こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

POP/ROCK――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/池谷昌之、内本順一、白神篤史、武田 晃、村上ひさし、山西絵美

 

GRIMES 『Visions』 4AD

宅録系のゴシック娘が大ブレイク! で、人々が〈次のグライムス〉探しに励んでいた頃、当人は部屋を飛び出し、奇抜なオシャレ仲間のクレイショーンとユニットを結成するなど、より活動の幅を広げてモンスター化に拍車をかけましたね。大の親日家でもあり、次作は日本で録音するみたい! *武田

 

OLLY MURS 『In Case You Didn't Know』 Syco/Epic UK

得意のオールディーズ路線に加え、現代的なエレポップなどクラブ方面へも接近しはじめた2作目。好感度だけじゃ乗り切れないオーディション番組出身の宿命・ジンクスを見事に打破。アルバム&シングルで同時にUKチャートを制し、US進出まであと一歩だ。*村上

 

REN HARVIEU 『Through The Night』 Island

BBCの〈Sound Of 2012〉にも選ばれたUKの女性シンガーによる初作。当時21歳とは思えぬ落ち着きと品格、哀しみも湛えた歌唱にやられた。いまだ賞味期限の切れないレトロ・ポップ〜ソウル的な作りのなかではもっとも良質なひとつ。次作でアデル級に化ける可能性も。*内本

 

COVER DRIVE 『Bajan Style』 Polydor

バルバドス出身であり、紅一点のアマンダ嬢の情熱的な歌声とルックスもあってリアーナと比較されることも多かったグループの初作。アイランド風味も初期リアーナと通じるけれど、ダンスホールでなくユーロ・ポップでハイブリッド化しているのがイマっぽい。*池谷

 

JUSTIN BIEBER 『Believe』 Raymond Braun/Island

破局騒動もありつつ、エレクトロ仕様のアップもレトロ・ソウル系も搭載した本作で変声期を上手く乗り切り、追従組を振り切ったビーバー王子。カーリー・レイ・ジェプセンのヒットを仕掛け、PVで〈盗難騒ぎ〉を起こすなどツイート使いの上手さも流石だった。*村上

 

CHERYL 『A Million Lights』 Polydor UK

スパガで言うならベッカム夫人的な位置付けで、セレブ度だけで稼げる絶世美女。カルヴィン・ハリス製の全英No.1ヒットを含む本作にガールズ・アラウドの再結成と、2012年は本業の歌でも大忙し。でも男運がイマイチで、離婚後にお決まりのダンサー彼氏をゲットし……。*村上

 

NATALIE DUNCAN 『Devil In Me』 Universal UK

ロンドンの歌手による処女作。ソウルとジャズとクラシック音楽とレゲエの要素を取り込んだ濃密な音楽性+歌唱は、大袈裟じゃなくエイミー・ワインハウスやアリシア・キーズといった才能に続くもので、興奮させられた。2013年2月には日本盤化&初来日公演も! *内本

 

OWL CITY 『The Midsummer Station』 Universal Republic

自然派志向の内向きなエレポップを描いてきた宅録君が、ミラーボールのクルクル回るダンスフロアへと漂着。ジャストすぎるタイミングでのカーリー・レイ・ジェプセンとの合体ではキラキラ感も倍増。純朴青年が世間の荒波に揉まれ、一皮剥けました。*村上

 

ARASH 『The Album』 ワーナー

アレクサンドラ・スタンのヒットを受けて(?)、このペルシャの中年歌手もしたたかに日本進出。バルカン・エレクトロもレゲトンも高テンションで歌い切り、その破壊力たるや凄まじいものがありましたね。ブラク・イェテル然り、こういうグローバル・ポップの流れは2013年も続くと見た! *山西

 

P!NK 『The Truth About Love』 RCA

結婚・出産を経ていっそう逞しく、豪快になった姉貴。身体を張ったパフォーマンスは、もはやアスリートだ。〈ダンス・ロック〉などという一見チャラそうなサウンドを乗りこなしつつも、弱者を鼓舞する精神性はロックそのもの。ヤンキー座りのジャケを見れば一目瞭然っす。*村上

 

CONOR MAYNARD 『Contrast』 Parlophone

〈ジャスティン・ビーバーへのUKからの返答〉というより、ひと回り上の〈ジャスティン・ティンバーレイクの継承者〉と表現したい。YouTubeによる立身出世劇を経て、ブルーアイド・ソウルならぬブルーアイド・ヒップホップでファレルからティーン女子までを魅了中。*村上

 

HOWLER 『America Give Up』 Rough Trade

2011年のヴァクシーンズに続き、2012年はミネアポリスのコイツらが正統派のギター・ロックを守ろうと奮闘してくれた。ストロークスやリバティーンズの後見人であるジェフ・トラヴィスを、一発で骨抜きにしたっていう逸話も頼もしすぎるぞ! *白神

 

インタビュー