こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/青木正之、池田謙司、佐藤大作、出嶌孝次

 

JAZZANOVA 『Funkhaus Studio Sessions』 Sonar Kollektiv

名うてのDJ集団がポール・ランドルフ(ゼッド・バイアスとのコラボ盤も最高!)をヴォーカルに迎え、バンド録音でネオ・ソウル〜ジャズ・ファンクを披露。10年前の名盤『In Between』の復刻も相まって、クロスオーヴァー・シーン自体の成熟を窺わせるものだった。*出嶌

 

SEBASTIEN TELLIER 『My God Is Blue』 Record Makers

ポップ志向の強かった前作“Sexuality”に対し、元来のロマン主義を爆発させたコズミッシェ・ムジーク路線に徹したことで、EDMに腰を振るダンスフロアの海原をモーゼの如く杖一本で割ってのけて悠々と前進。全曲漏れなく映画の終幕で流せるほど感動的。*大作

 

SWEDISH HOUSE MAFIA 『Until Now』 Capitol

北米を発火点に、ヨーロッパ、そして日本にも飛び火したEDM。その象徴的な存在として世界を蹂躙したのが、このスーパースターDJ/プロデューサー・トリオだ。2013年で解散するため本作で聴き収めとなるが、時代を彩ったトラックが有終の美を飾る。*青木

 

BOYS NOIZE 『Out Of The Black』 Boysnoize

エレクトロ界の暴れん坊が3年ぶりに放った本作は、やはり荒々しかった。もともとエレクトロという音楽が持つ粗野な部分をアップデートし、無骨にハードな音を鳴らす彼のスタイルにはジャーマンな魂を感じざるを得ない。その頑なな姿勢が存在感を浮き出たせたと言える。*池田

 

DEADMAU5 『>Album Title Goes Here<』 Mau5trap/Virgin

リリースのタイミング的にはEDMという2012年のキーワードに乗って出されたような印象だが、本来の彼の秀逸なサウンドメイキングからして本作がヒットするのは必然だった。ゲストでメジャー感を出しつつもクラブ・オリエンテッドなネズミ節は変わらないのだ。*池田

 

AYAH MARAR 『The Real』 Transmission

旧知のカルヴィン・ハリスやDJフレッシュを中心に、カテゴリーを選ばずベース音楽やEDMで歌ってきた、有名で無名なシンガー。すでに声だけで2012年の一側面を担う人だが、本作でのポップ志向はユーロ圏の大衆音楽における予想以上のミクスチャー感を再認識させてくれた。*出嶌

 

ORBITAL 『Wonky』 Ninja Tune

UKテクノの雄が8年ぶりに放ったこの復活作で、昂揚感を煽る煌びやかなサウンドの素晴らしさを再認識させてくれた。やってることは大きく変化してないものの圧倒的で、それは〈electraglide 2012〉でも証明されたに違いない。60を越えても同じことやってそうです。*池田

 

MORITZ VON OSWALD TRIO 『Fetch』 Honest Jon's

電子音楽好きを静かなファンクネスで満たす夢の御三家による合奏は、多くの予想に反して嬉しく続いていた。この3作目は実験街道をひた走りながらも、封じられていた4つ打ちも交えて聴き手を魅了した。2013年こそは〈フジロック〉で拝めなかった3人編成での来日を! *大作

 

RICARDO VILLALOBOS 『Dependent And Happy』 Perlon

ミニマル・シーンのカリスマによる決定打! 昨今の実験的な部分も含めてダンス・ミュージックへと昇華させた本作は、繊細なプログラミングによって練られたサウンドがクールで官能的。彼が次の段階へ入ったことを感じさせるに十分な出来だった。*池田

 

ROBERT HOOD 『Nighttime World Vol. 3』 Music Man

デトロイト・テクノの重鎮による人気プロジェクトが12年ぶりに再始動するとあって期待は高まったが、それ以上のディープな世界観を見せつけてくれた。ドラマティックに潜行していく音空間は彼にしかできないもので、孤高の人であることを再認識。*池田

 

ZOMBIE DISCO SQUAD 『Brains』 Made To Play

モダン・ハウスを牽引するジェシー・ローズの肝煎りで、彼の主宰レーベルからリリースされたデビュー・アルバム。オマーをヴォーカルに起用した“Righteous Sound”がスマッシュ・ヒットし、2012年もジェシーの審美眼が衰えていないことを証明する結果に。*青木

 

インタビュー