こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

POP/ROCK――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/北爪啓之、佐藤一道、白神篤史、武田 晃、村上ひさし、山口コージー、山口智男

 

THE DARKNESS 『Hot Cakes』 Wind-Up/PIAS

2012年の初頭からレディ・ガガのツアーに帯同し、ド派手なファッション対決を繰り広げた彼ら。で、7年ぶりとなるこの復帰作でも、解散していたことが信じられないくらい相変わらずの淫らなハード・ロックを展開。2度目の快進撃はまだ始まったばかりだ! *コージー

 

ANIMAL COLLECTIVE 『Centipede Hz』 Columbia

ビートの立った攻撃的な楽曲にビックリ! 久々にフルメンバーが揃ったことをアピールしたというより、音楽メディアの年間ベストを総なめにした前作での成功を、みずから壊したかったのでは? 彼らがUSインディーの頂点に立ち続けられる理由が、何となく見えた気も。*武田

 

BLOC PARTY 『Four』 Frenchkiss/Wichita

3年ぶりに彼らが復活したことは、2012年のUKロック界のなかでも五本の指に入る大きなニュースだった。余計な装飾に頼らず、ギター、ベース、ドラムスを前に押し出したパンキッシュな楽曲に解散説もどこへやら。登場時を思い出して狂喜したリスナーは多いはずだ。*白神

 

DONALD FAGEN 『Sunken Condos』 Reprise

高品質な大人ポップの求道者としてまるでブレを見せない音世界を描いた、6年半ぶりのソロ作。2012年11月には〈AOR三羽烏〉とも言うべきボズ・スキャッグス、マイケル・マクドナルドとの夢の共演による来日も遂げて、ファンを驚喜させてくれた。*北爪

 

DRAGONETTE 『Bodyparts』 Universal Canada

マーティン・ソルヴェグの大ヒット曲“Hello”に客演し、世界中から注目を集めるなかでの登場……っていうタイミング的にもバッチリすぎた3年ぶりの3作目。キャッチーなシンセと派手なビートで飾られたハウス仕立てのナンバーに、何度踊り狂わされたことか。*白神

 

GREEN DAY 『¡Uno!』 Reprise

久々に夏フェスで来日したり、本作を起点とする3部作をわずか4か月の間にリリースしたりと大忙し! 最初の2枚で己のルーツに回帰した彼らは、完結編で大人のための成熟したポップ・パンクを提示。その3作品の制作過程を追ったドキュメンタリーのDVD化がいまから待ち遠しい。*智男

 

EGYPTIAN HIP HOP 『Good Don't Sleep』 R&S

2010年のデビューEPから、まさかここまで待たされるとは! ここでのメランコリックなサイケ・チューンを前に、もうちょっと早くアルバムを作っていたら〈XX以降~〉じゃなくて〈EHH以降~〉がレヴューの常套句になっていたのでは?とか考えてみたり。*武田

 

AEROSMITH 『Music From Another Dimension!』 Infectious

痴話喧嘩からいつもの解散騒動に発展し、やっぱり元の鞘に納まった不死鳥たちが11年ぶりのオリジナル作を発表したのも忘れ難い出来事。90年前後を思わせるポップ・チューンの連打に、世界中のエアロフォースが歓喜の涙を流したのであった。*コージー

 

NO DOUBT 『Push And Shove』 Interscope

グウェン姐さんのソロ活動を経て11年ぶりにこのアルバムで復活した彼ら。スカやダンスホール・レゲエへの愛が、時代の寵児であるメジャー・レイザーとの合体を呼び寄せ、新旧交配の素晴らしさを教えてくれました。それにしてもメンバー全員若い! *村上

 

JAKE BUGG 『Jake Bugg Mercury

2012年にデビューを飾った18歳。さっそくノエル・ギャラガーの前座を務めたほか、“Lightning Bolt”がロンドン五輪でウサイン・ボルトのテーマ曲に使われるなど話題に事欠かなかったが、マムフォード&サンズを押さえ、本作で見事に全英1位を獲得したことが何よりも驚き!  *智男

 

ROGER NICHOLS & THE SMALL CIRCLE OF FRIENDS 『My Heart Is Home』 ビクター

ソフト・ロックの代名詞的な存在である彼らから、デビュー45周年を目前にしてまさかの3作目が届くとは! またロジャーが幾多の名曲を残したA&Mも設立50周年を迎え、関連作が続々とリイシューされたのも嬉しい。*北爪

 

TAME IMPALA 『Lonerism』 Modular

中心メンバーがメロディーズ・エコー・チャンバーを手掛けて脚光を浴び、この2作目もNMEの年間ベスト・アルバムに選ばれるなど大きな反響を呼んだ。ジョン・レノン似の寂しげな歌声とネットリしたサイケ・ロック・サウンドがいまだ耳から離れない、っていう人も多いのでは? *一道

インタビュー