こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

インディー・シンセ女子の飛躍

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/武田 晃

 

この1年は、グライムスのヒットを皮切りにチルウェイヴ〜ウィッチ・ハウスの流れを汲む、いわゆる〈インディー・シンセ女子〉に注目が集まりました。特に100%シルクとノット・ノット・ファンを取り仕切るLAの女帝、LAヴァンパイアズ周辺が熱く、ナイト・ジュエル(デイム・ファンクとのユニットでも音源を出してくれ!)にマリア・ミネルヴァ、ジュリア・ホルターがブレイク。他にもNYのエミリー・ウェルズやスペインのリンダ・ミラダなど、美しい浮女子が次々とベッドルームに侵入してきて野郎どもはタジタジですよ。2013年はドルドラムスらがアルバムを出すとのことで、男性陣の挽回にも期待!

 

▼関連盤を紹介。

左から、ナイト・ジュエル『One Second Love』(Secretly Canadian)、マリア・ミネルヴァ『Will Happiness Find Me?』(Not Not Fun)

 

インタビュー