こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/池谷謙司、加藤直子、北爪啓之、北野創、澤田大輔、出嶌孝次



長いキャリアの途中で振り返るものもあれば、その活動を終えた者の功績を讃える作品もあり。既発曲のみならずここでしか聴けないナンバーがあったりして、ファンも意外と聴き逃せないよ!



DJ SHADOW 『Reconstructed: The Best Of DJ Shadow』 Island

20年のキャリアのなかで作品ごとに振り幅の広さを披露してきたDJの、その変遷を辿るベスト・アルバム。初期のビート職人ぶりから新曲まで一度に把握できるが、一貫した音作りの緻密さにはクラクラ。*池谷

 

JENNIFER LOPEZ Dance Again... The Hits』 Epic

レッドワン&ピットブルの援護射撃も強力な“Dance Again”のヒットを看板にした、時代のミューズのベスト盤。最初期のユーロ・ポップやラテン調、ヒップホップ・ソウルまで、どの時代も等しく輝いているのだから凄い。*池谷

 

JEFF MILLS Sequence -A Retrospective Axis Records-』 Axis/U/M/A/A

アクシスの設立20周年記念盤。彼の功績が存分に味わえる内容で、〈デトロイト・テクノとは?〉の問いに答えてくれる格好のバイブルに。この宇宙観の影響力の大きさを改めて考えさせられた。*池谷

 

東京事変 東京コレクション』 EMI Music Japan

2月に解散した彼らのライヴ・ベスト。これだけでなくカップリング・ベストや各種ライヴDVDなど、倉庫に保管されている事変コンテンツを出血大サーヴィスとばかりに放出していたのが印象的。この祭りは2013年に入っても続く。*加藤

 

YUKI POWERS OF TEN』 エピック

この年にソロ・デビューから10周年を迎えた彼女の全シングル集で、初制作したソロ音源などのお宝もどっさり。バンド解散以来の東京ドーム公演やそのソフト化、ボックスやカップリング集……と続いた祝賀ムードは〈紅白〉出場まで引き寄せた! *出嶌

 

cro-magnon THE BEST』 ラストラム

闇に葬られていた(?)アニメ「へうげもの」との企画盤も無事リリースされ、完全復活を遂げた3人組のこれまでを振り返るには、いまがベスト・タイミングか? タワー限定のライヴ盤も素晴らしかったが、2013年は新作にも期待したい。*北野

 

山下達郎 OPUS -ALL TIME BEST 1975-2012』 MOON/ワーナー

シティー・ポップ再興の波がより顕在化するなか、そのパイオニアは本作で全キャリアを総括。新曲では過去にないアプローチも見せており、2013年も第一線でJ-Popを刷新し続けてくれるはず。*澤田

 

私立恵比寿中学 エビ中の絶盤ベスト~おわらない青春~』 DefSTAR

安定感メジャー・デビューした年に、これまでのインディー音源をアーカイヴ。ユニークな楽曲の数々はももクロちゃんと異なる楽しさが全開で、前山田健一の本領が発揮されているのでは? *出嶌

 

WACK WACK RHYTHM BAND XX CLASSICS』 HIGH CONTRAST

賑やかなブラス隊を伴った宴サウンドを鳴らす彼らが結成20周年。オリジナル作が手に入りずらい状況のなか、RHYMESTERとのコラボをはじめ屈託なくジャンルを越境してきた歴史を詰め込んだ本作は貴重だ。*加藤

インタビュー