こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN POP/ROCK――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/北野 創、久保田泰平、澤田大輔、土田真弓、出嶌孝次

 

livetune feat.初音ミク 『Tell Your World EP』 トイズファクトリー

端的に言えば、後述のコラム内のトピックを一人でこなしたボカロP。CMに起用された本作の表題曲でお茶の間への認知を広め、続くシングルではリアル・シンガーを招聘。さらに中川翔子やYun*chiらへの楽曲提供など、各方面で凄まじい売れっ子ぶりだった。*土田

 

MEG 『WEAR I AM』 スターチャイルド

ようやく日本の音楽シーンに戻ってきた彼女は、アニソン中心のカヴァー集に続くこのオリジナル作でも、その媚薬的な歌声に魅了された多彩なアーティストとのコラボに挑戦。ヒャダインや古川本舗ら旬の面々はもちろん、デビュー時以来となる岡村靖幸の起用も逆にイマっぽい? *北野

 

RAM RIDER 『AUDIO GALAXY-RAM RIDER vs STARS!!!-』 クラウン

ダンス・ミュージックと日本語ポップスとの融合をPerfume以前より追求してきたプロデューサーが、ソロで6年半ぶりに復活。南波志帆らをヴォーカルに迎え、その早すぎたスタイルを2012年型にアップデートして再スタートを切った。*澤田

 

ヒャダイン 『20112012』 ランティス

膨大な数の楽曲提供とプロデュース活動に加え、タレントとしても引く手数多で雑誌「GQ JAPAN」も2012年を代表する男として認めた前山田健一。アーティストとしても当然あげぽよ状態で、初フル作もVERBALからももクロまで迎えたお祭り盤に。理屈抜きで楽しませてくれた。*北野

 

Negicco 『Negicco 2003〜2012 -BEST-』 T-Palette

4EVERなPOP SONGの未来はこの3人に託すぜ! ブームとは関係なく好曲を重ねてきた10年に及ぶ奮闘を集大成したベストであり、初めてその魅力を広く世に知らしめた名刺代わりのファーストでもある。新年は圧倒的なオリジナル・アルバムも楽しみにしたい。*出嶌

 

LinQ 『Love in Qushu 〜LinQ第一楽章〜』 T-Palette

ローカルが云々……というステレオタイプを打破すべく、負け知らずの快進撃でデビューから1年をがむしゃらに駆け抜けた彼女たち。この界隈ではあまりないオトナな煌めきが詰め込まれたメモリアルな本作は、偏ったアイドル観の持ち主もKOできる逸曲揃いですよ。*出嶌

 

バンドじゃないもん! 『バンドじゃないもん!』 unBORDE

〈ツインドラムあいどる〉の字面だけですでに勝ったも同然な気がするけど、神聖かまってちゃんのみさこと相棒のかっちゃんが織り成すかっ飛びポップスの数々は、アイドルへの挑戦とも批評とも受け取れて単純におもしろかった。今後がもっとも気になる存在! *北野

 

バニラビーンズ 『バニラビーンズIII』 T-Palette

戦わないアイドル——とは言いながら、全編を和やかなバンド・サウンドで聴かせた本作は完全に攻めてるモード。至極音楽的なファイティング・スタイルで世界観を刷新していく彼女たちの健闘ぶりは、多勢に無勢とも思われるアイドル・シーンでも輝いてましたよ! *久保田

 

℃-ute 『(2)℃-ute 神聖なるベストアルバム』 zetima

ハロー生活10年という節目の年に、パフォーマンスを通じて別格ぶりを見せつけた実力者たち。この変則的なベスト盤はそんなライヴの熱さを反映して、初期曲のリテイク/リアレンジをメインにしたもの。いまから全盛期へ突入していく姿がありありと想像できる頼もしさよ! *出嶌

 

タルトタタン 『テトラッド』 EMISSION

元・相対性理論の西浦謙助と真部脩一から成るアゼル&バイジャンのプロデュースで登場したデュオ。ニューウェイヴ+渋谷系なサウンド&脱力女子ヴォーカルと何気に2012年らしさが揃った初作は、加えてバックが進行方向別通行区分と、あらゆる面での質の高さが驚愕だった。*土田

 

一十三十一 『CITY DIVE』 Billboard

クニモンド瀧口(流線形)、DORIAN、Kashif a.k.a. STRINGSBURNらと共に彼女がトライしたのは、80sの煌めきをいまのセンスで甦らせるということ。その試みはイメージ先行の言葉とダンス音楽経由の音色/グルーヴ感と相まって、最高の〈2012年版シティー・ポップ〉へと結実した。*土田

 

小泉今日子 『Koizumi Chansonnier』 ビクター

言わばミュージアム行き……といったような状況の同世代アイドルも多いなか、現役を張り続けるKYON2が出した30年目の答え。シャンソンという意外性と、〈こういうのあり!〉と思わせる時代の読みは相変わらず。そういう彼女には、やっぱりイイ音楽家がついてくる。*久保田

 

山根万理奈 『空な色』 ワーナー

YouTubeやニコ動を媒介とした弾き語り動画/ボカロ曲のカヴァー集で話題を呼び、2012年のリリース作品で初めて顔を公開……と、何ともイマっぽい登場の仕方をした彼女。多くのリスナーを捕らえてきた唯一の武器=素直な声の魅力が、この初フル作には瑞々しくパッケージされている。*土田

 

インタビュー