こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

R&B/SOUL――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/池谷昌之、出嶌孝次、林 剛

 

LABRINTH 『Electronic Earth』 Syco/Sony UK

タイニー・テンパーやレッチ32などグライム由来MCたちの地上ブレイクを支えてきた裏方が、それ以上にポップな歌モノ路線で表舞台へ登場。エミリー・サンデーとの全英No.1ヒット“Beneath Your Beautiful”を極みに人気曲を連発し、年末にはリアーナ新作への抜擢も! *出嶌

 

MICHAEL KIWANUKA 『Home Again』 Homeschool/Atlantic

〈BBC Sound Of 2012〉の1位であったというハイプやトレンドとは無縁のところで、連綿と続くシンガー・ソングライターの系譜に連なる普遍のフォーキー・ソウルを鳴らしたマイケル・キワヌカ。まだ20代半ばということで今後にも期待大。*池谷

 

ERIC BENET 『The One』 Jordan House

前作のレトロ路線に軽く現行感をプラス。自身のレーベル第1弾でもあった最新作は、私生活の充実ぶりを反映したかのような多幸感溢れる内容だった。ふたたび訪れた上昇気流に乗って思いのままにファルセットを炸裂させる彼に、不安要素はこれっぽっちもない。*林

 

ESTELLE 『All Of Me』 Homeschool/Atlantic

デヴィッド・ゲッタとのコラボもあったもののEDM方面とは距離を置き、シンガー/ラッパーとしての多才さを活かす独自のR&B路線をこの3作目で確立した。アメリカン・ボーイたちを従えて歌う、他に類を見ないイングリッシュ・レディー・ソウルだ。*池谷

 

K'JON 『Moving On』 Shanachie

いまやケムと並ぶ現デトロイトR&Bの顔。ロング・ヒット“On The Ocean”を受け継いだステッパーズ・ソングはもちろん、アグレッシヴなアップも用意し、クラシック感覚と現行マナーを絶妙なバランスでミックス。日本での驚くほどの人気のなさが本格派の証か!? *林

 

BOBBY WOMACK 『The Bravest Man In The Universe』 XL

まさかの復活はUKのXLから。デーモン・アルバーンと手を組んだ18年ぶりのオリジナルは、ラナ・デル・レイとの共演を含む異ジャンル・コラボが幅広い音楽性の持ち主であるボビーに火を点けた。枯れディープな歌声も説得力十分。*林

 

SANTIGOLD 『Master Of My Make-Believe』 Lizard King/Atlantic

ブラカ・ソム・システマやディプロ&スウィッチ、ボーイズ・ノイズといった職人たちのフリーキーに振り切れた仕事と、歯に衣着せぬ〈個性派女子MC〉ぶりが合致して相当おもしろいことになっていた本作。ライ・ライよりM.I.A.度(?)高いよ! *池谷

 

MONICA 『New Life』 RCA

シブ好みな本人のセンスと実年齢がようやく合致したアルバム。情感の出し方や歌の安定感はもはやヴェテランの域で、うっすらと滲み出る悲哀からは人生の重みも感じられた。ブランディとの14年ぶりの共演曲が急逝したホイットニー・ヒューストンへのトリビュートになったことでも話題に。*林

 

SWV 『I Missed Us』 Mass Appeal/eOne

15年経ってもSWVはSWVのままだった。デビュー当時の甘酸っぱさや90年代R&Bのグルーヴを現代に呼び覚ましたケイノン・ラムの見事な手捌きに加え、現役で歌い続けてきたココの伸びやかな声が不変だったことも成功の要因だろう。復活作かくあるべし、な内容。*林

 

R. KELLY 『Write Me Back』 RCA

自伝本の邦訳化も決定したR&Bの帝王は、もう何をやっても最強。前作でふたたび挑んだステッパーズをベースに、70sフィリー・ソウル、スモーキー・ロビンソン、レイ・チャールズなどに直球でオマージュを捧げるも、それでいて確実に2012年の音であるのが凄い。*林

 

MARCUS COLLINS 『Marcus Collins』 Syco/RCA

いわゆるヴィンテージ・モダンでもなく、文字通りのレトロ系ばかりレコメンされた2012年。「The X Factor」出身だからって無視する人はさておき、本作はリーゼント時代まで遡る痛快レトロ・モダン作でした。ジャッキー・ウィルソンばりの〈THE芸能界〉な匂いもいい。*出嶌

 

インタビュー