカムな薫りの入り乱れる集団芸だが、それをスタイリッシュに鳴らせるのは波に乗る連中ならでは。現象の先をめざすタイラーの新作にも期待したい。*出嶌

 

RICK ROSS 『God Forgives, I Don't』 Maybach Music/Def Jam

全米No.1に返り咲いた……とかいう数字とは関係なく、キーノ製の“Pirates”から威風堂々。アッシャーとのポップ・ヒット“Touch 'n You”やニーヨの歌う“Maybach Music IV”などを交えつつ、渋く重苦しいフロウは悠然たる平常運転だ。ジーズィやT.I.に風格の点で完全に差をつけた感も。*出嶌

 

『MMG Presents: Self Made Vol.2』 Maybach Music/Warner Bros.

〈Vol.1〉の中核でもあったピルの離脱をものともせず、スターリーとオマリオンを看板に加えて臨んだコンピ第2弾。冒頭のリレー“Power Circle”に招いたケンドリック・ラマーをはじめ、ニプシー・ハッスルやウィズ・カリファら外部の大物も適度に交えてクルーを旬に見せるバランスは凄い。*出嶌

 

DJ KHALED 『Kiss The Ring』 We The Best/Cash Money/Universal Republic

最前線でシーンを盛り上げるDJの最新作は、毎度ながらイケてる連中が全米各地から集い、ネクスト・ブレイクの筆頭格であるフレンチ・モンタナから、スカーフェイスやナズといったヴェテラン勢まで幅広く参加。リル・ウェインらとのクラブ・バンガー“Take It To The Head”が人気に。*升本

 

YO GOTTI 『Live From The Kitchen』 Inevitable/Pologround/RCA

いまやメンフィス・シーンの顔となった彼の、待たされまくったメジャー・デビュー作。リック・ロスやウィズ・カリファら旬なラッパーと、リル・ロディやマイク・ウィルら若き注目のプロデューサーが集結。南部の現行ストリート・シーンのスメルをビンビンに放つ、最高にトガったブツだ。*升本

 

WAKA FLOCKA FLAME 『Triple F Life』 Brick Squad Monopoly/Warner Bros.

謎な引退発言はあったものの、2012年も絶好調だったワカ様の2作目。相性抜群なレックス・ルーガーの手による“Round Of Applause”やトレイ・ソングズ参加の“I Don't Really Care”などキラー・チューン連発で、クラブ/ストリートでのヒットを量産した。ワカ! フロッカ! *升本

 

KREAYSHAWN 『Somethin 'Bout Kreay』 Columbia

〈ぐちぐち、るいるい……〉ってなインパクト大のパンチラインとポップなPVの“Gucci Gucci”一発で、一躍ホットなMCの仲間入りを果たしたクレイちゃんのデビュー作。ディプロやボーイズ・ノイズらも参加し、さまざまなジャンルをミックスしたハイブリッドなホワイト・ガールに首ったけ! *升本

インタビュー