こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

HIP HOP――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/高橋芳朗、升本 徹、山西絵美

 

FLO RIDA 『Wild Ones』 Poe Boy/Atlantic

故エタ・ジェイムスの声が響くアヴィチー使いの“Good Feeling”がヒットしたのに続き、リコ・ラヴやアクスウェルらを迎えたパーティー・ロック盤。滑らかなフロウも舌好調で、ひときわ爽やかな“Whistle”で3年ぶりに全米チャートの首位に立ったのも重要なトピックでした。*山西

 

WAKA FLOCKA FLAME 『Triple F Life』 Brick Squad Monopoly/Warner Bros.

引退宣言はどこへやら、引き続きバウバウ吠えまくったワカ様の2作目。メジャーなアクトが揃ったことで前作と趣を異にしつつも、“I Don't Really Care”“Round Of Applause”などを確実にストリート・ヒットさせ、クルーの若手も抜擢。*升本

 

BIG K.R.I.T. 『Live From The Underground』 Cinematic/Def Jam

ミックステープも続々とフィジカル化されるなか、期待に違わぬ成果を上げたメジャー・デビュー盤。強烈な南部臭を放つトラックも相まってアウトキャストの面影を感じずにはいられませんが、そうこうしてたら年末に届いたビッグ・ボーイの新作にも参加! *山西

 

NAS 『Life Is Good』 The Jones Experience /Def Jam

近年の私生活にもインスパイアされたコンセプチュアルなアルバム。前年に他界した故ヘヴィーDも関与の“The Don”、実娘へ捧げた“Daughters”、故エイミー・ワインハウスとの泣けるセッション“Cherry Wine”(PVも必見)など楽曲単位でも話題となった。*升本

 

SLAUGHTERHOUSE 『Welcome To: Our House』 Shady/Interscope

2012年はエミネムと共に来日まで果たした(フルメンではないが)猛者たち。実力派4MCだけに彼らだけで十分聴かせる力を持っているが、本作ではさまざまなゲスト勢とのコラボも興味深く、スウィズ・ビーツ参加の“Throw It Away”が特に秀逸。*升本

 

『Kanye West Presents G.O.O.D. Music Cruel Summer』 G.O.O.D./Geffen

夏を過ぎて秋のリリースになってしまったが、2012年屈指の好ビートが揃っていた。“Clique”はヒット・ボーイの新しいクラシックとなり、“Mercy”などはハドソン・モホークのアシストも光る。ポッセ・カットの名演集としても聴き応えアリ。*高橋

 

KID INK 『Up & Away』 Tha Alumni/Traffic

西海岸のニュー・ジェネレーションが元気だった2012年。ブラック・ヒッピーやタイガーの活躍の影で割を喰ってしまった感もあるが、この男の存在も無視することはできない。“Time Of Your Life”などのメロウ曲のほか、FKiやKBによる刺激的なビートも多数。*高橋

 

KREAYSHAWN 『Somethin 'Bout Kreay』 Columbia

ディプロ作のニューオーリンズ・バウンス“Twerkin!!!”、JJ・ファッド“Supersonic”のリメイク“K234ysonixz”など、ガール・ラッパー群雄割拠の2012年において安定のお転婆ぶりを発揮。一方で“BFF”のようなセンティメンタルな友情ソングも歌えちゃうのが強み! *高橋

 

MGK 『Lace Up』 EST 19XX/Bad Boy/Interscope

ミックステープでのアグレッシヴなスピットとキャラクターをいっさい損なうことなくメジャー・フィールドに躍り出た、2012年のブライテスト・ホープだ。ワカ・フロッカ・フレイム、リル・ジョン、DMXらと互角に渡り合う凄まじいテンション! *高橋

 

MEEK MILL 『Dreams & Nightmares』 Maybach Music/Warner Bros.

ジャリル・ビーツ製の“Amen”や“Young & Gettin' It”など、男臭くてアクの強いラップを身上としながらも、コンスタントにシングル・ヒットを放ったメイバック・ミュージックの3番バッター。ぶっちゃけ頭領のリック・ロスより目立ってた? *高橋

 

PITBULL 『Global Warming』 Mr.305/Pologrounds/RCA

前作に比べると若干クランク〜マイアミ・ベース寄りのラテン・ラップ盤に戻っていましたが、豪華ゲスト陣を見ても一定のコミュニティーだけに向けられた作品じゃないことは明確。聴く人を偉そうに制限したりしないグローバル・ポップ、最高です! *山西

 

インタビュー