こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

TREASURES--(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月09日 18:01

更新: 2013年01月09日 18:01

ソース: bounce 351号(2013年12月25日発行号)

文/池田謙司、狛犬、出嶌孝次、林剛、



その年に話題となった復刻盤や発掘音源集を見ていくと、そこから現在の音楽シーンの傾向が何となく透けて見えるような気がしておもしろいですよね。さて、2012年はどうだったかな?



2PAC 『Ghetto Gospel -Birth Of A Legend』 Module

発掘もずいぶん大人しくなり、近年はホログラム化されたりするのみの2パックながら、本作はディオン・エヴァンスと録ったオリジナルの初期音源集。“Ghetto Gospel”や“Changes”などのロウな響きはいまも圧倒的だった。*出嶌

 

EARL VAN DYKE The Motown Sound: The Complete Albums, Singles & More』 Hip-O Select

とりあえずモータウン調でやっとけ的な風潮はさておき、その名の通りファンク・ブラザーズの長が残したコンプリートな本作はどれほど知られてる? これこそがホンモノ! *出嶌

 

VARIOUS ARTISTS Wonderland -The Spirit Of Earth, Wind & Fire』 Expansion

EW&Fデビュー40周年記念として、日本ではコロムビア時代の全オリジナル作が紙ジャケ復刻され、英からはメンバーの外仕事を集めたコンピが登場。軽快なEW&Fグルーヴで貫かれた全20曲。本家の新作も待ち遠しい。*林

 

BLACK ICE Black Ice』 Montage/HDM

HDM関連のリイシューが続いた2012年、その看板となるブラック・アイスは快挙の全作CD化! 〈唇アイス〉の愛称で知られる最終作となった3作目は、80s風のファンクに加え、ヴォーカル・グループ然としたバラードが見事な好盤だ。*林

 

MICHAEL JACKSON Bad 25th Anniversary Edition』 Epic

2012年のMJ祭りはクインシー・ジョーンズとの最終タッグ作の25周年盤で賑わった。本編はエッジの立った曲が中心だったが、激メロウな未発表音源が存在していたことが今回判明。英国での伝説ライヴのDVD化も話題に。*林

 

MARVIN GAYE Trouble Man 40th Anniversary Expanded Edition』 Motown/Hip-O Select

サンプリング・ネタの収録でも有名なブラック・シネマ・サントラの拡大盤(2CD)。映画本編で使用されたスコアやテーマ曲の歌入り版など、貴重音源の初音盤化は新たな定番ネタを生むか? *林

 

LOU RAGLAND Understand Each Other』 S.M.H./Pヴァイン

ポップホット・チョコレートで活躍したソウル・シンガーの、バンド時代や80年代モノも含めたリイシュー群は話題になりました。普通の作品をいつでも普通に楽しめるのがいちばんだけど、やはりレアさにも惹かれる! *狛犬

 

VARIOUS ARTISTS KMS 25th Anniversary Classics: 2.5 Decades Of Techno』 KMS

ケヴィン・サンダーソンが主宰するデトロイトの老舗レーベル、KMSの25年間を纏めた作品。ハウスとテクノの境界も曖昧な時代の貴重な音源がズラリ。クラブ史を知るうえでも価値のある重要資料だ。*池田

 

THE PRODIGY The Fat Of Land Expanded Edition』 XL

賑やかないち早くノイジアやラスコを起用していた彼ららしく、ネロやメジャー・レイザーらの新リミックスをプラスした2枚組の15周年記念エディション。EDMの全米上陸というレイヴ気分にリンクするタイミングもバッチリ! *出嶌

 

VARIOUS ARTISTS Minimal Wave Tapes Vol. 2』 Stones Throw

超カルトな80sシンセ・ウェイヴの発掘音源集の第2弾。曲自体のレア度はもちろんだが、編集したヴェロニカ・ヴァシカ嬢の執念と愛が感じられて良い。この危険なアングラ臭の格好良さはいまにもバッチリ通じるものだ。*池田

インタビュー