こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/青木正之、池田謙司、加藤直子、佐藤大作、ヌーディーマン

 

HERVE 『Pick Me Up, Sort Me Out, Calm Me Down』 Cheap Thrills

ゲットー・ベースの雄ハーヴが投下した初作は、ド派手でわかりやすい展開をリードにベース・サウンドで次々とハメ倒していく様が痛快だった。プライマル・ネタのアレを聴くと吹き荒れるEDM旋風こそが、3度目の愛の夏だったのかも……なんつって。*ヌーディー

 

FAKE BLOOD 『Cells』 Different

大バコで培養されたフィジェットの申し子が、やっと重い腰を上げて初のアルバムを発表した2012年。鼓膜に焼き付くほど印象的なピアノの旋律でまんまとアンセム化した“Yes/No”をはじめ、彼の創作するバウンシーなおもしろハウスがEDM狂騒の年にも機能することを証明した。*大作

 

DJ KENTARO 『CONTRAST』 Ninja Tune /BEAT

海外での転戦をきっかけに繋がったフォーリン・ベガーズらとの〈円〉を集約した本作。ターンテーブリストらしい現場感やセンスを落とし込み、ベース・チューンを軸にした意外性たっぷりの展開が聴きものだった。その成果は〈フジロック〉出演時の熱気でもあきらか! *加藤

 

RUSKO 『Songs』 Mad Decent/Downtown

ダブステップをUSへ持ち込んだ功労者の3作目。これぞブロ〜EDMはもちろん、ガラージ〜トランスをヤケクソに振り回すパーティー・チューンも鮮やかだった。スクリレックスとダミアンのコラボにも見られたレゲエ色の強さは本作にも顕著で、2013年にどう繋がるか? *ヌーディー

 

DIPLO 『Express Yourself』 Mad Decent

さまざまな顔でローカル・ビートをメインストリームへブッ込んできた彼は、本人名義のEPでその旬をリポート。ダンスホール愛は変わらず、ニューオーリンズ・バウンスやムーンバートンなど2012年のケツの振り方を披露。メジャー・レイザーとスヌープ・ライオンはいかに。*ヌーディー

 

BRACKLES 『Rinse Presents Brackles』 Rinse

回帰ではなく新感覚でUKGの未来を探る面々は2012年も多かったが、彼もその一人。デトロイト調のシンセやトライバルなパーカッション、ソウルフルな4/4などを練り込んで跳ねるグルーヴが素晴らしい。リンスFM周りのコアなベース・ジャンキーは今後も要チェック。*大作

 

ROSKA 『Roska 2』 Rinse

2012年も精力的な活動を続けたリンスの顔、ロスカ。ふたたびダンス・ミュージックを通してチャートから地下まで活性化を図る近年のUKを象徴するように、ベースやファンキー、バウンスでジャックしながらポップな歌ものガラージまでまとめるこの脂の乗りっぷり! *ヌーディー

 

DELILAH 『From The Roots Up』 Atlantic UK

ダイドの再来と謳われ、ケイティBやジェシー・ウェアと並ぶダブステップ世代の歌姫として登場したデライラの初作。ヒンヤリとした都会的なプロダクションに映える官能的なアーバン・ソウルは、アルーナ・ジョージのアルバムが出る前に押さえておきたい逸品。*ヌーディー

 

YOUNG SMOKE 『Space Zone』 Planet Mu

世界中に飛び火しながら、トラックスマンの来日を機にようやくそのシーンがここ日本でも確認できたジューク。地元シカゴの新鋭は70年代のネタものではなく、デトロイトやIDMへの憧憬を滲ませたブレイン・ダンスとしての可能性もさらに拡張した。*ヌーディー

 

NETSKY 『2』 Hospital

DJフレッシュ、チェイス&ステイタスらのヴェテラン勢は何年もの歳月をかけてメジャー侵攻を果たしたものだが、ネットスカイはこの2枚目のアルバムで早々に世界的大ヒットを手中に収め、デラックス版リリースへも繋げることに。新しいスターの誕生を予感させるには十分すぎる出来事だった。*青木

 

インタビュー