こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

進化するレゲトン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/山西絵美

 

短期間で爆発的に流行ったためか、レゲトンというと、どうも日本ではダディ・ヤンキー“Gasolina”に代表されるズンドコした派手なビートを勝手に思い描き、拒絶反応を示してしまう人が多いようです。でも、2012年はそんな偏ったレゲトン観を見直す良い機会がたくさんありました。日本盤化されたドン・オマール主宰のレーベル・コンピ〈MTO2〉にせよ、ダディヤンやウィシン&ヤンデルの最新作にせよ、そこで聴けたのはドラムステップやブロステップ、ダーティー・ダッチにエレクトロ・ハウスなどなど。ここまで書いたら勘の良いbounce読者の皆さんには伝わっていると思いますが、リアーナだったり、〈江南スタイル〉だったり、ショーン・ポールだったりと並列で楽しめる音なわけですよ。色眼鏡のせいで、日々進化を続けるレゲトンの楽しさを知らずに過ごすなんて人生損してる!と、声を大にして言っておきましょう。

 

▼関連盤を紹介。

左から、コンピ『Don Omar Presents MTO2: New Generation』(Orfanto/Machete/Universal Latin)、ダディ・ヤンキー『Prestige』(El Cartel/Capitol Latin)、ウィシン&ヤンデル『Lideres』(Machete/Universal Latin)

 

インタビュー