こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/青木正之、岡本大輔、轟ひろみ、小松健一郎、佐藤大作、出嶌孝次



ネットにはタダで聴けるミックスがたくさんありますが、ヤバいブツに当たるのはごく稀なこと。でも、やっぱりカッコイイ音をノンストップで浴びたいよね!という欲求は尽きないわけで……



DJ HARVEY 『Xland Records Presents Xmix 01』 Xland

ロクスソルスで勢いに乗ったパーティーの神様が現役バリバリの審美眼で最新ネタばかりを注ぎ込んだ一枚。16年ぶりのオフィシャル盤という重みも軽快に吹き飛ばす、純粋にダンスする喜びへと直結した現場感が凄い。*大作

 

NOZE Body Language Vol.11』 Get Physical

個性や革新性とポピュラリティーをバランス良く調合するノゼのストレンジな音楽性は、ミックス盤でも健在。デイヴ・アジュ、ドップらサーカス・カンパニー一派の音源を使った、2012年でもっともセクシーでファニーな一枚だ。*青木

 

ANDREW WEATHERALL 『Masterpiece』 Ministry Of Sound

現在の音楽性に則ったBPM120前後のスローモーな楽曲から成り、アスフォデルズのティーザー的な一面も窺わせたミックス作品。ソフト・ロックス界隈や北欧勢、またはDFA周辺など、新年もサイケ・ディスコの快楽は続く。*大作

 

DIGITAL SOUNDBOY SOUNDSYSTEM Fabriclive 63』 Fabric

ベース・ミュージックの拡散ぶりが顕著だった2012年。夢の3人組が放った本作は、源流がレゲエ〜ジャングルにあるUK伝統芸の系譜だと猛烈にアピール。それでいて革新性も調和させた驚愕盤だ。*青木

 

FRANKIE KNUCKLES Tales From Beyond The Tone Arm』 Nocturnal Groove

再燃したアーリー・ハウスが多方面に影響した2012年。そんななか健在のゴッドファーザーは王道をゆく! 古典編と最新ハウス編の2枚組によって〈伝説〉とは呼ばせない現役ぶりを見せつけた。*大作

 

DJ Mitsu the Beats SOLID BLACK』 OCTAVE

年間通じてリイシューに沸いたブラック・ジャズ。そのオフィシャル・ミックス第1弾がこれだ。メロウな第2弾のジャイルズ編とは違い、ベース強めのファンク〜ソウル・ジャズが特盛りで、Mitsuの男臭さが出まくっていた。*小松

 

ROBERTO SOKO Balkan Beats: Soundlab』 Pirahna/!K7

ブロステップ〜エレクトロ仕立てに改編されたバルカン・ビートの人気曲が聴けちゃう優れもの。これ、グローカル・ビーツ好きというより、アレクサンドラ・スタン好きに聴いてもらいたい。いまからでも遅くないです! *岡本

 

DJ WILDPARTY MOGRA MIX VOL.1』 EMI Music Japan

岡村ちゃん信者にもいきなり熱視線を送られることになった彼だが、そうなるに至ったのも本作に顕著なセンスの賜物だろう。二次元コンシャスな音楽とリア充なダンス音楽のフロアでの凶暴な融合はこの先も進むはず! *轟

 

DJ ISSO BEST OF JAPANESE HIP HOP HITS 2012』 Manhattan/LEXINGTON

例年以上の賑やかさは、新しい血の巡りはじめた2012年の状況をそのまま反映しているから。ONE YEAR WARも昭和コンビもT.O.P.もtofubeatsも盛り込んだ定盤。新進のSNEEEZEもチェックを! *出嶌

インタビュー