こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

HIP HOP――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/高橋芳朗、出嶌孝次、升本 徹、山西絵美

 

GUCCI MANE & V-NASTY 『BAYTL』 1017 Brick Squad/Warner Bros.

勢力を着実に拡大するブリック・スクワッドのドン、クレイショーン率いるクルー=ホワイト・ガール・モブのV・ナスティによる美女と野獣(?)な異色コラボ作。ゼイトーヴェン作のミニマルなビートに彼女の小生意気なフロウが見事マッチしていた。*升本

 

SPEECH DEBELLE 『Freedom Of Speech』 Big Dada

ワープと契約したクウェズをプロデューサーに迎え、グッとスケールを増した真摯な愛と革命の詩。彼女が放つメッセージの普遍性と訴求力は、前作に収録された“Spinnin”がロンドン五輪の公式ソングに選ばれたことにもあきらかだ。*高橋

 

YOUNG JEEZY 『TM:103 Hustlerz Ambition』 CTE/Def Jam

前作から3年以上空けて発表された劇的な復活作。フューチャーや2チェインズらホットな輩とのコラボや同郷アトランタで共にトップに立つT.I.との合体などトピックも多いが、ジェイ・Z&アンドレ3000を迎えた“I Do”が何より最高だった。*升本

 

PAC DIV 『The Div』 RBC

2012年も豊作だった西海岸の次世代シーンから、注目ユニットが放った初のオフィシャル作品。オールド・スクール調の軽妙な掛け合いを持ち味とし、ヴァラエティーに富んだ楽曲群のなかでも、ノー・IDの手掛けたメジャー感のあるコミアゲ系“The Greatness”がベスト。*升本

 

YO GOTTI 『Live From The Kitchen』 Inevitable/Pologrounds/RCA

“5 Star”から3年。好機を逸してしまった感は否めないが、メンフィスの威信を賭けた堂々たるメジャー・デビュー作を作り上げた。アトモスフェリックな“Killa”やマイク・ウィル製の荘厳な“Cases”など、流行の音にも見事に対応。*高橋

 

NICKI MINAJ 『Pink Friday... Roman Reloaded』 Young Money/Cash Money/Universal Republic

ジーズィやリック・ロスらを招いてヒップホップ・クイーンぶりをアピールした序盤はともかく、中盤以降のエモい歌モノが青春度数高めで2012年っぽかったな。ライヴァルはリル・キムというよりもケシャって感じ!? *山西

 

TRAVIS PORTER 『From Day 1』 Porter House/RCA

“Make It Rain”や“Bring It Back”のストリート・スマッシュを受けてのメジャー・デビュー盤は、カラフルなダンス・ビートが満載。ヒットしたタイガとのパーティー・チューン“Ayy Ladies”もいいが、ディプロ製のトラップ・バンガー“Wobble”が超強力だった。*高橋

 

FUTURE 『Pluto』 A-1/Freebandz/Epic

リアーナの新作にも抜擢された、オートチューンを駆使するダンジョン・ファミリー第2世代。2012年の裏ベスト“Turn On The Lights”など、リル・ウェインのビザール感とドリームのメランコリーを兼ね備えた粘着質なメロウネスがクセになる。これがいまの気分! *高橋

 

SCHOOLBOY Q 『Habits & Contradictions』 Top Dawg/Pヴァイン

ブラック・ヒッピーの仲間たちはもちろん、エイサップ・モブらのビート提供もあり、新世代の台頭を見せつけた一枚。世代交代が頻繁なヒップホップ・ゲームの醍醐味を噛み締めてみたり、追い風が吹いているうちに早くグループでの作品も!と焦ってみたり。*山西

 

RYE RYE 『Go! Pop! Bang!』 N.E.E.T./Interscope

M.I.A.の秘蔵っ子としてゲットー・ビーツ以降の流れをリードするはずが、妙な間の悪さで出た感もある初作。とはいえ、カラフルな女性ラッパーがゾロゾロ出てくる時代のムードにはまってみせたのは流石だし、バングラデッシュらの仕事も最高に2012年モードだったね! *出嶌

 

EL-P 『Cancer For Cure』 Fat Possum

キラー・マイクを援護射撃した『R.A.P. Music』も最高すぎた、NY地下の帝王によるソロ作。そのキラー・マイクやダニー・ブラウン、ミスター・マザファッキン・エクスワイアら好事家を唸らせるゲスト勢が揃っており、アンダーグラウンドなスメル漂う音の渦に圧倒された。*升本

 

CURREN$Y 『The Stoned Immaculate』 Jet Life/Warner Bros.

みずから率いるジェット・ライフと共にマイペースな活動で2012年もストーナー・フリークを楽しませてくれた彼。メジャー・リリースのせいかファレルら外部ゲストが多数集い、ビッグ・クリットとウィズ・カリファ参加の“Jet Life”を筆頭に秀曲が並ぶ。*升本

インタビュー