こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/青木正之

 

エレクトロニカやアンビエントのテクスチャーを吸収して深化するオートノミック系の動きも活発だった2012年だが、その中心的な役割を担ったのがDブリッジ率いるイグジットだ。彼らの作風はとてもインテリジェンスに溢れており、なかでも顕著に表れたコンシークエンスとダン・ハバーナムのアルバムは、レーベルの独自性を確認するための好サンプルとなった。また、まだシングルではあるがアミットやシンクロなど有望なアーティストも同レーベルには参加しており、2013年も彼らへの期待は大きい。願わくば、Dブリッジに2008年以来となるアルバムをリリースしてほしいが果たして……。

 

▼関連盤を紹介。

左から、コンシークエンス『Test Dream』、ダン・ハバーナム『From The Known』(共にExit)

 

インタビュー