こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN HIPHOP/R&B/CLUB――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/一ノ木裕之、北野 創、出嶌孝次

 

SEEDA 『23edge』 EMI Music Japan

わずか4か月のインターヴァルで発表の一枚。この1年ほどでメロディーを取り込むラップ・スタイルの定番化が急速に進んだシーンにあって、本作ではメロディアスな面を強調した前作の方向性をリセット。一時代を築いた彼のトップランナーたる所以は、そんな点にもありそう。*一ノ木

 

SQUASH SQUAD 『objet』 Brainstorm

2012年のベストPVと呼んでしまいたくなる“Suicide Bounce”の妖しい怪しさに惹かれ、一気に旬の存在となったトリオの2作目。USとの距離感を気にしないことでUSモノに近い独自性を獲得したDineroのビートもヤバい。出たばかりのVITOのソロ作と併せてぜひチェックを。*出嶌

 

HOOLIGANZ 『S.K.I.L.L.Z.』 forte

90sのインフルエンスは、いまなお日本語ラップ界で根強い幹の一つ。HAIIRO DE ROSSIやTAKUMA THE GREATら4MCユニットの本作もまた、それを大いに引き継ぐものだ。リリックに表れる精神性や言葉のセンスにも色濃いそれは、forteのレーベル・カラーにもおのずと通じる。*一ノ木

 

MINT 『ミンちゃん』 ファイル

最近はネットでの活動に軸足を置いていたが、約5年ぶりとなったこのフィジカル作は、そんななかで出会ったLil'諭吉ことCherry Brownと完全タッグ。時にギャルになりきり、毒を交えながら愉快に立ち回るその姿は、閉鎖的になりがちなヒップホップ・クラスタへのカウンターとしても映った。*北野

 

m-flo 『SQUARE ONE』 rhythm zone

両名の有意義なソロ活動を経て、久々にコンビで放ったアルバムは圧巻のクォリティー。K-Pop旋風もEDM上陸もサウンド的な意味ではずっと前から内包していた彼ららしく、余裕な振る舞いの奥に自信と自負もチラリ。“消臭力のうた”のブロステップなんて普通は思いつかないよ! *出嶌

 

KOJOE 『MIXED IDENTITIES 2.0』 ON

日本語ラップ界では周縁に追いやられがちだったバイリンガル的なスタイルが、ここに来て一気に本流へと合流を果たしたのは、彼やISH-ONE、そしてAKLOらUSラップを咀嚼した人々の活躍によるところが大。USでも活動した彼の本作は、陣容と併せてそのスタンスを物語る。*一ノ木

 

RUFF NECK 『RUFF TREATMENT』 R-RATED

唯一のシングルからほぼ10年越しで完成した初フル作。国内外のプロデューサーを起用し、生い立ちと周囲の環境を背景に描かれる世界は、Anarchyの諸作と地続き。日本語ラップの現在進行形の潮流をよそに、叩き上げストーリーを地で行く姿勢と音楽にブレはない。*一ノ木

 

GOKU GREEN 『HIGH SCHOOL』 BLACK SWAN

噂のBLACK SWANにフックアップされた噂の16歳(発表時)のアルバム・デビューも2012年のトピック! S.l.a.c.k.以降の甘く鋭いフロウに、ジャストな時代感覚で応じたJAKKPOTTとLil'諭吉のビートも見事でした。ハイなスクールならではの甘酸っぱさに夢心地……。*出嶌

 

MoNa a.k.a. Sad Girl 『Never say never』 TEARDROP

人気がグングン高まっていくなかであえて充電期間を選んでいた彼女は、およそ2年ぶりのアルバムで帰還。気合いの入ったロウなラップも心のこもったハートフルな歌も等価に聴かせるスキルをさらに磨き、楽曲ごとの個性も確固として新しく咲いてみせた。*出嶌

 

QN 『New Country』 SUMMIT

もとより彼の魅力のひとつでもあった天の邪鬼な部分が必要以上に強調される出来事もあったが……少なくともこのアルバムの(いつもながらの!)完成度の高さには舌を巻いた人も多かったはずだ。含みのあるしなやかな語り口とスムースなビートがまた新たな道を探る、実に彼らしい傑作だ。*出嶌

 

KOWICHI 『THE CHIPS』 STREET OFFICIAL /NEW WORLD

川崎のenmakuから登場した初のソロ作は、期待以上のスケール感にブッ飛ばされる力作だった。DJ PMXが最高クラスのビートを提供した“SHOW & PROVE”をはじめ、NATOが多様なビートで主役の表情を多彩に引き出す作りで、ウェッサイ好き以外の人にも大推薦! *出嶌

 

SHINGO★西成 『ブレない』 昭和レコード

酸いも甘いも包み込んだ従来の作風はブレないまま、ラップにまつわるギミックをこれまでになく排した3作目。地元に密着した活動は“大阪UP”とPV、そこから生まれた各地のリミックスとでシーンを結び、レーベルメイトの般若と共に回った〈昭和ツアー〉もその輪を大きくした。*一ノ木

 

インタビュー