こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

時代に求められたダン・オーバック

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/吾郎メモ

 

2012年のキーマンの一人に、ブラック・キーズのダン・オーバックが挙げられる。ブルースやサザン・ロック、もっと広い意味でロックンロールが見直された年でもあり、彼の作るサウンドがそんなヴィンテージな雰囲気にピッタリはまったのかもしれない。ドクター・ジョンと組んでリズム&ブルースを見事にアップデートしてみたり、シープドッグスやジェフ・ザ・ブラザーフッドといった注目の若手をプロデュースしてみたり、RZAが監修したタランティーノ映画のサントラに参加してみたり、活動の場もかなり広がっている。当然、他にもたくさんのミュージシャンから支持され、イギー・ポップやジンジャー・ベイカーらが参加したトリビュート盤〈Black On Blues〉も記憶に新しいところ。次のグラミーでは本隊の2011年作『El Camino』を中心に5部門でノミネートされていて、まだまだ快進撃は続きそう。

 

▼関連盤を紹介。

左から、ドクター・ジョン『Locked Down』(Nonesuch)、シープドッグス『The Sheepdogs』(Atlantic)、トリビュート盤『Black On Blues: A Tribute To The Black Keys』(Cleopatra)

 

インタビュー