こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/一乃木裕之、加藤直子、北爪啓之、北野創、土田真弓、村上ひさし



納得? それとも、まさか!?——さまざまな驚きと感動を運んでくれる共演作が揃った2012年。1+1=2以上の化学反応を見せたアルバムをチョイスしてみました!



NENEH CHERRY & THE THING 『The Cherry Thing』 Smalltown Supersound

大友良英との共演でも有名なフリージャズ・トリオとネナが合体した衝撃作。リンドストロムらが顔を揃えた同作のリミックス盤も含め、実験精神に溢れつつ人懐っこさもある彼女らしい内容だった。*北爪

 

DAVID BYRNE & ST. VINCENT FLOATIN' LAB』 BULL MOOSE

NYシーンをリードする2人のコラボ盤で、親子ほどの年の差などものともせず、対等に渡り合う両者の才能が交錯した傑作。アンティバラスも駆け付け、同地ならではのゴッタ煮感が味わえたのも◎! *北爪

 

THE D.O.T 『And That』 HOSTESS

マイク・スキナーと元ミュージックのロブによる友情が音楽に結実。コラボならではの気負いのなさで楽しそうにロッキン・ディスコ・チューンを披露し、ひとまず過去の栄光をリセット。この編集盤に続き、2013年にはアルバムも登場予定だ。*村上

 

SKY-HI presents FLOATIN' LAB 東京コレクション』 EMI Music Japan

AAAの日高光啓によるラップ・アルバムは、ジャンル越えをものともしない個性が盛り込まれた意欲作。日本語ラップでは稀なレヴェルの異種格闘技は、まさしくいまのシーンにもっとも必要な喝でもある。*一ノ木

 

ハンバート ハンバート×COOL WISE MEN ンバート・ワイズマン!』 ユニバーサル

実は同じ高校の先輩・後輩だったという縁のあるメンバーも含んだ両ユニットの合体は、まさにお互いのいいとこ取りを地で行く結果に。ロックステディ×ハンバートの優しい歌の素晴らしさたるや! *加藤

 

GAGLE×Ovall GAGLE×Ovall』 ビクター

お互いの音楽に対する愛情を仲立ちに、骨太だけど耳に優しい極上の生音ヒップホップを完成させたこの2組。収録曲のどれもがソウルフルで瑞々しく、躍動感に漲っていた。なかでもGAGLE“うぶこえ”の再演は意義深い。*北野

 

!!!KYONO+DJ BAKU!!! !!!+!!!』 スピードスター

BAKUによる暴動ビートとKYONOのワイルドな咆哮──〈フジロック〉で初披露されたコンビが放つのは、ダブステップ以降のパンク・ミュージック。2011年のコーン+スクリレックスにも拮抗するマッチョイズムが全開だ。*土田

インタビュー