こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAZZ/REGGAE/WORLD――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

ディスクガイド/佐藤一道、西尾洋儀、山本一樹

 

ANTIBALAS 『Antibalas』 Daptone

デヴィッド・バーン&セイント・ヴィンセント作品への客演も話題を呼んだ彼ら。フェラ・クティを題材にしたミュージカルの参加を経て発表した本作は、フェラ譲りの激しい掛け合いコーラスなども飛び出し、〈俺らが現行アフロビートの頂点だ!〉と言わんばかりの頼もしい内容でした。*西尾

 

JIMI TENOR AND KABU KABU 『The Mystery Of Arether』 Kindred Spirit

トニー・アレンとの共演以降、アフリカ音楽好きからも熱視線が注がれるようになっていたなかでの、3年ぶりとなるカブカブとのタッグ盤。北欧ジャズの洗練性とアフロビートのダイナミズムとのマッチングは、よそでは味わえません。*西尾

 

盪在空中 『一大片的風景』 HIJ

同じ台湾出身の透明雑誌と仲良しで、フィッシュマンズをこよなく愛するダブ・ポップ・バンド。このファースト・アルバムには〈空中キャンプ〉していたあの頃のやるせない感じがこだましていて、当然のように日本でも一部で熱狂的に受け入れられた。*一道

 

MISS A 『Touch』 AQ/JYP

海外遠征に積極的だったWONDER GIRLS先輩に対し、JYPらしいUS仕込みのアーバンなミニ・アルバムを2枚もリリースするなど、2012年の彼女たちは国内での活動に励んでいた印象。特に本作で魅せたダークな雰囲気は、その後のK-Popシーンにかなりの影響を及ぼした気がします。*山本

 

BIGBANG 『Alive: BIGBANG 5th Mini Album』 YG

いろいろあったけど、高性能なエレクトロ・ホップを搭載した本作で見事に復帰……どころか、GD&TOPとしてピクシー・ロットと共演、G-DRAGONもソロ作を発表(XXL誌で〈韓国のカニエ〉なんて評されていましたね!)と、世界制覇も間近!?な活躍ぶりでした。*山本

 

B1A4 『Ignition: B1A4 Vol.1』 WH/Ponycanyon Korea

2012年の韓国はアイドル・グループ人気に陰りが見えはじめ、新人が苦戦を強いられましたね。そんななか彼らは見事に日韓でブレイク!  エモい“Baby I'm Sorry”をはじめ、尖りすぎず、親しみやすさのある楽曲が成功の鍵か!? *山本

 

PEPPERTONES 『Beginner's Luck』 CJ E&M

f(x)仕事を経て初のアルバムということもあり、弘大系を代表する2人組が放った4作目はこれまでになく注目を集めました。ゲスト・シンガーを招いたナンバーは1曲のみ、自分たちの歌とバンド演奏を立てて、アズテック・カメラなど往年のネオアコ好きからも支持を獲得! *山本

 

INFINITE 『Infinite 3rd Mini Album: Infinitize』 Woollim/Loen

日本での活動も好調だった彼ら。デビュー時からの付き合いとなるSweetuneとのコンビも安定し、出世曲“Be Mine”をアップデートしたような“The Chaser”をはじめ、疾走感と切なさを備えたサウンドで、いよいよその才能を開花させました。*山本

 

WONDER GIRLS 『Wonder Party: Wonder Girls 1st Mini Album』 JYP

日本進出やエイコンとのコラボなど国外での仕事が目立つなか、フラッシュモブ風のPVも話題になったこの韓国でのカムバック作は、ベース曲を披露するなど流石の仕上がりでした。メンバーの結婚を機に、今後はソロ活動も期待できそう!? *山本

 

PSY 『PSY 6 Gab Part 1: PSY Vol.6』 YG

本作収録のLMFAOばりにキャッチーでアクの強いエレクトロ・ホップ曲〈江南スタイル〉が、世界的な大ヒットを記録。で、USではジャスティン・ビーバーの所属事務所と契約し、現在インターナショナル盤を制作中なんだとか。まだまだPSY旋風は吹き止みそうもない! *山本

インタビュー