こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAZZ/REGGAE/WORLD――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/内本順一、岡本大輔、北爪啓之、カシワサン、加藤直子、西尾洋儀、山口智男、山西絵美

 

THE NARCOLEPTIC DANCERS 『Never Sleep』 Irma

片割れの女子がメロディーズ・エコー・チャンバー名義でブレイクしたこともあり、ロング・ヒットを記録。ソロ作よりずっとレトロな雰囲気で、バード・アンド・ザ・ビーを60sのパリにタイムスリップさせたような音は、トレンドと関係なく長く愛聴できそう。*山西

 

IRMA 『Letter To The Lord』 My Major Company/Warner France

生楽器と歌だけの簡素なフォーク・スタイルが見直されもした2012年。各国から新しいシンガーが登場したが、こちらはカメルーン出身で現在はパリに拠点を置く女性。アコギと合わさる哀しみの滲んだ歌声が沁みました。飾らないことの美しさね。*内本

 

PENGUIN CAFE 『A Matter Of Life...』 Penguin Cafe/プランクトン

サイモン・ジェフスの息子であるアーサーを中心に奇跡の復活作を完成させ、まさかの来日公演まで果たしたペンギン室内音楽団。アーサーはサンドッグ名義でも趣向の異なるポスト・クラシカル作品をリリースし、豊かな才能を知らしめた。*北爪

 

ANA TIJOUX 『La Bala』 Nacional

ドレイクやフランク・オーシャンらに代表されるアンビエント・ヒップホップ/R&Bへの、メキシコからの回答!? 歌を交えたユル~いラップ(but詞の内容はかなり政治的)と、官能的なストリングスを軸としたトラックに、トム・ヨークもメロメロなんだとか。もっと広く聴かれるべき! *岡本

 

QINHO 『O Tempo Soa』 Oi/Balacha

2012年はチブレスやクリオーロらアーバン・メロウな新人がサンパウロから続々とデビュー! なかでもこの人の作るファンキーな音はカエターノと比較されるほど絶賛された。で、御大のトリビュート盤にも大物に混ざって参加しちゃうんだもの、いかに期待されているかがわかるね。*岡本

 

ONDA VAGA 『Moshi Moshi: Best Album For Japan』 UNCLEOWEN

じっくり聴いて良し、楽しく踊って良しのこの編集盤と、計9回もステージに立った〈フジロック〉で大きな注目を集めた、アルゼンチンのオルタナ・フォルクローレ集団。2013年は新作の発表と来日公演が予定せれているそうで……祭りは続く! *智男

 

ONDATROPICA 『Ondatropica』 Soundway

アリス・ラッセルとのコラボ盤にロス・ミティコス・デル・リトモ名義での初作など、ワーカホリックぶりを見せた2012年のクァンティック。なかでも60〜70年代のコロンビアの音楽家を呼び寄せ、黄金期のクンビアを再現した渾身の本作には格別の輝きが。*西尾

 

SEAN PAUL 『Tomahawk Technique』 VP/Atlantic

スターゲイトやリコ・ラヴらが手掛けた本作には、アレクシス・ジョーダンの客演曲をはじめ、今様のアーバン・ポップがズラリ。レゲエ方面では賛否両論ありましたが、カッコ良いんだからそれでOKでしょ。てか、こういうDJがもっと出てきても良いと思います。*カシワ

 

ROMAIN VIRGO 『The System』 VP

無邪気な恋愛ソングで女性ファンを狙い落とすアイドル路線はほどほどに、社会派な楽曲を多数披露したこの2作目で一皮向けたロメイン君。初のジャパン・ツアーも大盛況で、口うるさい日本のレゲエ親父たちまで〈アルトン・エリスの後継者〉と騒ぎはじめた1年でした。*カシワ

 

KINGDOM☆AFROCKS 『SanSanNaNa』 Gumbo Groove/PLANETGTOOVE/Village Again

日本でもアフロビート・バンドは増えてきているが、やはり真打ちは強かった!と唸らせる、圧巻のアルバム。定型に縛られることなく自分たちなりの解釈を存分に盛り込んで仕上げられたそのサウンドは、実に日本人的なものとなった。*加藤

インタビュー