こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN HIPHOP/R&B/CLUB――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/北野 創、澤田大輔

 

安室奈美恵 『Uncontrolled』 avex trax

デビュー20周年イヤーを飾った2年半ぶりのオリジナル作は、近年の活動の充実ぶりを反映したシングル曲テンコ盛りの一枚。プログレッシヴなアーバン・サウンドも壮大なバラードも圧倒的な歌力でねじ伏せるアムロちゃんのスゴさはやはり本物で、2012年を代表する大ヒット作に。*北野

 

宏実 『HONESTY』 Sugabee/KSR

カラフル&ポップなサウンド面の意匠で楽しませてくれた前作を経て、ここでは自身にとって最大の武器/個性であるヴォーカルとストイックに対峙。シンプルなビート上で圧倒的な歌を響かせ、丁寧に言葉を紡ぎ、着うたの土壌で培われたR&Bタッチのバラードを最良の形でモノにした。*澤田

 

capsule 『STEREO WORXXX』 contemode /YAMAHA

ほぼインストのトラックや得意のエレクトロ・ハウス、そしてポップスの範疇で大胆な実験を試みた楽曲もあり。本作は中田ヤスタカが自由奔放に筆を動かすカンヴァスとしての意味合いが強まっており、2012年も大活躍だった彼のネクストが窺える一枚だろう。*澤田

 

DJ KAWASAKI 『BLACK & GOLD』 EMI Music Japan

デトロイト・テクノに焦点を当てた前作に引き続き、このダンス・クラシックのカヴァー集でも黒いグルーヴを追及。2012年も量産されたディスコ/ブギーのリエディット群と共振しつつ、それらとは一線を画す端正なサウンドを構築。独自の方向性を導き出した。*澤田

 

eli walks 『pararell』 MOTION±

ワープ直系のIDMとLAビート・シーンを一跨ぎにしてしまうスケール感を持った大器が日本から登場したのは嬉しい限り。〈Sonar Sound Tokyo〉やブレインフィーダーの日本公演への参加を経ての初作は、スリリングなビートと幻惑的なメロディーが野放図に絡み合う美しき一枚だった。*北野

 

80KIDZ 『TURBO TOWN』 Kidz.rec/KSR

バンド形態でのパフォーマンスに定評のある彼らが、作品でもギターをがっつりフィーチャーした結果、ロックのようなエレクトロのような、まさにイマっぽい折衷感を体現。ほぼ生演奏によるスタジオ・ライヴ動画を限定公開するなど、新たなモードに入っていることを示していた。*北野

 

Idiot Pop 『EXWORLD』 Idiot Pop

フレネシや禁断の多数決らオモシロどころと繋がりつつ、本作ではPandaBoYやチルウェイヴ界隈で注目を集めるヒューゴ・マニュエルとコラボったりと、相当おいしいポジションにいた彼。流行りのEDMもキラキラと消化する器用さで、テン年代らしいポップ・マエストロ像を提示した。*北野

 

NUMB 『Helix Of Light』 Revitrh

Revirthの復活に歓喜した人にとって、その主宰者である彼が6年ぶりの新作をリリースしたことはそれ以上の事件だったはず。〈ビートの求道者〉とでも呼びたくなるストイックかつコアなスタイルはさらに深化して、一音一音が耳にも心にもズシリと響く、待った甲斐ありまくりの傑作に。*北野

 

Ryoma Takemasa 『Catalyst』 UNKNOWN SEASON

テクノ/ハウス界に彗星の如く現れた日本人クリエイター……と目されつつ、その実はUSで10年のキャリアを積み上げてきた男の初作。セオ・パリッシュ使いに顕著な、規格外のブラックなグルーヴは、今後も世界中のフロアにじわじわと伝播していくことだろう。*澤田

 

Shako-Pani 『Tia Carat』 MERRYWORKS

ここ数年で一気に数を増やし、いまや現場よりも〈現場〉感に溢れているネット・レーベル界隈。新しくて個性的な才能を次々と輩出し、ゲーム音楽とエレクトロニカとアニソンとブレイクコアを合わせて自家醸造したような独自性を持つ彼の作品も、こうして陽の目を見ることに。*北野

 

DAISHI DANCE 『WONDER Tourism』 ユニバーサル

EDMがジャンルの枠組みを超えて多方面に波及した2012年、日本きってのハウス・マイスターもこの要素を自己流に昇華。従来のメロディアスなスタイルにマッシヴなビート&トランシーなサウンドを配合し、美しくも強靭なアルバムを作り上げた。*澤田

 

インタビュー