こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

多様にダンスする、それぞれのポスト・ポスト・ポスト……

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/出嶌孝次、ヌーディーマン

 

JAM CITY 『Classical Curves』 Night Slugs

異形ファンキーを追求してきた気鋭の初作。ジュークやトラップとも共振しながら、聴いたことのない複雑なリズムがジャングルのスピード感で疾走。成熟の季節が訪れたシーンのなかで、ここまで振り切れるのはホント爽快。*ヌーディー

 

COOLY G 『Playin' Me』 Hyperdub

ブロークン・ハウスやファンキーを、デトロイティッシュな酩酊感と共にハーフに落とした心地良い空間で、自身のシルキーな歌声が遊泳する。それこそブリアルやXXを聴く耳でも触れてほしいベース・ミュージック以降のR&B。*ヌーディー

 

ITAL TEK 『Nebula Dance』 Planet Mu

ダブステップ以降のベース・ミュージックにおけるビートの変遷を巧みに消化。この3作目ではジュークへと接近し、硬め/速めなトレンドのなかをプラネット・ミュー印のシンセ・サウンドで鮮やかに駆け抜ける逸品に仕上げてきた。*ヌーディー

 

DISTAL 『Civilization』 Tectonic

ジュークのつんのめり感覚でトラップ・ビーツの鋭さとUKガラージのスムースネスをミックスしたような、こんな傑作がピンチ主宰のテクトニックから出るという時代。ブラックバード・ブラックバードのリミックス仕事も印象的だった。*出嶌

 

インタビュー